人生にゲームをプラスするメディア

『トルネコ』や『シレン』が好きな人にとって『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』は実際どうなの?ローグライク好きなら遊ばないともったいない!

トルネコやシレンが好きなら、ポケダンも楽しめるはず…!

任天堂 Nintendo Switch
『トルネコ』や『シレン』が好きな人にとって『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』は実際どうなの?ローグライク好きなら遊ばないともったいない!
  • 『トルネコ』や『シレン』が好きな人にとって『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』は実際どうなの?ローグライク好きなら遊ばないともったいない!
  • 『トルネコ』や『シレン』が好きな人にとって『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』は実際どうなの?ローグライク好きなら遊ばないともったいない!
  • 『トルネコ』や『シレン』が好きな人にとって『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』は実際どうなの?ローグライク好きなら遊ばないともったいない!
  • 『トルネコ』や『シレン』が好きな人にとって『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』は実際どうなの?ローグライク好きなら遊ばないともったいない!
  • 『トルネコ』や『シレン』が好きな人にとって『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』は実際どうなの?ローグライク好きなら遊ばないともったいない!
  • 『トルネコ』や『シレン』が好きな人にとって『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』は実際どうなの?ローグライク好きなら遊ばないともったいない!
  • 『トルネコ』や『シレン』が好きな人にとって『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』は実際どうなの?ローグライク好きなら遊ばないともったいない!
  • 『トルネコ』や『シレン』が好きな人にとって『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』は実際どうなの?ローグライク好きなら遊ばないともったいない!
2020年3月6日に発売を迎えたニンテンドースイッチ『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』(以下、『ポケダンDX』)。本作は2005年発売の『ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊・青の救助隊』をベースとしつつ、様々な要素を追加してより遊びやすくしたリメイク作品です。

筆者は『トルネコの大冒険 不思議のダンジョン』や『不思議のダンジョン 風来のシレン』、その派生作品である『不思議のダンジョン 風来のシレン外伝 女剣士アスカ見参!』といったタイトルが大好きです。何度も理不尽な目に遭いながらも、「次こそは…!」の精神でいくつものダンジョンに挑んできました。

まだまだプレイは雑で上級者には程遠い腕前ですが、DC版『アスカ』の「白蛇島」や、PS2版『トルネコ3』の「異世界の迷宮」(※親父編)はクリアしたので、ある程度の知識と経験はあるはず。ただ、「ポケモン不思議のダンジョン」シリーズは、これまで縁が無くて遊べていませんでした。

本記事ではそんな筆者が、『ポケダンDX』を約10時間&攻略情報の閲覧無しでプレイした手触りを述べたいと思います。

「シレンやトルネコは好きなんだけど、ポケモンってどうなんだろう?」

そう感じている方々にとっての参考にになれば幸いです。


通常攻撃がポケモンの技になっているのが新鮮



一般的な「不思議のダンジョン」シリーズは、攻撃ボタンを押すとキャラクターが通常攻撃を行います。その際、装備している武器によって2マス以上先に届いたり、前方3方向に攻撃範囲が広がったりしますが、基本的には正面1マスのみダメージが与えられるものとなります。

しかし『ポケダンDX』では、操作するポケモンそれぞれが技を持っており、その効果も正面1マスにダメージを与えるという基本的なものから、ステータス異常や能力低下を引き起こすサポート系、遠距離攻撃などがあり実に多彩。さらに各ポケモンや技には“タイプ”があり、“くさ”ポケモンに対して“ほのお”タイプの技を当てるとダメージが増すといった、本家『ポケモン』らしさもしっかりと表現されています。

遠距離攻撃がとにかく便利!

ただしそれらの技には回数制限があり、使い切ると「ピーピーリカバー」等の専用アイテムで回復させる必要があります。探索中はこれらの携帯が欠かせませんが、持ちすぎると道具箱を圧迫してしまうのが悩みどころ。食料やその他補助アイテムの確保も考慮しなくてはなりません。

ピーピーリカバーは大事だけど、持ちすぎると食料や他のアイテムが持ちきれない…。

各ポケモンが持つ技はどれも強力ではありますが、(序盤はともかく)決して“ヌルゲー”にはなっていません。しっかりと「不思議のダンジョン」ならではの歯ごたえが感じられました。


戦闘は基本的に数的有利だけど、盾が無いからめっちゃ減る



『トルネコ』や『シレン』をプレイする際、筆者は「盾(防具)を早い段階で固くする」ということに重点を置いていました。敵を倒す際、攻撃に必要な確定数が変わらない限り、武器よりも盾の合成を優先すべきであり、そのほうが結果的に被ダメージが減り、満腹度やアイテムの消耗も抑えられると考えているからです。

『ポケダンDX』の場合、武器や盾を装備させるという概念がありません。一部、“バンダナ”や“リボン”という装備品があるのですが、これは『トルネコ』や『シレン』でいう“指輪”、“腕輪”に近い効果を持っており、ダメージ軽減は期待できなさそう。



