人生にゲームをプラスするメディア

ティアリングサーガ裁判、任天堂が最高裁に上告

ゲームビジネス その他

任天堂とインテリジェントシステムズがエンターブレインらを訴えていた裁判で任天堂側は11月24日に下った高裁判決(不正競争防止法違反を認定、eb側に賠償命令、著作権違反は却下)を不服として最高裁判所に上告しました。

The Trembling of a Leafによれば、上告は認められない可能性が最も高い(高裁判決で確定)だろうとのこと。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. マリオの資産は1160億円―フォーブスのランキング

    マリオの資産は1160億円―フォーブスのランキング

  2. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  3. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

    【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  4. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

アクセスランキングをもっと見る