人生にゲームをプラスするメディア

ティアリングサーガ裁判、任天堂が最高裁に上告

ゲームビジネス その他

任天堂とインテリジェントシステムズがエンターブレインらを訴えていた裁判で任天堂側は11月24日に下った高裁判決(不正競争防止法違反を認定、eb側に賠償命令、著作権違反は却下)を不服として最高裁判所に上告しました。

The Trembling of a Leafによれば、上告は認められない可能性が最も高い(高裁判決で確定)だろうとのこと。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

    五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

  2. 『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

    『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

  3. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  4. CEOに聞く「Scaleform GFx」の今後と日本市場攻略

  5. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  6. 【レポート】プラチナゲームズ設立10周年パーティーに潜入―小島監督ら業界人が祝福

  7. さぁ、ゲームの時間だ!『モーレツ宇宙海賊』ソーシャルゲームをプレイ

  8. バンダイナムコの本社が移転 ― 品川の未来研究所から、東京都港区へ

  9. 日本一ソフトウェア北米子会社元社長、新会社「プリップアップ」を設立

  10. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

アクセスランキングをもっと見る