人生にゲームをプラスするメディア

バーチャルコンソール配信ソフト4タイトル追加!(12/26)

Wiiで過去のソフトを安価で気軽に楽しめるバーチャルコンソールに、12月26日より『ファイアーエムブレム 紋章の謎』『シムシティー』『R・TYPE III』『忍者じゃじゃ丸くん』の4タイトルが追加されました。ファイアーエムブレム 紋章の謎とシムシティが900ポイント、R・TYPE IIIが800ポイント、忍者じゃじゃ丸くんが500ポイントとなっており、Wiiショッピングチャンネルより購入することが出来ます。

任天堂 Wii
Wiiで過去のソフトを安価で気軽に楽しめるバーチャルコンソールに、12月26日より『ファイアーエムブレム 紋章の謎』『シムシティー』『R・TYPE III』『忍者じゃじゃ丸くん』の4タイトルが追加されました。ファイアーエムブレム 紋章の謎とシムシティが900ポイント、R・TYPE IIIが800ポイント、忍者じゃじゃ丸くんが500ポイントとなっており、Wiiショッピングチャンネルより購入することが出来ます。

ファイアーエムブレム 紋章の謎は、ファミコンで発売された「ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣」と、ファミコン版には無いその続きの「紋章の謎」の2つの物語が収録されたものです。やられた仲間は復活出来ないというシステムはもちろん健在です。なお、バーチャルコンソールのゲームデータは基本的にSDカードへコピー可能ですが、ファイアーエムブレム 紋章の謎ではセーブデータのコピーは不可となっています。
(主人公マルスは大乱闘スマッシュブラザーズDXの登場キャラの1人として有名ですね)

シムシティーはプレイヤーが市長となり街を発展させていくシュミレーションゲームで、都市の人工50万人のメガロポリスにするのが基本的な目標です。災害で登場する怪獣がクッパだったりマリオの銅像が建設出来たりと任天堂らしい演出もあります。
(助手のDr.ライトはゼルダの伝説 夢を見る島、64DDのシムシティ64でも登場します)

1月に配信開始するバーチャルコンソールの日程は現時点では不明ですが、恐らく1週間に2〜3タイトルペースで配信されるでしょう。
《》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

    スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

    「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  4. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  5. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

  8. 『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

  9. 【特集】『星のカービィ』一番強いのはどれだ!?最強コピー能力10選

  10. 『ドラゴンクエストビルダーズ2』12月20日に発売決定! 有料DLCの展開も明らかに

アクセスランキングをもっと見る