人生にゲームをプラスするメディア

『FF14』今年のエッグハントはウサギになれる!映えるスポットを求めて、エオルゼアを西へ東へ大冒険

年に一度のお祭「エッグハント」を最高に満喫するウサギのレポートです!

ソニー PS4
『FF14』今年のエッグハントはウサギになれる!映えるスポットを求めて、エオルゼアを西へ東へ大冒険
  • 『FF14』今年のエッグハントはウサギになれる!映えるスポットを求めて、エオルゼアを西へ東へ大冒険
  • 『FF14』今年のエッグハントはウサギになれる!映えるスポットを求めて、エオルゼアを西へ東へ大冒険
  • 『FF14』今年のエッグハントはウサギになれる!映えるスポットを求めて、エオルゼアを西へ東へ大冒険
  • 『FF14』今年のエッグハントはウサギになれる!映えるスポットを求めて、エオルゼアを西へ東へ大冒険
  • 『FF14』今年のエッグハントはウサギになれる!映えるスポットを求めて、エオルゼアを西へ東へ大冒険
  • 『FF14』今年のエッグハントはウサギになれる!映えるスポットを求めて、エオルゼアを西へ東へ大冒険
  • 『FF14』今年のエッグハントはウサギになれる!映えるスポットを求めて、エオルゼアを西へ東へ大冒険
  • 『FF14』今年のエッグハントはウサギになれる!映えるスポットを求めて、エオルゼアを西へ東へ大冒険
こんにちは。光の戦士・森野です。

ファイナルファンタジーXIV』において、今年も「エッグハント」がはじまりましたね!

そもそも「エッグハント」とは、『FF14』において毎年この時期に開催されるイースターのイベントで、過去のイベント報酬ではイースターにちなんだ様々なアイテムがもらえるものでした。そして先述の通り、今年の報酬は……


ウサギになれちゃうのです!しかも染色できる。早速、筆者がウサギを飼うなら「これ!」と決めているネザーランドドワーフ風の色にしてみました。さて、せっかくウサギになったわけですし、ウサギ生活を謳歌したい……!

そこで今回は、エオルゼアのオススメ風景を紹介しながら、大自然に溶け込む大きなウサギの姿をお送りしたいと思います。種族の都合上、みんなよりサイズが大きくたって、仁王立ちだからって気にしない。

【フィールド編】まずはウサギ映えオススメの風景6選をご紹介!



◆オススメポイント1「イル・メグ」


まずは「漆黒のヴィランズ」より追加されたこの「イル・メグ」をご紹介。ここは妖精の棲む国で、どこかおとぎ話のような雰囲気があります。まさにウサギにうってつけのマップですね。


どこで写真を撮っても映える……かと思いきや、お花畑の一部は丈が高く、座ってしまうと「私はどこにいるでしょうか!?」状態で、ただの風景画になってしまいました。みなさまはウサギがどこにいるか、わかりますか?

◆オススメポイント2「黒衣の森:東部森林」


続いては「黒衣の森:東部森林」です。ここは「新生エオルゼア」のマップなので、ゲームを開始したばかりのプレイヤーでも比較的辿り着きやすい場所です。


ここにはシルフ領と、シルフの仮宿があります。マップ深部のシルフ領まで進んでしまうと独特の怪しげな世界に突入してしまうので、この仮宿あたりが一番メルヘンチックな雰囲気でオススメですね。

◆オススメポイント3「ドラヴァニア雲海」


お次は「蒼天のイシュガルド」で訪れることのできるマップです。マップに入ってすぐ、モーグリの住処「モグモグホーム」があります。この「モグモグホーム」こそ、今回の撮影地です。


近くにいたモーグリと戯れてみました。静止画なので音をお届けできないのが残念ですが、このモグモグホームではその名の通りたくさんのモーグリがいるため、モーグリ特有の「ポワーン」という音が絶え間なく聞こえます。なんとも不思議な気持ちになります。

◆オススメポイント4「レイクランド」


「イル・メグ」に続いて、「漆黒のヴィランズ」からのマップです。このマップでは、薄紫色の木がたくさん自生しています。まるで花が咲いているようで、とても綺麗ですね。さらにその奥には「クリスタリウム」を臨むことができ、こちらもまた童話の世界のような風景が楽しめます。


比較的大きな木の上に登ってみました。ウサギが小さく見えて良いですね。ただ残念だったのが、場所やポーズを決めている間に霧が出てきてしまったために、本来この奥に見えるはずの「クリスタリウム」ががっつり隠れてしまった点です。ですが、この霧がかった状態もこれはこれでまた格別ですね。

なお、この「レイクランド」には他にも高台がたくさんあるので、ヒカセンお気に入りの場所を見つけてみても良いかもしれません。

◆オススメポイント5「ヤンサ」


こちらは「紅蓮のリベレーター」からのマップです。アジア感のあるこの「ヤンサ」には「梅泉郷」という場所があります。その名の通り梅や桜の咲くここもオススメスポットのひとつです。


