人生にゲームをプラスするメディア

【TGS2016】戦国死にゲー『仁王』は物語も魅力的!開発の“今とこれから”を早矢仕Dに直撃…改善の対応点も明らかに 5枚目の写真・画像

妖怪達が蠢く幽玄の和風戦国世界が舞台となるPS4ソフト『仁王』は、「戦国死にゲー」とも呼ばれており、歯ごたえのあるアクション性や緊迫感漂うフィールド構成などが、虎視眈々とプレイヤーを待ち構えている一作です。

ソニー PS4
【TGS2016】戦国死にゲー『仁王』は物語も魅力的!開発の“今とこれから”を早矢仕Dに直撃…改善の対応点も明らかに

【TGS2016】戦国死にゲー『仁王』は物語も魅力的!開発の“今とこれから”を早矢仕Dに直撃…改善の対応点も明らかに 5枚目の写真・画像

【TGS2016】戦国死にゲー『仁王』は物語も魅力的!開発の“今とこれから”を早矢仕Dに直撃…改善の対応点も明らかに

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 「プレイステーション クラシック」12月3日発売決定!どのタイトルが入っていてほしい?【読者アンケート】

    「プレイステーション クラシック」12月3日発売決定!どのタイトルが入っていてほしい?【読者アンケート】

  2. 初代PS20タイトルを同梱した「プレイステーション クラシック」12月3日発売!

    初代PS20タイトルを同梱した「プレイステーション クラシック」12月3日発売!

  3. 『アッシュと魔法の筆』少年が描く“かいぶつ”が、寂れた港町を蘇らせる─鮮やかなペイント・アクションADVが発表に

    『アッシュと魔法の筆』少年が描く“かいぶつ”が、寂れた港町を蘇らせる─鮮やかなペイント・アクションADVが発表に

  4. 『レッド・デッド・リデンプション2』のオンラインモード『Red Dead Online』が発表!

  5. 『Dreams Universe』ゲーム情報を公開!『リトルビッグプラネット』の流れを汲んだ自由度の高さが最大の魅力

  6. 【吉田輝和のVR絵日記】はいだらー!『ANUBIS ZOE : M∀RS』言葉の意味はわからんがとにかく凄い自信だ!

  7. 『JUDGE EYES:死神の遺言』先行体験版の感想を一挙公開―探偵らしい新要素「調査アクション」が面白い!【読者アンケート】

  8. 『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』生徒会四天王「蟇郡 苛」「猿投山 渦」が参戦―どちらもパワー型!?

  9. 『JUDGE EYES:死神の遺言』オープニングムービーが公開!「TGS 2018」への出展情報も

  10. SIE、「TGS2018」PSブースの詳細を発表─世界初試遊となる『Days Gone』を含む約30タイトルが体験可能!

アクセスランキングをもっと見る