人生にゲームをプラスするメディア

【TGS2007】大阪電通大はリモコンも使ったバーチャリアリティシステムなどを展示

ゲームビジネス その他

【TGS2007】大阪電通大はリモコンも使ったバーチャリアリティシステムなどを展示
  • 【TGS2007】大阪電通大はリモコンも使ったバーチャリアリティシステムなどを展示
  • 【TGS2007】大阪電通大はリモコンも使ったバーチャリアリティシステムなどを展示
  • 【TGS2007】大阪電通大はリモコンも使ったバーチャリアリティシステムなどを展示
  • 【TGS2007】大阪電通大はリモコンも使ったバーチャリアリティシステムなどを展示
東京ゲームショウにはゲームスクールコーナーとして様々なゲーム専門学校が出展していますが、今年はデジタルゲーム学科に力を入れる4年制の大阪電気通信大学もブースを出展していました。中ではWiiリモコンも使ったバーチャリアリティシステムなど興味深い物が展示されていました。

大阪電通大には総合情報学部にデジタルゲーム学科が存在し、ゲームシステム・ゲームクリエーション・ゲームプロデュースを基礎から体系的に学ぶ事が出来ます。また、ゲームの授業への活用も進められていて、英語の授業でニンテンドーDSのソフトを利用したことはメディアで大きく取り上げられました。

今回ブースで紹介されていたバーチャリアリティシステムは、位置を測定するためのセンサーを取り付けたグローブを装着し、ヘッドマウントディスプレイを組み合わせる事で、自分が動くことで仮想空間を移動したり、Wiiリモコンを組み込んだガン(トリガーを使っているだけのようでしたが・・・)でゲームをプレイすることを可能としたシステムです。



現段階では十数個のセンサーを設置する必要があること、ディスプレイに表示する映像を計算す為にパワーが必要かつ、リアルタイム性を維持するために、ワイヤレスではなく有線が必要になり、移動可能な範囲も制限されることなどから、規模の大きいアミューズメント施設などに利用が限られるということでしたが、未来の可能性を感じさせるものでした(「Nintendo On」みたいな感じですね)。

同校ではXbox360のXNAを使ったゲーム制作も行われているそうで、それによって作られたタイトルも展示されていました。ちなみに同校では授業で使用するニンテンドーDSソフトを自主開発するという話もありましたが、現時点では公開できるものはない、ということでした。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

    日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  2. 任天堂、中国の製造委託先を調査開始・・・従業員の自殺者が多発

    任天堂、中国の製造委託先を調査開始・・・従業員の自殺者が多発

  3. 『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

    『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

  4. 今週発売の新作ゲーム『CLOSED NIGHTMARE』『GROOVE COASTER』『太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!』他

  5. 『コトダマン』の追加キャラクターは月間40体!煩雑な発注管理をスムーズに行う秘訣とは?ーセガゲームスに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例

  6. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  7. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  8. 「狼と香辛料」作者が送るVRアニメ『Project LUX』Steam配信へ【UPDATE】

  9. 【読者の声】2017年9月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. gumi、新生銀行と投資ファンド「gumi ventures L.P.」設立

アクセスランキングをもっと見る