人生にゲームをプラスするメディア

セガ、短期的にはDSとWiiに戦略的にタイトルを投入

ゲームビジネス その他

セガCS統括本部長である岡村秀樹氏は日経デジタルARENAとのインタビューの中で、好調であった年末商戦を振り返り、また2007年の戦略について話しています。セガは中長期的には次世代機の勝敗はまだ判然としないというスタンスながら、短期的には非常に好調に推移しているDSとWiiに集中していく方針を明らかにしています。

我々は、短期的にはDSが市場をリードするプラットフォームになると見ています。Wiiも好調ですので、この二つに戦略的にタイトルを投入していきたいと考えています。インフラが整っているところに出していくのは、パブリッシャーとして当然のことです。

ただし、任天堂ハード向けのタイトルではいろいろと考えなければいけないことがあります。なぜなら任天堂さんのタイトルが非常に強力ですからね。サードパーティからタイトルを売り込むタイミングは、本当に難しいですよ。ある意味、勢いで「エイヤ」とやらなければいけないところもあります。

DSに関しては、とにかく勢いのあるプラットフォームですので、ここは積極的にやっていきたいと思っています。とはいえ、DSはタイトル間の競争が激しく、勝ち残っていくのは簡単なことではありません。

今年の3月だけでも、約70本ものタイトルがDS向けに投入されると聞いています。しかも、売れ筋の上位は常に任天堂さんのタイトルが占めていることが多いですよね。こういう状況ですので、「埋もれない」タイトルを厳選して投入していくつもりです。


とのことです。またDSとPSPに関しては「携帯型ゲーム機に関しては、開発の主体をPSPからDSへ移していきます」というコメントもあります。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】VR鉄道SLG『トレインマイスター』をマスコンレバーでプレイ…E235系が走るJR山手線沿線を再現

    【レポート】VR鉄道SLG『トレインマイスター』をマスコンレバーでプレイ…E235系が走るJR山手線沿線を再現

  2. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

    【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  3. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

    VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  4. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  5. 小野義徳氏がカプコンバンクーバーでのディレクター業を退く ― 「次回作については慎重に考えたい」

  6. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  7. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  8. 【東京ゲームショウ2013】インディーズゲームフェス2013で追加ステージ情報が決定。人気実況プレイヤーによる実況プレイに加えて、トークイベントでは稲船敬二氏も登場!

  9. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  10. スクエニ、平成29年3月期は『FF15』など好調―売上高/利益も過去最高に

アクセスランキングをもっと見る