人生にゲームをプラスするメディア

任天堂がアナリスト向けにブリーフィングを実施

ゲームビジネス その他

任天堂はロサンゼルス市内のビルトモアホテルに証券アナリストを招いてE3のブリーフィングを開催しました。任天堂オブアメリカの上級副社長George Harrison氏、Reggie Fils-Aime氏、そして広報担当のPerrin Kaplan氏が参加しました。

George Harrison氏は次世代でも任天堂は次世代のゲームを作るのであって、マルチメディア機器としてソニーやマイクロソフトと直接競争する意思はないとしてブリーフィングを始めました。ある程度までリビングのコーナーを譲り、次世代機の開発コストを削減してゲーム開発やマーケティングにより多くのリソースを咲くべきだ、としました。

任天堂の一つの焦点はワイヤレス・コネクティビティとネットワークがゲームプレイの壁を破ることです。任天堂は無料でWi-Fiネットワークサービスを提供する予定で、現在幾つかのパートナーと全国にホットスポットを設置する為に交渉を行っているそうです。

昨年末に発売したニンテンドーDSは非常に強い関心を受けていて、Harrison氏によれば現在までにPSPの倍にあたる500万台が販売されているそうです。また流行のタイトルは『nintendogs』で日本では40万本以上が売れて、そのうちの1/4は新規にDSを購入したユーザーだそうです。

次にゲームボーイミクロについて話が移りました。Harrison氏は、これがどのくらい小さいかどうか参加者に持ってみせて、「iPod miniの2/3のサイズ」と説明しました。また、この小ささとデザインの良さで「ファッション・アイテム」のようになってくれれば理想的だ、と話しました。

次にステージに上がったReggie Fils-Aime氏はアナリストが好む年末までの見通しを明らかにしました。任天堂はホリデーシーズンに発売する『ゼルダの伝説 黄昏の姫』と、秋に発売する『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』に大きな期待をかけています。

Fils-Aime氏は最後に「レボリューション」で提供される、ファミコン以来の任天堂の巨大なライブラリについて説明しました。任天堂はこれらのIPを保護する為に非常に積極的に動いてきて、次世代ではこのリターンの一部を享受できるようになるとしました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

    海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

  2. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

    今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  3. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  6. 2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

  7. WSJの選ぶアジア企業、任天堂が日本のトップに

  8. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  9. 未来へ一歩近づく「攻殻機動隊 ARISE」対戦型フィールドVRを先行プレイ!叫び過ぎて喉がカラカラ…

  10. 「Gear VR」レンタルがDMMで開始、3日間で5,000円

アクセスランキングをもっと見る