人生にゲームをプラスするメディア

ロード時間を大幅に削減、CRI・ミドルウェア「ファイルマジックPRO」を開発者向けに提供

ゲームビジネス その他

ロード時間を大幅に削減、CRI・ミドルウェア「ファイルマジックPRO」を開発者向けに提供
  • ロード時間を大幅に削減、CRI・ミドルウェア「ファイルマジックPRO」を開発者向けに提供
  • ロード時間を大幅に削減、CRI・ミドルウェア「ファイルマジックPRO」を開発者向けに提供
  • ロード時間を大幅に削減、CRI・ミドルウェア「ファイルマジックPRO」を開発者向けに提供
ゲーム開発向けミドルウェアメーカーのCRI・ミドルウェアは、「Now Loading」表示などでプレイヤーを待たせない、ロード時間の短いゲーム制作をサポートする新たなミドルウェア「ファイルマジックPRO」を発表、2008年10月よりSDKの提供を開始することを明らかにしました。

ロード時間とはゲーム起動時やステージの変わり目などに、DVDやブルーレイなどのメディアからゲーム機本体が読み込みを行う時間のことを指し、一般的にはアニメーションを表示したり、操作説明を表示することで、ロード時間を感じさせない工夫がされていますが、ユーザビリティの高いゲームを製作するためには、根本的なロード時間の短縮が必須で、ゲームクリエイターの実に89%が悩みを抱えています(※)。

※CRI・ミドルウェア調べ(5月13日実施「CRIセンサス」より)

今回発表になった「ファイルマジックPRO」では、圧縮&展開、ファイル配置の最適化によってロード時間を半分以下に削減します。

圧縮&展開ではCRIの独自技術「マジック・ディコンプ」により、ワークメモリを一切使用せず、CPUの空き時間にバックグラウンドで読み込み処理と展開処理を並列に行うことで、展開時間をほぼゼロにすることができます。



また、同じ場面で使用するファイルをまとめて一気にロードする「グループロード機能」や、メディアの空き容量を最大限に使用し、特定のシーンで使われるファイルが別のシーンでも使用される場合に、そのファイルを自動的にデュプリケート(複製)し、それぞれのシーンの近くに自動配置する「デュプリケート機能」が搭載されます。このような努力は手作業で行うこともできますが、膨大な労力が必要です。「ファイルマジックPRO」では、ゲームのプレイログを解析することで頻繁に使用されるファイルや傾向を分析し、自動的にデュプリケートを行ってくれます。


また、圧縮によってファイルサイズが削減されるため、ロムの容量を減らしたり、更に多くのコンテンツを収録することも可能になります。ゲームメディアの大容量化が進んでいるとはいえ、ゲームクリエイターの58%はゲームメディアの容量不足に悩んでおり、うち25%はゲームのクオリティやボリュームを我慢することで解決しているといいます(※)。その解決として最適なソリューションと言えそうです。

「ファイルマジックPRO」は10月より提供され、全機能が利用可能な「ファイルマジックPRO」と、機能を絞った「ファイルマジックStandard」の2種類が用意されるとのこと。

機種共通の特長
1.圧縮&パッキング
2.ファイルロード時間を短縮
3.全プラットフォーム対応
4.ファイル配置の最適化【PRO】
5.展開時のワークメモリ不要
6.グループロード機能【PRO】
7.デュプリケート機能【PRO】
8.追記対応【PRO】
9.機種ごとの規定に準拠
10.セキュリティ&暗号化
11.使いやすい専用ツール
12.ユニファイドローダー
13.圧縮を意識させないロードAPI
14.IDによるファイルアクセス
15.プライオリティ設定
16.ノンブロッキングのファイルシステム
17.ファイルアクセスレイヤを換装可能
18.プロトタイプ制作をサポート
19.Now Loading進捗表示

機種別の特長
・PSP/インストール機能【PRO】
・Wii/Wiiウェア対応
・PLAYSTATION3/標準フォーマット対応
・ニンテンドーDS/低容量化&『救声主』との連携

対応プラットフォーム
Wii(R)      PlayStation(R)2 (予定)
Wiiウェア     PSP(R)
PLAYSTATION(R)3  ニンテンドーDS(R)
Xbox360(TM)    PC
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

    日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  2. CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

    CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

  3. 【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

    【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

  4. 閉店になった洋ゲー専門店「ゲームハリウッド」、海外ゲームソフトは「未来百貨」で販売継続

  5. 米ゲーム業界誌Gamasutra、「2012年のゲーム業界人50選」を発表 日本からも複数人が選ばれる

  6. 任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】

  7. 『コトダマン』の追加キャラクターは月間40体!煩雑な発注管理をスムーズに行う秘訣とは?ーセガゲームスに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例

  8. ゲーム会社が本気でスマホソーシャルゲームに挑む、サイバーコネクトツー『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』・・・第1回「3Dモバイルゲーム新時代」

  9. 【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

  10. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

アクセスランキングをもっと見る