人生にゲームをプラスするメディア

交通ルール完全無視のハードボイルド・カーアクション、『ランナバウト』がニンテンドー3DSに登場

ゲームビジネス 開発

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
クライマックスが生んだドライビングアクションの名作「ランナバウト」シリーズの最新作がニンテンドー3DSで登場します。クライマックスが開発し、ロケットカンパニーが発売する『ランナバウト3D ドライブ:インポッシブル』をいち早く体験してきました。



「ランナバウト」=「Runabout うろつき[ほっつき]回る人; 忙しそうに走り回る人.」(研究社 新英和中辞典 より)というタイトルの通り、ハードボイルド・カーアクションと銘打たれた本シリーズは、交通ルール完全無視、何でもありの破茶滅茶アクションを公道で繰り広げるというゲーム。



『ランナバウト3D ドライブ:インポッシブル』では謎の組織からの依頼を受けた、ミッション方式でゲームが進行。各ミッションでは、アイテムの奪還やスパイの尾行などレースゲームとしては一風変わった使命が与えられます。

多彩なカーラインナップや豊富なカスタマイズも本作の特徴。セダンなどノーマルなクルマはもちろんのこと、2輪車ではアメリカンバイクなども登場。特殊なクルマではバスやブルドーザー、バス、F1カーなど。ミッションをクリアしてアンロックしていきましょう。それぞれのマシンは特徴的な能力を持ちますが、詳細なスペックはプレイヤー自身の手でカスタマイズも可能。ハンドルやブレーキの効き具合からカラーリング、ツヤまで、自分だけのマシンで街を駆け抜けます。

■困難なミッションに腕が鳴る、やりこみは無限大

さっそく冒頭の幾つかのミッションにチャレンジしてみます。

「EPISODE1 金時計を奪取せよ」のストーリーは"何者かが警察の護送車に扮装した車で金時計を国外へ持ちだそうと企てているらしい。大使館に逃げ込まれる前に奪取せよ!"。そんな怪しさ満点の黒服の男たちからの依頼、しかしお金のためならどんな危険も厭わないのです。

乗り込むクルマを選択したらスタート。一見、普通のレースゲームのようですが、コース中に目標物があるというのが異なる点です。今回は金時計を積んだクルマにアタック。ぶつけて金時計を奪い返し、ゴールまで到達するのが目的になります。ちなみにステージはどこかで見覚えのあるような街並みを再現。世界旅行気分も楽しめるかも? といっても、レース中には街並みを楽しむ余裕は無いんですけどね。

様々なミッションが与えられるマシンは様々な項目でカスタマイズが可能いよいよスタート


暴走、追突、何でもござれの本作。ターゲットとなる金時計を積んだクルマ以外にも、走るクルマ、路肩の建物や商品、看板、等々、あらゆるものを破壊可能。3D立体視で描かれる派手な衝突アクションはなかなか爽快感アリ。破壊していくと損害額がカウント。各ステージで最高損害額を競うのもやりこみ要素の一つ。ミッション選択時に確認できる破壊可能なオブジェクトリストはゲーマー魂をくすぐります。ただし、クルマにダメージが蓄積して走行不能になるとゲームオーバーになるのでご注意を。

各ミッションは5段階の難易度が用意されています。例えばEPISODE 1は「金時計を奪い返す」というのが基本的な内容になるのですが、難易度が上がるとそこに「5分以内で」「損害額1万ドル以内で」といった条件が加わります。全てのミッションがクリアできたとしても深く遊べるようになっています。

サウンドはシリーズお馴染みのザ・サーフコースターズが演奏する「Highway Star」(Deep Purple)、「Born to be Wild」(映画イージーライダー)、「MISERLOU」(映画Taxi)、「Axel F」(映画ビバリーヒルズコップ)などノリノリの曲で構成。24曲の名曲でノリノリのレーシングアクションをお楽しみを。

『ランナバウト3D ドライブ:インポッシブル』は2012年1月19日に6090円で発売予定となっています。

(C)Rocket Co.,Ltd. / Developed by CLIMAX Inc.
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  2. ドラコレスタジオ兼吉氏が語る 「メイド・イン・ジャパン」で世界を目指すコナミのソーシャルコンテンツ

    ドラコレスタジオ兼吉氏が語る 「メイド・イン・ジャパン」で世界を目指すコナミのソーシャルコンテンツ

  3. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  4. 【ほらてくっ!】まだ間に合う!株式会社“闇”社員が語る、極上のお化け屋敷紹介

  5. 中規模開発ならではの、ユニティの意外な「落とし穴」とは?『三国志コンクエスト』ポストモータム

  6. 『Portal』世界が舞台のVRデモ『The Lab』無料配信決定

  7. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  8. スクウェア・エニックス吉岡直人氏にゲーム業界をめぐる問題意識を聞く

  9. 【ほらてくっ!】ホラー×テクノロジーで世界を変えていく株式会社“闇”社長とのゆるゆるな対談、はじまります

  10. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

アクセスランキングをもっと見る