筆者が訪れたのは夜だったので、夜桜(夜梅?)が楽しめました。ウォータースプライトが良いアクセントになっています。高山に囲まれたこの「梅泉郷」は、風脈の泉を全て解放しないと訪れることのできない場所です。解放した暁にはウサギ姿でなくても、是非訪れてみてください。

◆オススメポイント6「アジス・ラー」


今までは大自然に溶け込むウサギを紹介してきましたが、敢えて自然とは程遠い場所に来てみました。


淀んだ空に機械的な島などが点在し、ただならぬ雰囲気を纏うこの「アジス・ラー」。ここに立つのは光の戦士ならぬ、光のウサギ。武器を構えると、ちょっとカッコいいウサギに見えてきませんか?ここでなら仁王立ちも許されそうです。

【ダンジョン編】こんな所にも行ってみた!ウサギの探究心はとまらない!


◆オススメダンジョン1「財宝伝説 ハルブレーカー・アイル」


このウサギ姿で訪れることができるのは、フィールドだけに留まりません。行こうと思えばダンジョンだって行けちゃうのです。


まずご紹介するのは「財宝伝説 ハルブレーカー・アイル」です。自然の中を進んでいくようなダンジョンです。このダンジョンの2体目のボス「ショールム」を倒した後に訪れる、この船を見下ろす風景。ウサギ映えか少し悩む所ではありますが、風景として美しいオススメポイントです。

◆オススメダンジョン2「流砂迷宮 カッターズ・クライ」


こちらはその名の通り、流砂のあるダンジョンです。最初のボス「ミュルミドン・プリンセス」を倒した後のマップから、砂漠に棲むウサギ……ということで、オアシスで休んでみました。


水浴びしている感じの写真が撮れました。バタ足したいと思いましたが、そもそもウサギはバタ足するのでしょうか。

以上、ダンジョン編をお送りしました。どのダンジョンもロケーションが素晴らしいものばかりのため、全部紹介したいくらいなのですが、とりあえず「新生エオルゼア」で行けるダンジョンをご紹介しました。

おまけ「ウサギがたった1匹で、極タコタンに挑んでみた」


さて、エオルゼアの景色を一通りご紹介してみましたが、最後に小さなウサギが大きな敵にたった1匹で立ち向かうということで、バトルにも挑戦してみました。

お相手は「タコタン」の愛称でおなじみの「タイタン」です。人数制限解除とはいえ、ソロで挑んだことがないためとても不安です。とりあえず比較的慣れている占星術師で挑んでみることに……極だけど回復もできるし、なんとかなるだろう!

いざ、参る!

落ちなきゃいいんだ……落ちなければ……!
(落ちたら最初からやり直しになります)


やったー倒したぞー!ちなみに、ヒーラーでもカンストしていれば全く問題ありませんでした。ただ、ひとりだと拘束されてしまうので、少し時間はかかりますね。火力があればそのフェーズも飛ばせるかもしれません。



今回は、ウサギ姿で映える景色を探してみたり、蛮神に挑んでみたりしてみました。エオルゼアには素晴らしい風景がたくさん存在しますので、ウサギ姿でなくても、きっと良い写真が撮れるのではないでしょうか。ストーリーを進めていて少し休憩したくなったり、全ジョブカンストしてやることがなくなってしまったら、エオルゼア観光はオススメです。

しかしこのウサギ姿……どんどん癖になってきます。とにかく可愛い。しばらくは脱げなさそうです。「エッグハント」は4月13日まで開催していますので、イベントに参加して報酬をたくさんゲットしても良いですね。

PS4/PC『ファイナルファンタジーXIV』は、月額課金制で配信中です。
《森野べぼ》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

    リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  2. PS5ローンチタイトル発表イベントが延期…今はお祝いの時ではない【UPDATE】

    PS5ローンチタイトル発表イベントが延期…今はお祝いの時ではない【UPDATE】

  3. 『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

    『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

  4. 『The Last of Us Part II』で痛々しく描かれる「暴力」が伝えるものとは……共同ディレクターにインタビュー

  5. 『FF7 リメイク』クラウドのカッコいい&かわいいセリフ10選! よく観察するとクラウドの本性が見える?

  6. 『モンハン:ワールド』もうキャンプ送りはイヤだ! 初心者がモンスターを狩るための10ヶ条【特集】

  7. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  8. 「PS5での登場に期待する新作ソフトは?」結果発表―最も回答を集めたのは『FF』シリーズ!『アーマードコア』など名作復活を望む声も【アンケート】

  9. ゲームの未来を再定義する……PS5のローンチタイトル発表イベント6月5日午前5時放送決定!

  10. 歴代FFシリーズでもっとも「イイ!」男、オルシュファンの話をしよう─「キャラクター部門」12位に輝いた我が友は『FF14』随一の騎士に相違ない

アクセスランキングをもっと見る