人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、4K対応スイッチめぐるメディア報道を否定―開発キット提供が報じられるも事実無根

任天堂は、日本時間9月30日に報じられた「任天堂が4K対応のニンテンドースイッチソフトの開発を推進し、そのための開発機材を提供しているかのような趣旨の記事」に対して、事実ではないとコメントしました。

任天堂 Nintendo Switch
任天堂、4K対応スイッチめぐるメディア報道を否定―開発キット提供が報じられるも事実無根
  • 任天堂、4K対応スイッチめぐるメディア報道を否定―開発キット提供が報じられるも事実無根
  • 任天堂、4K対応スイッチめぐるメディア報道を否定―開発キット提供が報じられるも事実無根

任天堂は、日本時間9月30日に報じられた「任天堂が4K対応のニンテンドースイッチソフトの開発を推進し、そのための開発機材を提供しているかのような趣旨の記事」に対して、事実ではないとコメントしました。

報道媒体の明言はありませんが、9月30日6時00分、海外メディア・Bloombergより「ゲーム会社、任天堂スイッチの4K対応ソフトを開発中-キット配布でという記事が公開されています。執筆者は望月崇氏とOlga Kharif氏。

これによれば、「任天堂は7月の新型スイッチの発表前にすでにゲーム会社に4K用の開発キットを配布しており、高解像度に対応するゲームの開発を依頼していた。ゲーム会社11社の社員らは匿名を条件に、4Kに対応するゲームの開発キットを使ったソフトの開発中であることを明らかにした(※一部抜粋)」などと記載。

なお、Bloombergによる4K対応開発キットの複数質問に対し、任天堂は「お問い合わせいただいた内容は、事実ではありません」と回答しているほか、上記の通り改めて否定コメントが公開されています。

Bloombergは今年7月にも「スイッチ(有機ELモデル)が、通常モデルよりも収益性が高まるといった趣旨の報道」を行い、今回のように任天堂が直々の否定コメントを公開しました。

Bloombergは1年以上前からスイッチ関連で様々なニュースを報じていますが、任天堂は相次いで否定。その動きを見るに、厳しい目が向いているのは間違いないでしょう。


《茶っプリン》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 無料でもらえるのに…『ポケモンソード・シールド』色違い「ザシアン」「ザマゼンタ」のシリアルコード転売が相次ぐ【要注意】

    無料でもらえるのに…『ポケモンソード・シールド』色違い「ザシアン」「ザマゼンタ」のシリアルコード転売が相次ぐ【要注意】

  2. 『モンハンライズ:サンブレイク』に「マスターランク」実装!新モンスターや強化個体が来るぞ!

    『モンハンライズ:サンブレイク』に「マスターランク」実装!新モンスターや強化個体が来るぞ!

  3. 『ポケモン』色違いの「ザシアン」「ザマゼンタ」をゲットだぜ!『ソード・シールド』でシリアルコード配布開始

    『ポケモン』色違いの「ザシアン」「ザマゼンタ」をゲットだぜ!『ソード・シールド』でシリアルコード配布開始

  4. 色違いの「ザシアン」「ザマゼンタ」が貰える!『ポケモン ソード・シールド』でプレゼントキャンペーン開催決定

  5. 『ドラクエX オフライン』なんとクリア後に「ふっかつのじゅもん」でオンライン版へ引き継ぎ可能!

  6. 衝撃的だった『スマブラSP』ソラ参戦、関連記事まとめ!桜井氏「他のファイターが増えるのとは意味合いが異なる」

  7. 『ポケモンユナイト』アプデで「サンダー」はどう変わった? ついに「サンダーゲー」から脱出か

  8. 「ゾロア・ゾロアーク(ヒスイのすがた)」発表!ノーマル・ゴーストタイプが『ポケモンレジェンズ アルセウス』で初登場

  9. 『あつ森』ダイレクトへの異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めてamiiboカードをポチるようになったか

  10. 『モンハンライズ』「ナルハタタヒメ」討伐クエストが配信開始―強くなって戻ってきた“雷神”と戦おう!

アクセスランキングをもっと見る