人生にゲームをプラスするメディア

【週刊マリオグッズコレクション】第22回 海外のマリオ食玩

ゲームビジネス その他
【週刊マリオグッズコレクション】第22回 海外のマリオ食玩
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第22回 海外のマリオ食玩
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第22回 海外のマリオ食玩
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第22回 海外のマリオ食玩
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第22回 海外のマリオ食玩
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第22回 海外のマリオ食玩
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第22回 海外のマリオ食玩
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第22回 海外のマリオ食玩
  • 【週刊マリオグッズコレクション】第22回 海外のマリオ食玩


連載第22回目ですね。今回は、いつもの新作マリオグッズ紹介をお休みして、海外で発売されているマリオ食玩の紹介です。

度々紹介しているマリオの食玩(オマケ付きのお菓子)ですが、海外では一体どういうマリオのお菓子が出ているのでしょうか?今回は、そんな海外のマリオ食玩のほんの一部を紹介します。

全部で3種類可愛いサイズです


・Nintendo Mushroom Sours
キノコの形をしたケースの中に入った、サワーキャンディー。全部で3種類あり、味もそれぞれ異なっています。1UPキノコ(アップル)、スーパーキノコ(チェリー)、マメキノコ(ブルーラズベリー)と、さすがにキノコ味とはいきませんが、色に合った味となっています。ケースの大きさは約6cm。

ちょっと大きめの箱に入っています4種のグミが10個入り


・Nintendo 3D Gummy Candies
マリオなどのキャラクターの形をしたグミ。グミはマリオ、ヨッシー、ドンキーコング、ディディーコングの4種類があり、それぞれ味が異なります。海外ではマリオ、ヨッシー、ドンキーが人気らしく、食玩問わずこの3人がグッズ化されることが多いです。

GCソフトではありませんディスク収納ケースとして使えます


・Nintendo Game Disk Container
ゲームキューブソフトそっくりのパッケージに入ったシール付きガム。パッケージを開くと、パッケージと同じゲームのシール2枚(1枚の台紙に2枚付いている)と、匂いが強烈な蛍光色のガムが3枚入っています。このガムはGCディスクと同じ大きさでできていて、キャラクター(マリオ&ルイージ、クッパ、ドンキーコング)がプリントされています。ちなみに、このケースはGCディスクを収納することができます。

カートの下からキャンディーが出てきますマリオカート


・Nintendo Klik Mario Kart DS
キャンディーディスペンサー「KLIK」の『マリオカートDS』バージョン。付属のラムネを本体に入れてレバーを弾くと、ラムネが飛び出ます。「KLIK」は過去にもマリオで出ており、他にも様々なキャラクターの種類が出されています。

マリオとファイアマリオ首と腕が動きます


・Mario Candy Container
首と腕が可動式のマリオのアクションフィギュア付きラムネ。カラフルなラムネがたくさん入ったタル型ケースの上に、マリオのアクションフィギュアが付いています。全体で17cm、マリオの部分だけも9cmと、ちょっと大きめ。ちなみに、マリオとタルはくっついており、取ることはできません。

こうやって見ると、海外の食玩はパッケージの中にオマケが入っているというよりは、パッケージそのモノがオマケになっているタイプが多いみたいですね。海外のマリオ食玩も目が離せません。
それでは、また来週。

■著者紹介

kikai
『スーパーマリオブラザーズ』と一緒に生まれたマリオゲーマーであり、マリオグッズコレクター。マリオのことなら何でもお任せの「マリオ博士」。フリーライターとして活動中。インサイド以外にも雑誌「ニンテンドードリーム」などでも執筆。
ウェブサイト: ALL SUPER MARIO

(C) Nintendo Licensed by Nintendo
《kikai》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『Fallout 76』『ヒットマン2』『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ/イーブイ』他

    今週発売の新作ゲーム『Fallout 76』『ヒットマン2』『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ/イーブイ』他

  2. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  3. 【CEDEC 2010】バンダイナムコ&サイバーコネクトツー、『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム』開発秘話

    【CEDEC 2010】バンダイナムコ&サイバーコネクトツー、『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム』開発秘話

  4. ポケモンセンターが横浜に来春オープン決定!

  5. 【レポート】コーエーテクモウェーブ、PSVRを使うVR筐体を発表!振動・匂い・触覚・ミスト・温冷で感覚を刺激

  6. 『マインクラフト』生みの親、VRとボクセルアートを組み合わせた「Unmandelboxing」を発表

  7. 今週発売の新作ゲーム『ディシディア ファイナルファンタジー NT』『しあわせ荘の管理人さん。』他

  8. 【LEVEL5 VISION 2008】大ヒットシリーズの確立『レイトン教授』シリーズ(1)

  9. ディライトワークス、「FGOスタジオ」を含む6つの制作部門を新設─塩川氏は第1制作部を指揮

  10. 「Project i Can」コヤ所長&タミヤ室長が語る「アニメIPのVRコンテンツ創りに大切なこと」

アクセスランキングをもっと見る