人生にゲームをプラスするメディア

『星のカービィ64』本日3月24日で20周年─シリーズ初の3D作品は「コピー能力ミックス」で大暴れ!

「コピー能力ミックス」でゲーム性が広がった『星のカービィ64』。今遊ぶならば、Wii Uでのプレイがお勧めです。

その他 特集
『星のカービィ64』本日3月24日で20周年─シリーズ初の3D作品は「コピー能力ミックス」で大暴れ!
  • 『星のカービィ64』本日3月24日で20周年─シリーズ初の3D作品は「コピー能力ミックス」で大暴れ!
  • 『星のカービィ64』本日3月24日で20周年─シリーズ初の3D作品は「コピー能力ミックス」で大暴れ!
  • 『星のカービィ64』本日3月24日で20周年─シリーズ初の3D作品は「コピー能力ミックス」で大暴れ!

曲線を主体とした可愛らしいデザインや、敵を吸い込む意外性のあるアクションなど、様々な魅力で人気を博している「カービィ」。『星のカービィ』シリーズやその派生作で主人公を務め、30年近く活躍し続けています。

シリーズ一作目となる『星のカービィ』が1992年に登場して以来、毎年のようにカービィが登場する作品は作られており、その流れは現在も同様です。昨年だけでも、『毛糸のカービィ プラス』と『スーパーカービィハンターズ』をリリース。可愛らしい人気者は、今もゲーム業界の最前線を走っています。

ゲームボーイ向けにデビューを果たし、時代に合わせてプラットフォームを変え、新たな表現や特徴が加わっていったカービィ。その変革期のひとつとして、『星のカービィ64』の存在も外せません。ニンテンドウ64向けに登場した本作はシリーズ初となる3D作品で、見た目はもちろん演出なども大きな変化を見せました。

この『星のカービィ64』が発売されたのは、2000年3月24日。本日でちょうど20周年を迎えました。この記念日を祝い、本作の特徴や魅力を振り返ってみたいと思います。

◆カービィのコピー能力に「ミックス」を追加! 全35種類のコピー能力で大暴れ



作品によってジャンル自体が異なる場合もありますが、『星のカービィ』シリーズは横スクロールのアクションゲーム作品が数多く、『星のカービィ64』も同様。ですが、3D化を実現させたことで、螺旋状に進むエリアや奥行きを行かした演出など、立体を行かした構成が組み込まれました。

演出面にも力を入れるのは『星のカービィ』シリーズ全体の特徴でもありますが、立体的な描写を盛り込んだ『星のカービィ64』は、本シリーズに新たな風を呼び込み、ユーザーに驚きと刺激を提供しました。

また、変化を遂げたのは見た目だけではありません。敵を吸い込み、能力を一時的にコピーする「コピー能力」についても新要素を追加。本作では、2種類のコピー能力を組み合わせる「コピー能力ミックス」が採用されました。

カービィがコピー能力を使い出したのは、2作目に当たる『星のカービィ 夢の泉の物語』から。今ではすっかりカービィの代名詞と言えますし、『星のカービィ64』もシリーズ6作目に当たるので、当時も定番の能力として認知されていました。「バーニング」や「スパーク」、「カッター」などのコピー能力を、状況に合わせて使い分けて進む楽しさは、『星のカービィ』シリーズが持つ魅力のひとつ。例えば『星のカービィ スーパーデラックス』では、多数のコピー能力が用意されたほか、ひとつのコピーで複数の技が使えました。


そして『星のカービィ64』に用意された「コピー能力ミックス」は、これまで単体として使用されてきたコピー能力に、新たな可能性を付加。「バーニング」と「ストーン」を組み合わせれば火山弾を放つ攻撃ができますし、「ニードル」と「スパーク」ならば、避雷針となって落雷で敵にダメージを与える、といった能力に変化します。

本作でコピーできる能力の数は7種類ながらも、この「コピー能力ミックス」を活用すれば、更に28種類のコピー能力を使うことが可能に。多彩なコピー能力の中から自分好みの技を見つける醍醐味も、『星のカービィ64』ならではの楽しさです。

デデデ大王やワドルディなどがサポートキャラとして登場し、やり甲斐のあるミニゲームも複数搭載。シリーズの生みの親である桜井政博氏が本作のデデデ大王の声を担当するなど、ゲーム自体の面白さから意外な小ネタまで、サービス精神が詰まっている『星のカービィ64』。BGMも秀逸なので、興味がある方はぜひ直接プレイしてみてください。

ちなみに『星のカービィ64』は、オリジナル版だけでなく、バーチャルコンソールソフトとしても登場済み。Wii向けの配信は残念ながら終わってしまいましたが、Wii U版は現在も配信中なので、Wii Uでのプレイがお勧めです。

令和に入っても関連作を展開、『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズでもレギュラー出演を果たし、今も高い人気を誇るカービィ。変わらぬ人気者が、新たなコピー能力を披露した『星のカービィ64』を、今改めて遊んでみてはいかがでしょうか。




【関連記事】
『カスタムロボ』本日12月8日で20周年─プラモをカスタムして操作するなんて、面白くないわけがない! 「友達と」「兄弟で」など読者の記憶にも残る名作
『大乱闘スマッシュブラザーズ』本日1月21日で20周年! 対戦アクションの大人気シリーズはNINTENDO64で幕開け
『ゼルダの伝説 時のオカリナ』本日11月21日で20周年! 3Dゼルダの幕開けにユーザーが“Z注目”
『F-ZERO X』本日7月14日で20周年─参加マシンは最大30台! 超高速レースで凌ぎを削り合うスピード感が格別な一本
ロムカセット版『平成 新・鬼ヶ島』20周年! ほっこり和む“ごった煮系おとぎ話ADV”で鬼退治のお供たちを掘り下げる
『スーパーファミコンウォーズ』本日20周年! “母ちゃんたちには内緒にしたい”名作SLGを振り返り─今遊ぶ方法もチェック
『星のカービィ3』、本日3月27日で20周年─そして懐かしの相棒“グーイ”が帰ってくる!
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

    【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  2. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】無人島から離れられない

    【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】無人島から離れられない

  3. なぜ『聖剣伝説3』のリースは20年以上愛されているのか?―その魅力ポイントを解説【特集】

    なぜ『聖剣伝説3』のリースは20年以上愛されているのか?―その魅力ポイントを解説【特集】

  4. 【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

  5. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE 』case58「コクーン殺人事件 その2」

  6. 【コスプレ】「魔女の宅急便」キキの美女レイヤーまとめ 「金ロー」放送記念【写真11枚】

アクセスランキングをもっと見る