人生にゲームをプラスするメディア

『Ghost of Tsushima』我が名は“接吻侍”!異国からの脅威に慈愛の精神で立ち向かう武士、尖らせた唇の先にあるのは生か死か

「助けて、接吻侍!」民の声がある限り、彼は今宵も唇を尖らせる…!

ソニー PS4
『Ghost of Tsushima』我が名は“接吻侍”!異国からの脅威に慈愛の精神で立ち向かう武士、尖らせた唇の先にあるのは生か死か
  • 『Ghost of Tsushima』我が名は“接吻侍”!異国からの脅威に慈愛の精神で立ち向かう武士、尖らせた唇の先にあるのは生か死か
  • 『Ghost of Tsushima』我が名は“接吻侍”!異国からの脅威に慈愛の精神で立ち向かう武士、尖らせた唇の先にあるのは生か死か
  • 『Ghost of Tsushima』我が名は“接吻侍”!異国からの脅威に慈愛の精神で立ち向かう武士、尖らせた唇の先にあるのは生か死か
  • 『Ghost of Tsushima』我が名は“接吻侍”!異国からの脅威に慈愛の精神で立ち向かう武士、尖らせた唇の先にあるのは生か死か
  • 『Ghost of Tsushima』我が名は“接吻侍”!異国からの脅威に慈愛の精神で立ち向かう武士、尖らせた唇の先にあるのは生か死か
  • 『Ghost of Tsushima』我が名は“接吻侍”!異国からの脅威に慈愛の精神で立ち向かう武士、尖らせた唇の先にあるのは生か死か
  • 『Ghost of Tsushima』我が名は“接吻侍”!異国からの脅威に慈愛の精神で立ち向かう武士、尖らせた唇の先にあるのは生か死か
  • 『Ghost of Tsushima』我が名は“接吻侍”!異国からの脅威に慈愛の精神で立ち向かう武士、尖らせた唇の先にあるのは生か死か

本日7月17日、注目の期待作『Ghost of Tsushima』がいよいよ発売されました。タイトルが発表されてから、約3年。この日が待ち遠しかった読者も多いことでしょう。

『Ghost of Tsushima』最大の魅力は、プレイヤー自身が“時代劇”の中に入ってしまったかのような世界観。特に画面全体に白黒フィルターを適用させる「黒澤モード」をONにすると、その雰囲気はグッと増します。ひたすら渋くて、カッコ良い…!


さらにフォトモードを起動すれば、天気や時間、雲の位置まで細かく調整可能です。アクションやストーリーももちろん面白いのですが、このフォトモードだけでドンブリ飯3杯レベルでやりこめること間違い無しです。

筆者もフォトモードの魅力にハマった一人。場面に合わせて主人公「境井仁」の表情をあれやこれやと弄ってたところ、1つの単語に目が止まります。


「…接吻?」

接吻(せっぷん)あるいは口づけ(英語: kiss キス / キッス])とは、唇を相手の頬・唇などに接触させ、親愛・友愛・愛情などを示すこと。チューとも言う。
※ウィキペディア(Wikipedia)より引用





やあやあ、我が名は“接吻侍”!
※これ以降、主人公「境井仁」の表情を「接吻」にしたフォトモードのスクリーンショットが続きます。

対馬を守るため、戦え!接吻侍



説明しよう。対馬を、そして民を守る為に立ち上がった正義の武士。例え相手が異国から来た鬼畜であろうと、慈愛の精神で接することを忘れない。それが接吻侍である!




敵と相対したらまず、接吻。通じぬと判断したら、斬る。それが接吻道。



接吻侍は若き頃から、厳しい修行に耐えてきました。どんなに痛くても、どんなに辛くても常に接吻だけは忘れません。



その果てに得た力は、まさに本物。対馬で暴れ回る蒙古兵士を次々と斬り伏せます。本当は接吻で分かり合いたかった。そんな悲しみが、彼の表情から伝わってきますね…。


接吻の対象は敵だけではありません。味方はもちろん、馬もまた愛すべき対象です。ああ、心やさしきかな、接吻侍。


まさに今、一騎打ちが動きだそうかという時。相手と視線が交錯した瞬間に、唇を尖らせる接吻侍。わかりあえ…いや、ダメか。


そして今宵もまた、悲しみの赤い雨が降ります。小さく空いた唇の隙間から、ふぅと息を吐く接吻侍。彼は今、何を思うのでしょう。


とか言ってたら、接吻侍が超ピンチです。立って…!立ち上がってくれ!接吻侍!


嗚呼…、接吻さむらああああいいいいい!!



この通り、『Ghost of Tsushima』のフォトモードは相当遊べます。シリアスな展開が続く本作ですが、心が少し重くなったらフォトモードで息抜きしてみるのも良いでしょう。接吻侍は常に、あなたの味方です。

※注:なお、『Ghost of Tsushima』の主人公「境井仁」は非常に実直な人間です。なりふり構わず接吻することはありません。
《ねんね太郎》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『原神』新イベントで「グゥオパァー」が話題沸騰!会話背景で自由気ままに行動―旅人達をメッロメロに

    『原神』新イベントで「グゥオパァー」が話題沸騰!会話背景で自由気ままに行動―旅人達をメッロメロに

  2. 「PS5」の販売情報まとめ【9月27日】─「ゲオ」が新たな抽選受付を開始、『鬼滅の刃』セットも用意

    「PS5」の販売情報まとめ【9月27日】─「ゲオ」が新たな抽選受付を開始、『鬼滅の刃』セットも用意

  3. リメイク版『月姫』を遊んでおきたい3つの理由ー「タイトルだけ知ってる」で終わらせるには、あまりにも惜しい…!

    リメイク版『月姫』を遊んでおきたい3つの理由ー「タイトルだけ知ってる」で終わらせるには、あまりにも惜しい…!

  4. 筆者はいかにしてPS5を手に入れたのか ─ PS5を入手する3つの方法と入手確率アップの法則【GW特集】

  5. Amazonにて『グランツーリスモ7』予約開始─2022年3月4日発売、サントラなどが付属する数量限定版も登場

  6. 『うみねこのなく頃に』と戦国メイドカフェ「もののぷ」がコラボ、コミケ情報も

  7. 「配達員にパクられました」―AmazonでPS5を購入完了したはずが…ひとりのゲームファンに起こった悲劇

  8. 『テイルズ オブ アライズ』史上最速で100万本突破!その快挙に富澤Pやアルフェン役・佐藤拓也さんも反応

  9. 『テイルズ オブ アライズ』絢香さんが名曲「Hello, Again~昔からある場所~」 をカバー!新CMを先行公開

  10. グラの綺麗さ=リアルさではないー『テイルズ オブ アライズ』における“絵画的表現”の美学

アクセスランキングをもっと見る