人生にゲームをプラスするメディア

コードマスターズをユービーアイが買収? 苦境に立つ英国勢

ゲームビジネス その他

英国のゲーム会社が次々に買収の危機に立たされています。先日、ミドルウェアのトップメーカーのクライテリオンが買収されたのに続いて、アイドスも買収の噂が立っていて、今回、コードマスターズもユービーアイソフトが狙っていることが明らかになりました。また、伝統あるデベロッパーのアルゴノーツも経営危機に瀕しています。

コードマスターズは1986年に設立されたデベロッパーで、400人のスタッフを抱えています。英国の業界紙MCVによれば、ユービーアイソフトとの間でブランドなどの買収で交渉が進展しているそうです。ユービーアイがアクションやFPSなどを得意とする一方でコードマスターズはレースやスポーツを得意としていて、大きな補完効果が期待されます。

EA、ユービーアイ、THQ、アクティビジョンといった勝ち組パブリッシャーは小規模なデベロッパーや比較的体力の少ないパブリッシャーの争奪戦を繰り広げていて、アイドスでは、既にEAが最初のオファーとして3億ドルを提示したとも伝えられています。今後どのように進展していくのか目が話せそうもありません。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

    【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

  2. 【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

    【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

  3. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

    【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  4. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  5. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  6. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  7. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  8. 「TGS 2017」DMM GAMESブースにて『PUBG』出展&特別ステージ実施―「e-Sports X」にて50人同時対戦イベントも!

  9. 【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

  10. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

アクセスランキングをもっと見る