そのため敵から攻撃を受けると、そのダメージ一発が非常に重たく感じました。タイプの弱点を突かれると2~3発でやられるくらいの痛さです。感覚で言うと、『トルネコ3』の“ポポロ異世界”がイメージに近いかもしれません。


その分、『ポケダンDX』は基本的に複数のキャラクターと一緒になって冒険するシステムが取られているため、敵とのタイマン勝負は圧倒的にこちらが有利です。加えて遠距離攻撃が可能な技を駆使すれば、ノーダメージで戦闘が終わることも少なくないでしょう。

攻撃を喰らえば痛いけど、先手必勝なら被害は少ない。そんな状況なので、必然的に索敵に重点を置いたプレイになります。筆者がプレイしているのはまだ序盤であり、フロア内のアイテムと敵の位置が分かる“透視”状態なのでまだ楽ですが、この先ストーリーが進んで透視が解除されるようなことがあれば、恐る恐る歩みを進めていく「不思議のダンジョン」ならではのドキドキが楽しめるのではと期待しています。

この世界にどんなダンジョンが眠っているのか、ワクワクします。

ポケモンを知らなくても「不思議のダンジョン」は楽しい!




『ポケダンDX』に登場するポケモンは人間のように言葉をしゃべるという、本作ならではの大きな特徴があります。そのため、『ポケットモンスター ソード・シールド』のようないわゆる本編シリーズのプレイ経験が無くともまったく問題なし。極端な話、「ピカチュウ」くらいしか知らなくても、ストーリーはしっかりと楽しめるでしょう。


とはいえ本作はその名の通り、「ポケモン」にスポットライトを当てた「不思議のダンジョン」であり、ポケモン好きな人が楽しめるように作られているのも確か。好みのポケモンが仲間になった時には、ついつい「ゲットだぜ!」と叫びたくなりますし、普段より良くも悪くも人間っぽいポケモンを見て、「こんなことも言うんだ」なんて発見があったりするのも楽しいです。

思わず「確かに」と呟いてしまった衝撃のシーン。

可愛すぎる…!

冒頭述べた通り、筆者のプレイ時間は約10時間程ですが、今の所非常に楽しく遊べています。道中、「コノハナ」というポケモンがフロア全体攻撃をしてパーティを半壊させた時は、思わず昼食のパスタが鼻から飛び出ましたが、同時に「不思議のダンジョンはこうでなくちゃ」という妙な高揚感を覚えました。ドMか。でも、“不思議のダンジョン”好きな人って、みんなドMじゃないの?(大いなる偏見)。


『トルネコ』や『シレン』が好きな人にとって、“ポケモンをよく知らない”という理由で『ポケダンDX』をスルーしてしまうのは、非常にもったいないことではないでしょうか。本作は紛れもなく「不思議のダンジョン」であり、シリーズ特有のドキドキとワクワク、そして偶然から生まれる一握りの理不尽が詰まっているように感じます。

ひとつ欲を言うと、ダンジョン探索中に若干の処理落ちを感じる瞬間があるので、今後のアップデート等で改善されると非常に嬉しいです。アクションゲームではないので操作ミス等には繋がりにくいものの、プレイの気持ちよさに直結する部分なので、何卒…ぜひ…!

みんな、ちゃんとお金は払おうね!(所持金が足りて無い)



ニンテンドースイッチ『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』は発売中。無料体験版も配信されています。
《ねんね太郎》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ:サンブレイク』今晩の快適スタートに向けて!約10GBの更新データ、スイッチで配信―調整内容も一挙公開

    『モンハンライズ:サンブレイク』今晩の快適スタートに向けて!約10GBの更新データ、スイッチで配信―調整内容も一挙公開

  2. マツケン“サンバ”ならぬ、サンブレイク!新作『モンハン』CMで上様が、「狩~れ~狩~れ~♪」とご機嫌ソングを披露

    マツケン“サンバ”ならぬ、サンブレイク!新作『モンハン』CMで上様が、「狩~れ~狩~れ~♪」とご機嫌ソングを披露

  3. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  4. 『モンハンライズ:サンブレイク』に『モンハン4』要素あり!?新キャラ「ミネーレ」に噂される“ナグリ村関係者説”

  5. 『モンハンライズ』太刀の操作方法・立ち回りを解説!「特殊納刀」がとにかく熱い、圧倒的な手数で敵を斬れ!【個別武器紹介】

  6. 『ソニックフロンティア』目指したのは「遊べるワールドマップ」!最新情報でゲームシステムが一挙判明

  7. 『モンハンライズ:サンブレイク』操虫棍に新しい「猟虫ボーナス」!爆発を引き起す「粉塵集約」等に「めっちゃいい」とハンター歓喜

  8. 『モンハンライズ』で手っ取り早くHR100を目指す!「バルファルク」を狩りたくてウズウズしてるハンターに送るポイントの稼ぎ方

  9. 『モンハンライズ』ライトボウガンの操作方法・立ち回りを解説ー精密射撃でモンスターを翻弄せよ【個別武器紹介】

  10. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

アクセスランキングをもっと見る