人生にゲームをプラスするメディア

Majescoが近々破産?―『Nanostray』の出荷も極端に少なく

ゲームビジネス その他

米国のパブリッシャーであるMajesco Entertainment Companyが破産の準備を進めているという噂が立っています。Majescoは主に携帯ゲーム機向けのタイトルや周辺機器等を発売しているメーカーですが、業績が不振で2004年度に1600万ドルの営業赤字を出しました。

最近発売されたニンテンドーDS向けの『Nanostray』に関しても当初計画していた半分以下の出荷数に絞られたようで、IGNやGamingAgeでは、何処にも売ってないというファンの声が聞かれます。

また、訴訟事務所のFederman & SherwoodはMajescoの経営陣が、実際には経営不振に陥っているにも関わらず、好調と見せかける言動を行うことによって株価を不正に吊り上げ投資家に損害を与えたとして告発する準備をしていて、集団訴訟に加わる人間を募集しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

    ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  2. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  3. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

    【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  4. 今週発売の新作ゲーム『モンスターハンター:ワールド』『七つの大罪 ブリタニアの旅人』『The Inpatient 闇の病棟』他

  5. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  6. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  7. アメリカゲーム業界就職事情・・・日本とは違うサバイバル術

  8. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  9. スクウェア・エニックス、第1四半期業績はヒット作で好調

  10. スクウェア・エニックスHD、平成27年3月期第1四半期決算を発表 ― 純利益34億800万円に

アクセスランキングをもっと見る