人生にゲームをプラスするメディア

セガ、リアルタイム音声解析技術を開発

ゲームビジネス その他

セガは、顔のCGやアニメーション制作における音声解析技術「Magical VEngine™(仮)」(マジカル・ヴィ・エンジン)を開発致したと発表しました。

この技術は、顔アニメーションの制作において、飛躍的な質、作業効率の向上を実現する音声解析を目的として開発されました。これにより子音の抽出が可能になったり、“怒り”、“悲しみ”、“喜び”及び、“驚き”の感情を解析し、発話アニメーションにすることが可能になります。また、計算量を劇的に減少させ、解析時間の著しい短縮を実現しています。

セガは、今後もこの新技術の実用化に向け更なる開発を進めていくということです。
《クリ坊》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  2. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  3. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

    ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  4. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  6. 『機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.』発表!「VR ZONE SHINJUKU」にて2017年冬に期間限定で設置

  7. 今週発売の新作ゲーム『World of Warcraft: Battle For Azeroth』『The Walking Dead: The Final Season』他

  8. VRビジュアルノベル『バーチャルノベル』プロジェクト発足、支援者を募集中

  9. 2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

  10. 「これは私の人生そのもの」―元マフィアの娘が『GTA V』を提訴、4000万ドルの賠償金を求める

アクセスランキングをもっと見る