人生にゲームをプラスするメディア

元テイクツー最高経営責任者に執行猶予判決

米ブルームバーグニュースの報道によれば、ストックオプションの付与日の改変で不当な利益を与えたとして起訴されていた、テイクツー・インタラクティブの元最高経営責任者(CEO)のRyan Brant氏への判決が下りました。

ゲームビジネス その他
米ブルームバーグニュースの報道によれば、ストックオプションの付与日の改変で不当な利益を与えたとして起訴されていた、テイクツー・インタラクティブの元最高経営責任者(CEO)のRyan Brant氏への判決が下りました。

米国では複数の企業でストックオプションの付与日を株価の低い日に改変し、不当な利益を得ていたのではないかという疑惑が浮上していますが、判決が下りたのはテイクツーが初めての事例となります。

今回の問題はバックデート(Backdate)操作と呼ばれるもので、同様の疑惑はアップルコンピューターやセキュリティ企業のマカフィー、オンラインメディアのCNETなどテクノロジー企業を中心に多数の企業で発生しており、判明しているだけで200社以上が同様の手法で不当な利益を発生させたということです。

Ryan Brant氏は司法取引に応じ、テイクツーがこれまでに行ってきたストックオプション操作についての捜索に全面協力することで、実刑を免れたということです。判決は懲役4年執行猶予5年となります。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

    「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  2. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

    『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  3. 2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

    2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

  4. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  5. 過去を振り返り、未来に思いをはせる熱いトークが展開─「ゲームグラフィックス20年の進化とこれから」聴講レポート【CEDEC 2018】

  6. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  7. 鎖に繋がれた美しき少女と共に世界に色と音を取り戻せ!VRステージクリア型謎解きゲーム『VoxEl』体験レポート

  8. 【インタビュー】『スペースチャンネル5』開発者が語る、VRで復活までの道のり&今だから言える裏話

  9. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  10. 世界のゲーム市場、2018年には約14兆円に・・・中国が今年にも米国を逆転

アクセスランキングをもっと見る