人生にゲームをプラスするメディア

【今週のグッドレビュー】 『もぎたてチンクル』ほか5本を紹介(5月5日)

ゲームビジネス その他

突然ですが今週から「今週のグッドレビュー」の企画を始めたいと思います!その一週間に投稿されたユーザーレビューの中から、管理人の独断と偏見で「良い!」と思ったレビューをピックアップして数件ずつ紹介していきます。また、その週だけでなく、それ以前から蓄積されているものの中からも少しピックアップして紹介します。

色々読んでると面白くて参考になるものが多くて選ぶのに迷っちゃいます。ぜひあなたのレビューも読ませてくださいね。ちなみに今日からWiiチャンネル系でも遊べそうな、レビューが書けそうなチャンネルについてはコレクションに登録/レビューが書けるようになりました。こちらもどうぞ。

では今週のグッドレビューは3本。

パピコさん『ゼルダの伝説トワイライトプリンセス』(Wii)

物語の進行、ダンジョン攻略等、全てにおいて次に何をすべきなのかの誘導が過剰な気がします。その為に謎を解き自身で物語を進めているという感は気薄になりました。ムービーなど演出が増えた事も相まってよくある普通のRPGに近づいた物になってます。ダンジョンなどの難易度は最初から最後まで中程度のものが続いてるという印象で最初は易しく後半は難しくというメリハリが感じられませんでした。メリハリを感じないのはボスとの戦闘も同様で最初から最後まで弱くあっけないので印象に残りません。ボス戦も含めてダンジョンの攻略だと思うのでもう少し何とかしてほしかったですね。随所に飽きさせない工夫がちりばめられておりシリーズ未経験者にはお薦めできる反面、シリーズ経験者にはマンネリ感もあり物足りないかもしれません。
http://www.nintendo-inside.jp/review/view.php?id=11539

P.Nさん『もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド』(DS)

主人公、戦闘システム、そしてすべて金次第というあるまじき世界観のゲーム。コレをゲームに仕立て上げることができたのは任天堂所以でしょう。こんな金にシビアで怪しく魅力のないゲームなのになんでこんなに面白いの!?

●グラフィックはドット絵。妖しい色使い(ドギツイぐらい)で主人公おっさんの金がすべての(よくわからん)世界観を十二分に出している。キャラも濃すぎて印象に残らないヤツは無い!!しかし決して愛着は沸かない。なのに憎めないというか嫌えないというか…

●サウンドはやはり妖しい世界観を盛り立ててくれている。特にチンクルの家のサウンドは…絶句。

●ボリュームはダンジョンのレベルがなかなかに難しいのでクリアだけでも十分楽しめる。コンプリートするのはそう難しくないが少々飽きる

●快適さでは一部タッチしにくいアイコンがあったのでやや低めです

●ラストはなみだなみだの感動モノ…でまさか終わるはず、ない。やたら涙モノに走る昨今のエンターテインメントに嫌気が差してるひねくれものには…ニヤリとさせられるv

ハマったけどマイナスの言葉でしか評価できないところがこのゲーム(笑)
http://www.nintendo-inside.jp/review/view.php?id=12340

きゃとーさん『スーパーペーパーマリオ』(Wii)

前作にあたる「ペーパーマリオRPG」は未プレイです。デザインは少々クセがありますが僕にはツボでした。なかなか趣きがあります。ストーリーは突出したものではないけれど概ね良好です。しかしフェアリンの種類が多過ぎる、キャラクターの切り替えが面倒、やたら手間と時間だけがかかるステージがある、といった快適さに対する不満が多かったり、2Dと3Dの切り替えのシチュエーションにあまり驚きが感じられなかったりしたのはとても残念。少々詰めが甘いです。デザイン、アイディアは言うこと無かっただけに実に惜しいです。
http://www.nintendo-inside.jp/review/view.php?id=12342

過去レビューからピックアップ

過去に投稿されたものから良いものをピックアップして紹介します。

まいまるさん『ファイナルファンタジークリスタルクロニクル』(GC)

N64時代と比べて、今ひとつみんなでハマれるゲームが少なかったGCの中で、最も楽しませてくれたソフトです。ファイナルファンタジーのクリスタルの世界を継承し、話題性が高かった割にはFFらしくないと批判も数多くみられますが、あえてFFの続編に入れず、また違ったFFの面白さを追求したすばらしい作品だと思います。一人プレイは正直物足りないかもしれませんが、やはりGBAをコントローラに使った斬新な多人数プレイは、N64以来ひさびさにみんなで熱中しました。道中はみんなで騒ぎながら、クリスタルケージを奪い合い、協力してボスを倒すとみんなで歓喜し、気がつけば時間を忘れて4人とも世界に入り込んでます。これは任天堂が求めたゲームの形の最たるものではないかと思います。一見同じことの繰り返しにも見えますが、冒険が進むにつれ、物語の核心も少しずつ明らかになっていくので、私は作業的なストレスは感じませんでした。4人プレイにばかり触れましたが、それほど価値があります。もちろん音楽もグラフィックも最高峰でした。とにかく次回作が楽しみな1本だと思います。
http://www.nintendo-inside.jp/review/view.php?id=10027

みそしるさん『ゼルダの伝説 時のオカリナ』(N64)

このゲームをリアルタイムでプレイ出来たという事がとても嬉しく感じる。この時のオカリナというゲームはニンテンドウ64のベストソフトというより全3Dゲームのベストソフトと自分は思います。物体に注目するというシステムで敵との戦闘はとても快適。難易度は簡単過ぎず難しくもないという神的な絶妙のバランス。3Dアクションゲームの初心者や未経験者には是非ともこのゲームをオススメします。アクションは多彩で馬に乗るだけでも楽しいです。ダンジョンが9つ+3つもあり、途中にあるサブイベントも豊富でボリュームは満点。本当に何度も繰り返してプレイしても飽きない良作。もう非の打ち所がない完成度・・・と、言いたいのですが。フィールドの曲が正当なゼルダの伝説のテーマではないのが正直がっかりでした。あの広いハイラル平原をあの曲を聞きながら歩きたかった。あと、裏ゼルダは最初から付けてくれればホント最強のゲームになっていたと思います。
http://www.nintendo-inside.jp/review/view.php?id=10916

ちなみにユーザーレビューのページでは、投稿者の名前の左側の「このレビューは良い/悪い」のリンクでレビューに評価を書き込めます。ぜひ良いと思ったレビューには投票をしてあげてください。(悪い評価は集まるんですけどね・・・)
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

    【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  2. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

    美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  3. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  4. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  5. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  6. アークシステムワークスが『LoL』のRiot Gamesを訪問

  7. 社内コンテストから始まった『夢王国と眠れる100人の王子様』――開発までの経緯をプロデューサーが語るセミナー開催

  8. スパイク・チュンソフト、オフィシャルサイト本日オープン ― コーポレートロゴも公開

  9. 【GDC2011】任天堂・岩田聡社長が見せた覚悟と開発者へのメッセージ

  10. 増田部長がゲームフリークに入社したきっかけとは ― ファンからの質問に回答

アクセスランキングをもっと見る