人生にゲームをプラスするメディア

スタンフォード大のヘンリー・ローウッド教授が語る“文化遺産としてのゲーム”

ヘンリー・ローウッド教授

ゲームビジネス その他
スタンフォード大のヘンリー・ローウッド教授が語る“文化遺産としてのゲーム”
  • スタンフォード大のヘンリー・ローウッド教授が語る“文化遺産としてのゲーム”
  • スタンフォード大のヘンリー・ローウッド教授が語る“文化遺産としてのゲーム”
  • スタンフォード大のヘンリー・ローウッド教授が語る“文化遺産としてのゲーム”
  • スタンフォード大のヘンリー・ローウッド教授が語る“文化遺産としてのゲーム”
ヘンリー・ローウッド教授
※クリックで拡大画面を表示


連載:今どきゲーム事情■中村彰憲:洋ゲー最前線:海外取材敢行スペシャル 〜スタンフォード大のヘンリー・ローウッド教授が語る“文化遺産としてのゲーム”とは〜

今回のいまどきゲーム事情のテーマは「ゲームアーカイブ」。現在熾烈な競争を続けているWii、プレイステーション3、そしてXbox360。リモコンや高機能CPU、HD画質などそれぞれ強みに違いはありますが、共通している点は「オンラインでさまざまな過去の名作をプレイできる」という機能を持っていることでしょう。『スーパーマリオブラザーズ』や『R-TYPE』といったタイトル名を目の当たりにして、思わず購入ボタンを押してしまった方も多いんではないでしょうか?

このように、最新作から懐かしの名作へとゲームビジネスが幅を広げる中、「これらの作品を映画のように保存していこう」と積極的に動いているのがスタンフォード大学です。あのシリコンバレーに優れた人材を輩出してきた米国屈指の名門校ですね。なぜに、スタンフォード? と思う読者もいるかもしれませんが、なんとスタンフォードには、米国随一のゲーム図書館があるのです。2007年7月現在で2万5千タイトルものゲームが保存されているこの図書館には、日本では入手できない、数多くのゲームがあります。事実、今年のGame Developers Conference(GDC07)で発表された“ゲーム産業にもっとも影響を与えた10本のゲーム”は、日本ではお目にかかるのがとても難しいものばかり。そんなタイトルすらこの図書館には収められています。

そこで早速、この図書館のキュレーター(学芸員)である、ヘンリー・ローウッド教授にインタビューを行いました。



■米国議会図書館も本格的に考え始めたゲームタイトルのアーカイブ化


《中村彰憲》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. 「VR ZONE SHINJUKU」VR(ぶっとんだリアル)が体験できる大感謝キャンペーンを開催!施設は2019年3月末で営業期間満了

    「VR ZONE SHINJUKU」VR(ぶっとんだリアル)が体験できる大感謝キャンペーンを開催!施設は2019年3月末で営業期間満了

  3. 今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

    今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

  4. ゲームエフェクトの職人が語る「エフェクトの意味」とは?

  5. マイクロソフトはセガ買収を検討していた ― 元幹部が明かす

  6. チップチューンでバトルする女子高生DJを描くノベルゲーム『西武ロードリスト蘭のチップチューン地獄』とは

  7. 【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

  8. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  9. スクエニ、平成29年3月期は『FF15』など好調―売上高/利益も過去最高に

  10. 「京まふ2017」出張編集部スケジュール公開!ゲームキャラデザイナーの採用やアニメ制作業志望者への進路指導ブースも

アクセスランキングをもっと見る