人生にゲームをプラスするメディア

世界最大のゲーム会社は中国・テンセント 今年上半期のトップ25はアジア勢が存在感

ゲームビジネス 市場

NewZooの発表資料
  • NewZooの発表資料
  • 中国ゲームショウでのテンセントブース
ゲーム専門の調査会社であるNewZooは最新の調査レポートで、世界最大のゲーム会社(上場企業)は中国のテンセントであることを報告しました。2位以下は米国のエレクトロニック・アーツ、アクティビジョン・ブリザード、日本のソニーと続きます。

この調査は上場企業を対象に、世界のトップ25のゲーム会社を2014年上半期で集計したもの。上位25社の売上高の合計は250億ドル、前年度から比べて17%の伸びとなりました。

トップのテンセントは中国のオンラインサービス最大手。近年はゲーム事業にも力を入れ、オンラインゲームやスマホゲームを中心に多数のゲームをサービスしています。さらに、世界的に人気の高い『League of Legends』のRiot Gamesを傘下に置くほか、Unreal EngineのEpic Gamesへの出資でも注目されました。

アジア企業の躍進が続いて、トップ25に占めるアジア企業の割合は49%。ソフトバンクによるスーパーセルの買収やアリババによるKabamへの出資など、M&Aの場面でもアジア企業の存在感が高まっているとNewZooは述べています。

上半期は次世代ゲーム機の貢献も減り、ここ数年急速な成長を遂げた企業も多いため、成長率という意味では落ち着いていくのではないかとNewZooは予測しています。トップ25は以下の通り。

1. テンセント (中国) +40%
2. エレクトロニック・アーツ (米国) +8%
3. アクティビジョン・ブリザード (米国) -12%
4. ソニー (日本) +20%
5. マイクロソフト (米国) -1%
6. アップル (米国) +64%
7. グーグル (米国) +111%
8. King.com (英国) +87%
9. ガンホー・オンライン・エンターテイメント (日本) +29
10. ネクソン (韓国) +6%
11. 任天堂 (日本) -2%
12. ユービーアイソフト (フランス) +114%
13. NetEase (韓国) +9%
14. ディー・エヌ・エー (日本) -31%
15. スクウェア・エニックス (日本) +45%
16. グリー (日本) -19%
17. ディズニー (米国) +42%
18. コナミ (日本) -3%
19. フェイスブック (米国) +10%
20. バンダイナムコゲームス (日本) +15%
21. NCソフト (韓国) +6%
22. セガ (日本) +10%
23. Changyou (中国) 0%
24. ジンガ (米国) -35%
25. テイク・ツー・インタラクティブ (米国) -27%

※最後の%は前年同期と比較した成長率
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『マリオテニス エース』『New ガンダムブレイカー』『The Lost Child』『Minecraft』『Musynx』他

    今週発売の新作ゲーム『マリオテニス エース』『New ガンダムブレイカー』『The Lost Child』『Minecraft』『Musynx』他

  2. 英国人が選ぶ好きなゲームキャラ、一位は「ソニック」

    英国人が選ぶ好きなゲームキャラ、一位は「ソニック」

  3. VRは次のステップへ。さらなる進化を。SIEWWS吉田プレジデントインタビュー【E3 2018】

    VRは次のステップへ。さらなる進化を。SIEWWS吉田プレジデントインタビュー【E3 2018】

  4. EA、次世代ワールドホビーフェア09 Summer出展タイトル公開!『少年鬼忍伝 ツムジ』など

  5. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  6. 【CEDEC 2010】ゲーム開発を民主化する「Unity」日本市場にも注目

  7. 【闘会議2015】前代未聞の筋トレ用アニメ「いっしょにとれーにんぐ」がゲーム化か?制作会社が開発者を募集

  8. 元MS幹部ドン・マトリック氏がZynga代表を辞任―創設者からは労いのコメントも

  9. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  10. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

アクセスランキングをもっと見る