人生にゲームをプラスするメディア

「クロスマーケット2」総勢14組の協賛VTuber情報が公開!インサイドちゃんMark2も参戦【開催期間2月20日~28日】

つーちゃんと一緒に記念撮影しよう!

ゲームビジネス VR
「クロスマーケット2」総勢14組の協賛VTuber情報が公開!インサイドちゃんMark2も参戦【開催期間2月20日~28日】
  • 「クロスマーケット2」総勢14組の協賛VTuber情報が公開!インサイドちゃんMark2も参戦【開催期間2月20日~28日】
  • 「クロスマーケット2」総勢14組の協賛VTuber情報が公開!インサイドちゃんMark2も参戦【開催期間2月20日~28日】
  • 「クロスマーケット2」総勢14組の協賛VTuber情報が公開!インサイドちゃんMark2も参戦【開催期間2月20日~28日】
  • 「クロスマーケット2」総勢14組の協賛VTuber情報が公開!インサイドちゃんMark2も参戦【開催期間2月20日~28日】

クロスマーケット運営準備会は、2月20日より9日間に渡って開催されるVRマーケットフェスティバル「クロスマーケット2」に関して、協賛するVTuberの情報を公開しました。

我らがインサイドちゃんMark2(つーちゃん)も参戦が決定しています。

■「Vtuber協賛」一覧
・AUAUA
・朝の姉妹 
・インサイドちゃんMark2
・おきゅたん
・おじきちゃん
・オニャンコポン
・Q対策本部 ANSWER
・議員系Vtuberおぎの稔
・東雲めぐ
・葬儀屋Icotsu
・民安ともえ
・のらきゃっと
・ハピバト!
・桃星愛花

「クロスマーケット2」では12の展示会場の他に、バーチャル空間上に設けられた「エントランス」も存在。ここには「VTuber協賛」のパネルが配置されており、来場者はパネルの横で記念撮影が出来ます。



◆クロスマーケットとは
クロスマーケットは、バーチャル空間内で利用できるアバターやアバター用アクセサリーなど、様々な3Dアイテムをバーチャル空間上で売買できる展示即売会です。

このようなイベントの中には参加にVR機器の他に高価なゲーミングPCが必要なものも多いですが、クロスマーケットは、単体で利用可能でユーザー数も多いVRデバイス Oculus Quest(オキュラスクエスト)シリーズ、またはVRデバイスが無くとも通常のWindows PCのみで気軽に参加できます。

2回目の開催となる今回は、2020年5~6月に開催された前回の2倍を超える146サークルが出展。また日産自動車株式会社や株式会社PFUなど、11社に協賛・企画協力をいただき、Oculus Questシリーズに完全対応したイベントとしては最大級の規模での開催となります。

設営準備中の「エントランス」

◆クロスマーケット2 開催概要 / 連絡先
名称: クロスマーケット2(読み:クロスマーケットセカンド)
主催: クロスマーケット運営準備会
会期: 2021年2月20日(土)~2021年2月28日(日)
会場: ソーシャルVRプラットフォーム「VRChat」内の特設ワールド(バーチャル空間)
公式Twitter: https://twitter.com/cross_market_
《げーまー哲》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【DEVELOPER'S TALK】音楽とゲーム性の融合!『アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く』世界初の楽曲自動生成システムに込める想い

    【DEVELOPER'S TALK】音楽とゲーム性の融合!『アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く』世界初の楽曲自動生成システムに込める想い

  2. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

    【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  3. UDKを使ってみよう!【導入編】・・・「Unreal Japan News」第40回

    UDKを使ってみよう!【導入編】・・・「Unreal Japan News」第40回

  4. コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

  5. 日本テレビゲーム商業組合がZ指定作品のガイドラインを策定

  6. ブラウニーブラウンのプロジェクト「GOFUKU」とは?

  7. Havokの最新テクノロジー「Havok Physics」、プレイステーション4向けに提供

  8. インディー開発者の支援を目的とするオンライン事業支援プログラム「iGi」発足! 講師には『サクナヒメ』のえーでるわいす等が参加

  9. 『フェイブル:ザ・ジャーニー』Unrealで描くKinectを使った新たなフェイブルの世界・・・「Unreal Japan News」第55回

  10. サイバーコネクトツー松山社長、新年の挨拶は動画で!オリジナル新作を3本制作中

アクセスランキングをもっと見る