人生にゲームをプラスするメディア

スタンフォード大のヘンリー・ローウッド教授が語る“文化遺産としてのゲーム”

ゲームビジネス その他

スタンフォード大のヘンリー・ローウッド教授が語る“文化遺産としてのゲーム”
  • スタンフォード大のヘンリー・ローウッド教授が語る“文化遺産としてのゲーム”
  • スタンフォード大のヘンリー・ローウッド教授が語る“文化遺産としてのゲーム”
  • スタンフォード大のヘンリー・ローウッド教授が語る“文化遺産としてのゲーム”
  • スタンフォード大のヘンリー・ローウッド教授が語る“文化遺産としてのゲーム”
ヘンリー・ローウッド教授
※クリックで拡大画面を表示


連載:今どきゲーム事情■中村彰憲:洋ゲー最前線:海外取材敢行スペシャル 〜スタンフォード大のヘンリー・ローウッド教授が語る“文化遺産としてのゲーム”とは〜

今回のいまどきゲーム事情のテーマは「ゲームアーカイブ」。現在熾烈な競争を続けているWii、プレイステーション3、そしてXbox360。リモコンや高機能CPU、HD画質などそれぞれ強みに違いはありますが、共通している点は「オンラインでさまざまな過去の名作をプレイできる」という機能を持っていることでしょう。『スーパーマリオブラザーズ』や『R-TYPE』といったタイトル名を目の当たりにして、思わず購入ボタンを押してしまった方も多いんではないでしょうか?

このように、最新作から懐かしの名作へとゲームビジネスが幅を広げる中、「これらの作品を映画のように保存していこう」と積極的に動いているのがスタンフォード大学です。あのシリコンバレーに優れた人材を輩出してきた米国屈指の名門校ですね。なぜに、スタンフォード? と思う読者もいるかもしれませんが、なんとスタンフォードには、米国随一のゲーム図書館があるのです。2007年7月現在で2万5千タイトルものゲームが保存されているこの図書館には、日本では入手できない、数多くのゲームがあります。事実、今年のGame Developers Conference(GDC07)で発表された“ゲーム産業にもっとも影響を与えた10本のゲーム”は、日本ではお目にかかるのがとても難しいものばかり。そんなタイトルすらこの図書館には収められています。

そこで早速、この図書館のキュレーター(学芸員)である、ヘンリー・ローウッド教授にインタビューを行いました。



■米国議会図書館も本格的に考え始めたゲームタイトルのアーカイブ化


《中村彰憲》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】VR鉄道SLG『トレインマイスター』をマスコンレバーでプレイ…E235系が走るJR山手線沿線を再現

    【レポート】VR鉄道SLG『トレインマイスター』をマスコンレバーでプレイ…E235系が走るJR山手線沿線を再現

  2. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

    【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  3. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

    株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  4. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  5. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  6. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

  7. 今週発売の新作ゲーム『マーベルVS. カプコン:インフィニット』『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』『Project CARS 2』他

  8. 【CEDEC 2009】日本と海外の違いとは?~「国際マーケットを視野に入れた開発とは?」

  9. 【CEDEC2017】『NieR:Automata』の世界を彩る効果音はどのように実装されたのか?デザインコンセプトとその仕組みについて

  10. 小野義徳氏がカプコンバンクーバーでのディレクター業を退く ― 「次回作については慎重に考えたい」

アクセスランキングをもっと見る