人生にゲームをプラスするメディア

EA『SSX 3』インタビュー

「これは完全な続編であり、うまくいけば今後のいかなる続編にも期待されるであろう新しい基準を打ち立てるだろう」

任天堂 GC
「これは完全な続編であり、うまくいけば今後のいかなる続編にも期待されるであろう新しい基準を打ち立てるだろう」

EAプロデューサーLarry LaPierre氏は同社の新作『SSX 3(仮称)』について、IGNのインタビューに対してこう語っている。

ゲームキューブ、プレイステーション2、X-BOXにて今年の秋の発売が予定されている『SSX3(仮称)』では、従来のSSXシリーズと比較して7倍から10倍の広さを持つ山が用意されているという。その中には種々のイベントが詰め込まれており、プレイヤーにありとあらゆる斜面をすべりおりる機会を生み出すという。その例として、競技会への参加や隠された収集物(隠しアイテム?)を求めて山を探索するなどと言ったことを挙げている。また、スノーボードゲームといえば欠かせないトリック要素に関しても、かなり大がかりな強化が行われているようだ。ラリー氏の発言によると地面の上でもトリックを発動することができるらしい。

また、ゲームのシステムだけでなく、過去2年間を費やしたEAカナダのビジュアルチームの努力によって輝く雪表面の下に存在する水を元とした鮮やかな色の豊かささえ表現されているという。

キャラクター数は10人、Mac, Elise, Zoe, Moby, Psymon, and Kaoriに加え、4人の新たなライバルが参戦している。コース数はいくつか、というIGNの質問に対しては、前述の通りひとつの巨大な山があり、そこには多くのユニークなコース、エリア、そしてイベントが用意されていると述べた。その点について、自由形競走(おそらく自らコースを選べるタイプのレースであろうと思われる)ではより多くのコースの選択肢が、そしてレースタイプ(コースが決まっている?)ではより
複雑なコースを用意した、という。

このゲームの開発にあたってなにか気にしたゲームはあったかという問に対して『battlefield 1942』だと冗談を飛ばすなど話の運びからも開発の順調さが垣間見える。E3にて続報が出る可能性も高いようだ。
《》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  2. 『ライザのアトリエ』全世界累計出荷数35万本突破!トリダモノ氏によるライザの記念イラスト公開

    『ライザのアトリエ』全世界累計出荷数35万本突破!トリダモノ氏によるライザの記念イラスト公開

  3. 『ポケモンHOME』いまGTSで人気のポケモンは「ニャビー」や「コフーライ」! 交換される理由もあわせてチェック

    『ポケモンHOME』いまGTSで人気のポケモンは「ニャビー」や「コフーライ」! 交換される理由もあわせてチェック

  4. 『ポケモン ソード・シールド』ポケモンセンター限定の「エキスパンションパス」早期購入特典が公開―デフォルメされたトレーナー達がかわいい!

  5. 『ライザのアトリエ』岸田メル氏による「ライザ」のイラスト公開―魅惑のフトモモもバッチリ描かれる!

  6. 『FAIRY TAIL』2020年3月19日発売決定!Digital Deluxe版には、ルーシィ用の『ライザのアトリエ』コラボ衣装も付属

  7. 『ペルソナ5 スクランブル』新映像でシブサワ・コウ氏に直撃インタビュー! 『P5』プレイ時間は? 本作の手応えは?─実況しつつ実機プレイも披露

  8. 『ポケモン ソード・シールド』ポケモン図鑑完成を目指すときのコツ!400種類コンプを目指そう

  9. 『あつまれ どうぶつの森』はショップ特典もすごい!ランチボックス・トートバッグなど14店舗の特典まとめ

  10. 『侍道外伝 KATANAKAMI』オンラインマルチは時に心強く、時に血みどろ殺伐!アクション面を紹介する最新映像公開

アクセスランキングをもっと見る