人生にゲームをプラスするメディア

任天堂のブランド価値は64億7900万ドル―ニューズウィーク調べ

ゲームビジネス その他

米誌ビジネス・ウィークは2004年8月日号で世界の「トップブランド100」を発表しました。首位は4年連続でコカ・コーラ、2位はマイクロソフトで、任天堂も46位にブランド価値64億7900万ドルでランクインしました。以下はトップ10+任天堂です。

順位 ブランド名 今年度価値 前年度価値 変動 国

1. コカ・コーラ 673億9400万ドル 704億5300億ドル -4% 米国
2. マイクロソフト 613億7200万ドル 651億7400万ドル -6% 米国
3. IBM 537億9100万ドル 651億7400万ドル 4% 米国
4. GE 441億1100万ドル 423億400万ドル 4% 米国
5. インテル 334億9900万ドル 311億1200万ドル 8% 米国
6. ディズニー 273億11300万ドル 280億3600万ドル -3% 米国
7. マクドナルド 250億0100万ドル 246億9900万ドル 1% 米国
8. ノキア 240億4100万ドル 246億9900万ドル -18% フィンランド
9. トヨタ 226億7300万ドル 207億8400万ドル 9% 日本
10. マルボロ 221億7300万ドル 221億8300万ドル 0% 米国
46. 任天堂 64億7900万ドル 81億9000万ドル -21% 日本

ゲーム業界では任天堂のみがランクインしていました。日本勢ではトヨタ(9)、ホンダ(18)、ソニー(20)、キャノン(35)、任天堂(46)、パナソニック(77)、日産(90)がランクインしていました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

    【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  2. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

    今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  3. 【CEDEC 2014】ゲーム業界における起業・・・4人の社長が赤裸々に語った「起業一年目の通信簿」

    【CEDEC 2014】ゲーム業界における起業・・・4人の社長が赤裸々に語った「起業一年目の通信簿」

  4. マリオファクトリー南柏店レポート

  5. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

  6. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  7. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  8. 【DiGRA2007】『ゼビウス』遠藤雅伸氏と『ドシン』飯田和敏氏が日本のゲーム業界について大激論

  9. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  10. 任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

アクセスランキングをもっと見る