人生にゲームをプラスするメディア

TGSで「CERO年齢別レーティング制度の未来を考える」が実施

ゲームビジネス その他

社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は東京ゲームショウのイベントステージにおいて、「CERO年齢別レーティング制度の未来を考える」と題したパネルディスカッションを実施すると発表しました。

CEROは3年前から発売されるゲームの審査を行い、内容からレーティングを付与する活動を行っている団体です。最近ではパッケージに付いている対象年齢を表すマークも違和感が無くなってきましたが、『GTA3』の問題などで議論の的となっています。このパネルディスカッションではこの分野に詳しい専門家のパネリストが、例を交えながら議論していきます。

コーディネーターはスクウェア・エニックス代表取締役社長の和田洋一氏、パネリストには坂元章氏(お茶の水女子大学 文教育学部 人間社会科学科 教授)、渋谷明子氏(慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所・研究員)、七海陽氏(浜松大学 健康プロデュース学部 こども健康学科 講師)、武藤春光氏(弁護士/CERO理事長)です。

「CERO年齢別レーティング制度の未来を考える」は一般公開日の9月17日の13時〜14時30分で、会場第7ホールのイベントステージにて行われます。席数には限りがあるそうなので、お早めに。
《土本学》

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

    【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  2. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

    美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  3. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

    VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  4. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  5. 増田部長がゲームフリークに入社したきっかけとは ― ファンからの質問に回答

  6. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  7. 【GDC 2014】家庭用ゲームと連携するコンパニオンアプリ、意味のあるアプリとは? 『アサシンクリード4』の事例

  8. 海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

  9. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  10. 新しいステージに一緒に行ける人を募集・・・ゲームフリーク訪問記(後編)

アクセスランキングをもっと見る