人生にゲームをプラスするメディア

『DEAD OR ALIVE 6』 先行インプレ―遊びやすく、親しみやすく「激闘エンターテインメント」へと進化 1枚目の写真・画像

3月1日(金)発売予定の『DEAD OR ALIVE 6』。「激闘エンターテインメント」へと進化を遂げた今作をみっちりプレイしてきましたので、おすすめポイントを皆様にご紹介します!

ソニー PS4
『DEAD OR ALIVE 6』 先行インプレ―遊びやすく、親しみやすく「激闘エンターテインメント」へと進化
『DEAD OR ALIVE 6』 先行インプレ―遊びやすく、親しみやすく「激闘エンターテインメント」へと進化

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『グラブル ヴァーサス』“エロじじい”と名高いソリッズはファスティバ(おとめ)の顔を狙わない紳士である─本家を知らない騎空士の好感度が爆上がりした話

    『グラブル ヴァーサス』“エロじじい”と名高いソリッズはファスティバ(おとめ)の顔を狙わない紳士である─本家を知らない騎空士の好感度が爆上がりした話

  2. 『バイオハザード RE3』市民ゾンビのファッションに注目!90年代アメリカのオシャレ&セクシーな姿をじっくり観察してみよう

    『バイオハザード RE3』市民ゾンビのファッションに注目!90年代アメリカのオシャレ&セクシーな姿をじっくり観察してみよう

  3. 『バイオハザード RE:3』原作から大きく変化した見どころ10選!登場キャラはよりカッコよくなり、クリーチャーも進化!?

    『バイオハザード RE:3』原作から大きく変化した見どころ10選!登場キャラはよりカッコよくなり、クリーチャーも進化!?

  4. 『グラブル ヴァーサス』のナルメアは“アンニュイ抜刀娘”だと思ってたけど、“子犬お姉さん”だった─本家を知らない格ゲーマーが「24歳 134cm」に斬り伏せられた日

  5. 『バイオハザード RE:2』あるある10選!誰もがアイテムのやりくりに悩みタイラントで遊ぶ!?

  6. 『バイオハザード RE:3』で再現してほしいポイント14選!恐怖のみならずユニークなあの場面もぜひ!

  7. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  8. 『バイオハザード RE:3』発売4日間で全世界合計プレイ時間が1054年を突破したことが明らかに

  9. 『FF7 リメイク』ミッドガル&壱番魔晄炉はどう変わった? 体験版でその変貌ぶりをチェック

  10. 『FF7 リメイク』は武器の装着マテリアまで見えるようになり、バレットはおもしろキャラに? 体験版で気になる13のポイント

アクセスランキングをもっと見る