人生にゲームをプラスするメディア

任天堂vs.ソニーvs.MS、いよいよ最終局面?年末商戦は混戦模様〜価格.comリサーチ

カカクコムは2008年11月 6日(木)に、購買支援サイト「価格.com」で実施したユーザー調査『最新ゲーム機対決!−ゲームで遊ぶ頻度はどのくらい?−』の結果を一部公開しました。

ゲームビジネス その他
カカクコムは2008年11月 6日(木)に、購買支援サイト「価格.com」で実施したユーザー調査『最新ゲーム機対決!−ゲームで遊ぶ頻度はどのくらい?−』の結果を一部公開しました。

「Wii」の一人勝ちに対し、ゲームタイトルの充実や値下げによって巻き返しを計る「プレイステーション3」「Xbox 360」というのが現在の図式ですが、具体的なゲーム機の所有状況やプレイ頻度、ソフトの購入頻度などを調査したものとなっています。ちなみに調査期間は2008年10月20日〜2008年10月27日で、回答者数は6,216人(男女比率:男88.8%:女11.2%)でした。

ゲーム機の種類別の所有率では、携帯ゲーム機の「ニンテンドーDS」がダントツのトップで、60%以上という結果でした。次点に「PSP」と「Wii」がほぼ同率で並びますが、これらの所有率は40%にも満たず、首位と次点との間には相当な開きがありました。

しかし、ここ1年間に購入したゲーム機の割合で見ると、昨年まで好調な売れ行きを見せていたニンテンドーDS、そしてWiiの任天堂製ゲーム機にも陰りが見えていることがわかりました。とくにWiiは、大ヒットとなった『Wii Fit』に続くキラータイトルの少なさもあり、伸びが鈍化している様子が見て取れたとのことです。

一方、この1年で見ると、ソニー「PSP」「PS3」、そしてマイクロソフト「Xbox 360」が2ポイント以上の伸びを示しています。特に、PSPは『モンスターハンターポータブル 2ndG』の大ヒット、PS3とXbox360は本体の値下げがきっかけに躍進中。とくに今年の年末商戦は、混戦模様となりそうです。

実際、この半年間でもっともプレイしているゲーム機を聞いたところ、やはりシェアの高い「ニンテンドーDS」がダントツのトップとなりましたが、次点のゲーム機は、ソニーのPSP、PS3にWiiが追い抜かれる結果となっています。また購入本数においてもXbox 360におけるゲーム購入率の高さが群を抜いており、ほかのゲーム機では「1〜5本」と答えているユーザーがもっとも多く全体の7割前後を占めているのに、Xbox 360だけは「6〜10本」と答えたユーザーが31.3%もいました。

また今後欲しいゲーム機を聞いたところ、昨年の調査では、PS3とWiiが人気を二分していましたが、今年は「PS3」が34.1%でトップとなり、「Wii」の26.7%にかなりの差を付けました。またPSPは、昨年よりも大きくポイントをあげ、昨年の6.6%から19.2%にまで購入希望を伸ばしたとのことです。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニンドリ博レポート

    ニンドリ博レポート

  2. 「CRIWARE」が分かりやすい、学びやすい!CRI・ミドルウェアがゲーム開発に特化した新サイトを立ち上げ─マニュアルやチュートリアルも公開に

    「CRIWARE」が分かりやすい、学びやすい!CRI・ミドルウェアがゲーム開発に特化した新サイトを立ち上げ─マニュアルやチュートリアルも公開に

  3. Newsweekの「世界が尊敬する日本人100」にポケモンの田尻氏が

    Newsweekの「世界が尊敬する日本人100」にポケモンの田尻氏が

  4. 800万DLを達成した『コトダマン』におけるモノビットエンジン採用実例と最新情報【CEDEC 2018】

  5. 『ボコスカウォーズII』発売記念の生放送イベントが開催決定―抽選でユーザーご招待!

  6. ユーリの騎士団時代を描く『テイルズ オブ ヴェスペリア』劇場用アニメ

  7. 【DEVELOPER'S TALK】"プラチナ"クラスの作品が完成~渾身のクライマックスアクション『ベヨネッタ』を手掛けたプラチナゲームズを直撃

  8. 川島隆太教授、『脳トレ』のロイヤリティは受け取らず

  9. 元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

  10. 今週発売の新作ゲーム『マリオパーティ100 ミニゲームコレクション』『カイジ ~絶望の鉄骨渡り~ for Nintendo Switch』他

アクセスランキングをもっと見る