人生にゲームをプラスするメディア

『Ghost of Tsushima』我が名は“接吻侍”!異国からの脅威に慈愛の精神で立ち向かう武士、尖らせた唇の先にあるのは生か死か

「助けて、接吻侍!」民の声がある限り、彼は今宵も唇を尖らせる…!

ソニー PS4
『Ghost of Tsushima』我が名は“接吻侍”!異国からの脅威に慈愛の精神で立ち向かう武士、尖らせた唇の先にあるのは生か死か
  • 『Ghost of Tsushima』我が名は“接吻侍”!異国からの脅威に慈愛の精神で立ち向かう武士、尖らせた唇の先にあるのは生か死か
  • 『Ghost of Tsushima』我が名は“接吻侍”!異国からの脅威に慈愛の精神で立ち向かう武士、尖らせた唇の先にあるのは生か死か
  • 『Ghost of Tsushima』我が名は“接吻侍”!異国からの脅威に慈愛の精神で立ち向かう武士、尖らせた唇の先にあるのは生か死か
  • 『Ghost of Tsushima』我が名は“接吻侍”!異国からの脅威に慈愛の精神で立ち向かう武士、尖らせた唇の先にあるのは生か死か
  • 『Ghost of Tsushima』我が名は“接吻侍”!異国からの脅威に慈愛の精神で立ち向かう武士、尖らせた唇の先にあるのは生か死か
  • 『Ghost of Tsushima』我が名は“接吻侍”!異国からの脅威に慈愛の精神で立ち向かう武士、尖らせた唇の先にあるのは生か死か
  • 『Ghost of Tsushima』我が名は“接吻侍”!異国からの脅威に慈愛の精神で立ち向かう武士、尖らせた唇の先にあるのは生か死か
  • 『Ghost of Tsushima』我が名は“接吻侍”!異国からの脅威に慈愛の精神で立ち向かう武士、尖らせた唇の先にあるのは生か死か

本日7月17日、注目の期待作『Ghost of Tsushima』がいよいよ発売されました。タイトルが発表されてから、約3年。この日が待ち遠しかった読者も多いことでしょう。

『Ghost of Tsushima』最大の魅力は、プレイヤー自身が“時代劇”の中に入ってしまったかのような世界観。特に画面全体に白黒フィルターを適用させる「黒澤モード」をONにすると、その雰囲気はグッと増します。ひたすら渋くて、カッコ良い…!


さらにフォトモードを起動すれば、天気や時間、雲の位置まで細かく調整可能です。アクションやストーリーももちろん面白いのですが、このフォトモードだけでドンブリ飯3杯レベルでやりこめること間違い無しです。

筆者もフォトモードの魅力にハマった一人。場面に合わせて主人公「境井仁」の表情をあれやこれやと弄ってたところ、1つの単語に目が止まります。


「…接吻?」

接吻(せっぷん)あるいは口づけ(英語: kiss キス / キッス])とは、唇を相手の頬・唇などに接触させ、親愛・友愛・愛情などを示すこと。チューとも言う。
※ウィキペディア(Wikipedia)より引用





やあやあ、我が名は“接吻侍”!
※これ以降、主人公「境井仁」の表情を「接吻」にしたフォトモードのスクリーンショットが続きます。

対馬を守るため、戦え!接吻侍



説明しよう。対馬を、そして民を守る為に立ち上がった正義の武士。例え相手が異国から来た鬼畜であろうと、慈愛の精神で接することを忘れない。それが接吻侍である!




敵と相対したらまず、接吻。通じぬと判断したら、斬る。それが接吻道。



接吻侍は若き頃から、厳しい修行に耐えてきました。どんなに痛くても、どんなに辛くても常に接吻だけは忘れません。



その果てに得た力は、まさに本物。対馬で暴れ回る蒙古兵士を次々と斬り伏せます。本当は接吻で分かり合いたかった。そんな悲しみが、彼の表情から伝わってきますね…。


接吻の対象は敵だけではありません。味方はもちろん、馬もまた愛すべき対象です。ああ、心やさしきかな、接吻侍。


まさに今、一騎打ちが動きだそうかという時。相手と視線が交錯した瞬間に、唇を尖らせる接吻侍。わかりあえ…いや、ダメか。


そして今宵もまた、悲しみの赤い雨が降ります。小さく空いた唇の隙間から、ふぅと息を吐く接吻侍。彼は今、何を思うのでしょう。


とか言ってたら、接吻侍が超ピンチです。立って…!立ち上がってくれ!接吻侍!


嗚呼…、接吻さむらああああいいいいい!!



この通り、『Ghost of Tsushima』のフォトモードは相当遊べます。シリアスな展開が続く本作ですが、心が少し重くなったらフォトモードで息抜きしてみるのも良いでしょう。接吻侍は常に、あなたの味方です。

※注:なお、『Ghost of Tsushima』の主人公「境井仁」は非常に実直な人間です。なりふり構わず接吻することはありません。
《ねんね太郎》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. わっちゃわちゃな新作バトロワ、『Fall Guys: Ultimate Knockout』がPS Plusでフリープレイに!予測不能な物理演算が生み出すカオスが癖になる…

    わっちゃわちゃな新作バトロワ、『Fall Guys: Ultimate Knockout』がPS Plusでフリープレイに!予測不能な物理演算が生み出すカオスが癖になる…

  2. 『Ghost of Tsushima』冥人ではなく、武士として蒙古に立ち向かえ! “誉れある武士プレイ”を進めるうえで役立つ「6つの心得」

    『Ghost of Tsushima』冥人ではなく、武士として蒙古に立ち向かえ! “誉れある武士プレイ”を進めるうえで役立つ「6つの心得」

  3. 『Ghost of Tsushima』対馬の人たちは何を食べている? オーソドックスな食べ物から見たことのないものまでズラリ

    『Ghost of Tsushima』対馬の人たちは何を食べている? オーソドックスな食べ物から見たことのないものまでズラリ

  4. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  5. SIE公式配信「State of Play」が8月7日午前5時より放送、初公開のプレイ映像や『クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース』新情報も

  6. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  7. PS5に対応するPS4周辺機器の互換性が明らかに、他社製公式ライセンス品も一部利用可能

  8. 『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

  9. 『モンハン:アイスボーン』特殊個体「氷刃佩くベリオロス」がサプライズ発表! 今秋には第5弾の大型アップデートも

  10. 『新サクラ大戦』はメガネっ娘不在?そんなわけで李紅蘭を振り返ってみる

アクセスランキングをもっと見る