人生にゲームをプラスするメディア

ロード時間を大幅に削減、CRI・ミドルウェア「ファイルマジックPRO」を開発者向けに提供

ゲームビジネス その他

ロード時間を大幅に削減、CRI・ミドルウェア「ファイルマジックPRO」を開発者向けに提供
  • ロード時間を大幅に削減、CRI・ミドルウェア「ファイルマジックPRO」を開発者向けに提供
  • ロード時間を大幅に削減、CRI・ミドルウェア「ファイルマジックPRO」を開発者向けに提供
  • ロード時間を大幅に削減、CRI・ミドルウェア「ファイルマジックPRO」を開発者向けに提供
ゲーム開発向けミドルウェアメーカーのCRI・ミドルウェアは、「Now Loading」表示などでプレイヤーを待たせない、ロード時間の短いゲーム制作をサポートする新たなミドルウェア「ファイルマジックPRO」を発表、2008年10月よりSDKの提供を開始することを明らかにしました。

ロード時間とはゲーム起動時やステージの変わり目などに、DVDやブルーレイなどのメディアからゲーム機本体が読み込みを行う時間のことを指し、一般的にはアニメーションを表示したり、操作説明を表示することで、ロード時間を感じさせない工夫がされていますが、ユーザビリティの高いゲームを製作するためには、根本的なロード時間の短縮が必須で、ゲームクリエイターの実に89%が悩みを抱えています(※)。

※CRI・ミドルウェア調べ(5月13日実施「CRIセンサス」より)

今回発表になった「ファイルマジックPRO」では、圧縮&展開、ファイル配置の最適化によってロード時間を半分以下に削減します。

圧縮&展開ではCRIの独自技術「マジック・ディコンプ」により、ワークメモリを一切使用せず、CPUの空き時間にバックグラウンドで読み込み処理と展開処理を並列に行うことで、展開時間をほぼゼロにすることができます。



また、同じ場面で使用するファイルをまとめて一気にロードする「グループロード機能」や、メディアの空き容量を最大限に使用し、特定のシーンで使われるファイルが別のシーンでも使用される場合に、そのファイルを自動的にデュプリケート(複製)し、それぞれのシーンの近くに自動配置する「デュプリケート機能」が搭載されます。このような努力は手作業で行うこともできますが、膨大な労力が必要です。「ファイルマジックPRO」では、ゲームのプレイログを解析することで頻繁に使用されるファイルや傾向を分析し、自動的にデュプリケートを行ってくれます。


また、圧縮によってファイルサイズが削減されるため、ロムの容量を減らしたり、更に多くのコンテンツを収録することも可能になります。ゲームメディアの大容量化が進んでいるとはいえ、ゲームクリエイターの58%はゲームメディアの容量不足に悩んでおり、うち25%はゲームのクオリティやボリュームを我慢することで解決しているといいます(※)。その解決として最適なソリューションと言えそうです。

「ファイルマジックPRO」は10月より提供され、全機能が利用可能な「ファイルマジックPRO」と、機能を絞った「ファイルマジックStandard」の2種類が用意されるとのこと。

機種共通の特長
1.圧縮&パッキング
2.ファイルロード時間を短縮
3.全プラットフォーム対応
4.ファイル配置の最適化【PRO】
5.展開時のワークメモリ不要
6.グループロード機能【PRO】
7.デュプリケート機能【PRO】
8.追記対応【PRO】
9.機種ごとの規定に準拠
10.セキュリティ&暗号化
11.使いやすい専用ツール
12.ユニファイドローダー
13.圧縮を意識させないロードAPI
14.IDによるファイルアクセス
15.プライオリティ設定
16.ノンブロッキングのファイルシステム
17.ファイルアクセスレイヤを換装可能
18.プロトタイプ制作をサポート
19.Now Loading進捗表示

機種別の特長
・PSP/インストール機能【PRO】
・Wii/Wiiウェア対応
・PLAYSTATION3/標準フォーマット対応
・ニンテンドーDS/低容量化&『救声主』との連携

対応プラットフォーム
Wii(R)      PlayStation(R)2 (予定)
Wiiウェア     PSP(R)
PLAYSTATION(R)3  ニンテンドーDS(R)
Xbox360(TM)    PC
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

    「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

  2. 【TGS2017】国内外の注目作が集う「スクウェア・エニックス」ブースレポート

    【TGS2017】国内外の注目作が集う「スクウェア・エニックス」ブースレポート

  3. 【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

    【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

  4. 【TGS2017】『Fallout 4 VR』プレイレポ!荒廃したVR世界で出会ったのはプレストンでした

  5. 「TGS2017」バンナムブースでは『CODE VEIN』『SAO』『ドラゴンボール ファイターズ』など60タイトルが出展!

  6. PSVRソフト『DARK ECLIPSE』が「TGS2017」ソニーブースにて映像出展決定!

  7. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  8. 『機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.』発表!「VR ZONE SHINJUKU」にて2017年冬に期間限定で設置

  9. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  10. Steam購入500円引!ペイパルが数量限定クーポンキャンペーン開催

アクセスランキングをもっと見る