人生にゲームをプラスするメディア

ソフトの価格、バーチャルコンソールの展開など―岩田聡社長

任天堂 Wii

任天堂の岩田聡社長はCNN/MONEYとのインタビューに答えてレボリューションについて様々な事を明らかにしています。CNNは毎回良いインタビューを載せているような気がしますが、Chris Morris記者がいいのでしょうか?それはともかく、価格やVCについては気になる物が提示されています。

まずはソフトの価格についてです。岩田氏は「私はどんなファーストパーティタイトルも50ドル以上の値段を付けられるとは想像できません」として任天堂製ソフトは49.99ドルなどの価格になることを示唆しました。「私は60ドルという値段が現在の多くのユーザーに受け入れられるとは思いません。幾つかのプレミアタイトルだけがそれを許されるでしょう」

(家庭用ゲーム機では現在、高いものが50ドル、安いものが40ドル、携帯ゲーム機が30ドルみたいな感じのようです)

続いてバーチャルコンソールについてです。過去のゲームなどがダウンロードできますが、HDDは付かない予定です。これらの保存領域には標準装備の512MBフラッシュメモリやSDカードなど「どんな手段も利用できる」そうです。

それに関連して「ダウンロードされたコンテンツは遊べる期間を様々に設定することができます。あるいは望む限り遊ばせることもできます。これは私達に柔軟なビジネスモデルを与えます」「いくつものパブリッシャーがこのバーチャルコンソールシステムに傘下することに興味を持っています。詳細について、議論する別の機会があると思います」という風に話しています。

またバーチャルコンソールでは単に過去のソフトだけでなく、新作の配信を行う事を計画しているそうです。例えばレボリューションのユニークな機能を活用した実験的なソフトを配信するなどですが、岩田氏は任天堂がリードしていく姿勢を見せています。

「もし15年前のテトリスのようなシンプルながら中毒的なゲームを思いついたとします。発売するにはコストが問題になってきます。そうした時はバーチャルコンソールで遊べるようにしましょう。50〜60ドルもするゲームよりもチャンスは非常に大きくなると思います。もちろん私達は従来のような完成されたゲームには従来通りの流通を使うつもりです」

最後に岩田氏は注目されるようになってきたゲーム内広告の可能性について「私は今後、任天堂がそのような試みをする可能性は否定しません。しかし個人的にはゲーム内広告がゲーム業界の主要な収入源になるとは思えません」としています。永谷園のお茶漬けの前に立つマリオの姿はシュール過ぎて忘れることができません。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』の「ハイパープレッサー」、前夜祭と製品版では一部仕様が変更

    『スプラトゥーン2』の「ハイパープレッサー」、前夜祭と製品版では一部仕様が変更

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』発売日レポート in ポーランドー欧州のイカ人気は如何に?

    【特集】『スプラトゥーン2』発売日レポート in ポーランドー欧州のイカ人気は如何に?

  3. 『スプラトゥーン2』amiiboでもらえる制服や忍者ギアの情報が公開、前作の特別なギアも!

    『スプラトゥーン2』amiiboでもらえる制服や忍者ギアの情報が公開、前作の特別なギアも!

  4. 『スプラトゥーン2』初回の「サーモンラン」募集は15時から!

  5. 「『ドラクエXI』が楽しみすぎる人たち」なCMに中村勘九郎や唐沢寿明などが出演─“ドラクエ”エピソードも披露

  6. 【読者アンケート】『スプラトゥーン2』休暇を取った人いる?

  7. 「ミニ スーパーファミコン」予約状況や発売時期、収録タイトルなど現時点での情報まとめ

  8. 任天堂が欧州でニンテンドウ64コントローラーの商標を出願―「ミニニンテンドウ64」への期待高まる

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. このビッグウェーブを見過ごすな! 『スプラトゥーン2』発売後3日間は「サーモンラン」の募集が高頻度に

アクセスランキングをもっと見る