人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】TAO〜魔物の塔と魔法の卵(NDS)

任天堂 DS

DS『TAO〜魔物の塔と魔法の卵』は、40階にも及ぶ魔物の塔を舞台に、迷路のように入り組んだダンジョンを探索していくRPGです。

キャラクター移動の操作方法から紹介します。タッチスクリーンには、円形のパネルが表示されていて、そのパネルの右の方をタッチすれば右に、上のほうをタッチすれば上に動きます。ダブルクリックすると走ります。走った状態でドラッグしてタッチする場所を変えれば、走った状態のまま動く方法を変えられます。十字キーでも操作が可能なようでしたが、ダッシュの仕方がよくわかりませんでした。タッチスクリーンには、移動用の円形パネルのほかに、「しらべる」「もちものをみる」といったようなコマンドも表示されており、タッチすることによりコマンドを実行できます。

戦闘について。シンボルエンカウントで、ターン制の戦闘になっています。コマンドをタッチで選びます。魔法を選んだ時は、魔方陣を書いて魔法を発動するようになっています。

ゲーム性という意味では、非常にオーソドックスなダンジョン型RPGで、そこにタッチパネルによる操作を当てはめたという印象です。が、あまりその操作体系が上手くタッチパネルを活用できているようには思えなかったというのが正直な感想です。コマンドを選ぶ部分はまだよいのですが(それでもタッチする部分が小さすぎるのが気になりましたが)、移動のインターフェイスがやりにくいです。『マリオ64DS』のように、ドラッグした方向と程度で移動方向とスピードを制御するようにした方が、操作がしやすいように思うのですが。あるいは、移動は十字キーに完全に任せてしまって、タッチパネルはコマンドのみをもっと大きく表示させる、というような形にするというのもありかもしれません。いずれにせよ、操作体系をもう少し練り上げてくれるとうれしいなあ、という印象でした。

『TAO〜魔物の塔と魔法の卵』は開発度70パーセント。今冬発売予定で、価格は未定です。
《OKOK》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチのLANポート付きドックが2月23日に発売決定―コンパクトサイズの優れもの

    ニンテンドースイッチのLANポート付きドックが2月23日に発売決定―コンパクトサイズの優れもの

  2. インドぞうを倒しまくりそうなポケモン10選

    インドぞうを倒しまくりそうなポケモン10選

  3. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

    【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  4. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  5. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  6. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  8. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  9. 『スプラトゥーン2』次回アプデでもう少しだけ強化して欲しいブキ8選(Ver.2.2.2時点)

  10. 家族にしたいポケモン21選・前編!定番のポケモンから犬・猫系ポケモンも

アクセスランキングをもっと見る