人生にゲームをプラスするメディア

任天堂の時価総額、ソニーに迫る

ゲームビジネス その他

上場来高値を日々更新中で絶好調に推移する任天堂の株価、時価総額もそれに合わせて上昇中です。20日の終値で換算した時価総額は6兆3000億円となり、遂に松下電器産業やJTを超え日本企業の中で11位と、トップテン入りが目前となってきました。10位のソニー(20日終値換算で6兆6000億円)にも迫ってきました。

ちなみに日本の時価総額トップテンは、こんな順です。トヨタ自動車、三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャルグループ、キヤノン、三井住友フィナンシャルグループ、NTTドコモ、日本電信電話、ホンダ、武田薬品工業、ソニー。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 欧州任天堂がヨーロッパの発売予定を公開

    欧州任天堂がヨーロッパの発売予定を公開

  2. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  3. 今週発売の新作ゲーム『METAL GEAR SURVIVE』『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ』『閃乱カグラ Burst Re:Newal』他

    今週発売の新作ゲーム『METAL GEAR SURVIVE』『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ』『閃乱カグラ Burst Re:Newal』他

  4. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  5. ゲームを通してプログラミングを学べる「QUREO(キュレオ)」ーー事業者説明会からみる「プログラミング学習」の今とは?

  6. 【CEDEC 2011】大規模なハイエンドゲーム開発をスクラムで~ディンプスの事例

  7. 任天堂デザインの純金トランプを三菱マテリアルが発売

  8. 子供たちが3Dプリンターでオリジナルキーホルダーを制作、ネクソンらが「みらいクリエイターズプロジェクト」開催

  9. 日本初のVR専門の教育機関が開校、3ヶ月の実践学習がスタート─入学金、授業料は“無料”

  10. 【GTMF 2017】少人数体制のアプリ開発を強力にサポートしてくれる、NCMBの実装メリットに迫る

アクセスランキングをもっと見る