人生にゲームをプラスするメディア

『FE 風花雪月』DLC第4弾「煤闇の章」配信開始!Ver.1.2.0更新データで「レア」とのお茶会も可能に

イラストレーター・末弥純氏による、「灰狼の学級」のメンバーが描かれた大迫力の絵画も公開!

任天堂 Nintendo Switch
『FE 風花雪月』DLC第4弾「煤闇の章」配信開始!Ver.1.2.0更新データで「レア」とのお茶会も可能に
  • 『FE 風花雪月』DLC第4弾「煤闇の章」配信開始!Ver.1.2.0更新データで「レア」とのお茶会も可能に
  • 『FE 風花雪月』DLC第4弾「煤闇の章」配信開始!Ver.1.2.0更新データで「レア」とのお茶会も可能に
  • 『FE 風花雪月』DLC第4弾「煤闇の章」配信開始!Ver.1.2.0更新データで「レア」とのお茶会も可能に
  • 『FE 風花雪月』DLC第4弾「煤闇の章」配信開始!Ver.1.2.0更新データで「レア」とのお茶会も可能に
  • 『FE 風花雪月』DLC第4弾「煤闇の章」配信開始!Ver.1.2.0更新データで「レア」とのお茶会も可能に

任天堂は、ニンテンドースイッチ対応ソフト『ファイアーエムブレム 風花雪月』に関して、追加コンテンツ第4弾「煤闇の章(すすやみのしょう)」の配信を本日2月13日より開始しました。

本編と異なるゲームサイクル「サイドストーリー」として展開される「煤闇の章」では、ガルグ=マクの地下に広がる「アビス」を舞台に、歴史の陰へと消えた伝承を巡る物語が展開。

地上に居場所を失った生徒が行きつく第四の学級「灰狼の学級(ヴォルフクラッセ)」や三学級の生徒たちと共に、謎の襲撃者を始めとする「アビス」の危機に立ち向かいます。


「煤闇の章」の配信を記念し、イラストレーター・末弥純氏による、「灰狼の学級」のメンバーが描かれた大迫力の絵画も公開。油絵となる本絵画には物語の秘密も込められているようで、「彼らの背後に描かれているのは……?その正体は、ぜひあなたご自身が解き明かしてください」とのこと。


さらに、「煤闇の章」をイメージしたA4クリアファイルがマイニンテンドーのギフトに追加されました。上記の絵画をあしらったものと、登場する生徒たちが描かれたものの2種セットとなっています。


また、「煤闇の章」にあわせてVer.1.2.0更新データも配信。「モデル切替」に関する新要素や、「レア」とのお茶会ができるようになります。各種不具合の修正なども行われていますので、下記リンクよりご確認ください。

■Ver.1.2.0更新データ詳細
https://www.nintendo.co.jp/support/switch/software_support/anvya/120.html



『ファイアーエムブレム 風花雪月』は好評発売中。価格は、通常版が6,980円+税、豪華版「フォドラコレクション」が9,980円+税、エキスパンション・パスが2,500円+税、通常DL版+エキスパンション・パスが9,480円+税です。

(C) 2019 Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS Co-developed by KOEI TECMO GAMES CO., LTD.
《茶っプリン》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 「100日後に死ぬワニ」が現実に…?『スマブラSP』のプロになった“ワニの人”

    「100日後に死ぬワニ」が現実に…?『スマブラSP』のプロになった“ワニの人”

  2. 『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

    『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

  3. 「ちいかわ」作者が『Dead by Daylight』に夢中!?“全年齢版ブラボ”の一歩先へ…

    「ちいかわ」作者が『Dead by Daylight』に夢中!?“全年齢版ブラボ”の一歩先へ…

  4. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  5. インサイド編集部&ライターが選んだ「最もハマった3DSのゲーム」

  6. 夏休みに遊びたいニンテンドースイッチ体験版まとめ!最新作から定番タイトルまで10作品を厳選

  7. 水没・汚染・爆破まで!?『Apex』で最も悲惨な土地「キングスキャニオン」を振り返る

  8. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  9. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  10. 『スプラトゥーン2』タコamiiboがおすすめすぎる6つの理由 ─ 今は空前のひれおブーム!

アクセスランキングをもっと見る