人生にゲームをプラスするメディア

『アークナイツ』「潮汐の下」PVが公開―ホラー作品のような映像が「クトゥルフ風味」と話題に

『アークナイツ』にて新イベント「潮汐の下」アナウンスPVが公開されました。

モバイル・スマートフォン iPhone
『アークナイツ』「潮汐の下」PVが公開―ホラー作品のような映像が「クトゥルフ風味」と話題に
  • 『アークナイツ』「潮汐の下」PVが公開―ホラー作品のような映像が「クトゥルフ風味」と話題に
  • 『アークナイツ』「潮汐の下」PVが公開―ホラー作品のような映像が「クトゥルフ風味」と話題に
  • 『アークナイツ』「潮汐の下」PVが公開―ホラー作品のような映像が「クトゥルフ風味」と話題に

Yostarが贈るスマホ向けタワーディフェンスゲーム『アークナイツ』にて新イベント「潮汐の下」アナウンスPVが公開されました。いつもとは一味違う“クトゥルフ風味”な内容にファンの期待が高まっています。

映像ではスカジが「僚友は海溝に引きずり込まれ叫び音は咀嚼音にかき消された」などと語る、非常にホラーテイストな仕上がりに。今回は種族「アビサル」を中心としたストーリーが展開しますが、ファンの間では深海生物などがキャラのモチーフとなる「アビサル」は「クトゥルフ神話」の影響が強いのではないかと囁かれており、実際にゲーム内でも「深海」という単語は不穏なものとして捉えられています。

まるでH・P・ラブクラフト著『インスマスの影』を彷彿とさせる浜辺や、海の底から浮かびあがってくる謎の存在などがひたすら恐怖を誘う形に。今回PVに登場しているスカジも「濁心スカジ」として別バージョンでの実装が予定されており、その“濁心”の名の通り、いつもの彼女とは全く違う異様な風貌に期待と畏れを抱かせます。

以前公開されたアニメPVではラストに謎めいた歌も入っており、こちらも綺麗な歌声ながらゾッとする類の演出に。今まで語られていなかった「深海」、そしてアビサルの謎が語られる「潮汐の下」は開催期間は2021年10月21日16:00から11月4日3:59までとなります。


《高村 響》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『FGO』噂の「男カーマ」には元ネタがあった!?ReDrop先生の「2年前のツイート」が再注目

    『FGO』噂の「男カーマ」には元ネタがあった!?ReDrop先生の「2年前のツイート」が再注目

  2. 「モンスターグランプリ」で活躍する10匹をピックアップ!構成の弱点を知ることが、勝利への第一歩【ドラクエウォーク 秋田局】

    「モンスターグランプリ」で活躍する10匹をピックアップ!構成の弱点を知ることが、勝利への第一歩【ドラクエウォーク 秋田局】

  3. 『FGO』新サーヴァント「★4 マルタ〔サンタ〕」公開!今年も「クリスマスイベント」が開催決定

    『FGO』新サーヴァント「★4 マルタ〔サンタ〕」公開!今年も「クリスマスイベント」が開催決定

  4. 『ウマ娘』アニメ「うまよん」Blu-ray BOX特典が豪華過ぎる…!★3/SSR確定ガチャチケットを付属

  5. 『FGO』ついに「ボックスガチャの一括開封」が登場!条件付きで「1度に最大100個まで」開封可能に

  6. 色違いゼクロム&レシラムは間違いなくガチるべき!現時点でも最強クラス、将来はもっと強くなるかも【ポケモンGO 秋田局】

  7. 「わたぼう」のこころはグレードアップ禁止!Aのままで回復役2人に付けたほうが、現状は活躍できる【ドラクエウォーク 秋田局】

  8. 日本人選手初の快挙、賞金2200万円を獲得!『クラロワ』世界一プレイヤーを決める「クラロワリーグ 世界一決定戦2021」でMugi選手が優勝

  9. 『カウンターサイド』並行世界を題材としたシナリオは考察しがいアリ! 運営ディレクターが語る注目ポイント

  10. 『ウマ娘』ビワハヤヒデが“地獄の背走サンタ”に!? 「うまよん」ネタ逆輸入にファン歓喜

アクセスランキングをもっと見る