人生にゲームをプラスするメディア

テイク2がMLBと独占ライセンス交渉?

ゲームビジネス その他

テイク2にとって2005年は最悪のスタートでした。一ヶ月前にEAがNFLの独占ライセンスを獲得したのに続いて、ESPNブランドまで失うことになりました。テイク2とセガが組んで2004年に発売した『ESPN NFL 2005』は20ドルの低価格で大成功を収めていました。

しかしテイク2は諦めません。ウォール・ストリート・ジャーナルが伝えるところによれば、同社はMLBとの間で独占ライセンスを獲得する為の交渉を進めているそうです。大ヒットした『グランド・セフト・オート』のお陰でテイク2も豊富な資金を持っています。

テイク2はGameSpotの取材に対して「ポリシーとして交渉中であるとか、そうでないということに関してはコメントしない」としています。現在テイク2とセガは最後のESPNブランドを利用した『ESPN Major League Baseball 2K5』を開発中で3月に発売される予定です。

競争の為とは言え、独占ライセンスを獲得していくのは幅広いゲームを選択する機会がなくなるわけですから、望ましくない状況だと言えるのではないでしょうか。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『CLOSED NIGHTMARE』『GROOVE COASTER』『太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!』他

    今週発売の新作ゲーム『CLOSED NIGHTMARE』『GROOVE COASTER』『太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!』他

  2. 「狼と香辛料」作者が送るVRアニメ『Project LUX』Steam配信へ【UPDATE】

    「狼と香辛料」作者が送るVRアニメ『Project LUX』Steam配信へ【UPDATE】

  3. 【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

    【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

  4. 『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

  5. 任天堂の従業員はゴールドマン・サックスの従業員よりも稼ぐ―FT

  6. 『コトダマン』の追加キャラクターは月間40体!煩雑な発注管理をスムーズに行う秘訣とは?ーセガゲームスに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例

  7. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  8. ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー"沢村碧”が生まれた背景とは?

  9. 日本の希望だ。ドラクエ、メルカリ【オールゲームニッポン】

  10. セガゲームス、セガとセガネットワークスのカンパニー制で機動的な事業展開を

アクセスランキングをもっと見る