人生にゲームをプラスするメディア

「あなたが注目する5月の新作は?」─今月は名作が蘇る! あのホラーシリーズの原点や横スクロールACT、人気漫画の斬新すぎるアレンジ作など【アンケート】

2019年5月は、リメイクや復刻といった名シリーズの新たな展開が集中する月となりました。あなたが注目する作品は、どれでしょうか?

その他 特集
「あなたが注目する5月の新作は?」─今月は名作が蘇る! あのホラーシリーズの原点や横スクロールACT、人気漫画の斬新すぎるアレンジ作など【アンケート】
  • 「あなたが注目する5月の新作は?」─今月は名作が蘇る! あのホラーシリーズの原点や横スクロールACT、人気漫画の斬新すぎるアレンジ作など【アンケート】
  • 「あなたが注目する5月の新作は?」─今月は名作が蘇る! あのホラーシリーズの原点や横スクロールACT、人気漫画の斬新すぎるアレンジ作など【アンケート】
  • 「あなたが注目する5月の新作は?」─今月は名作が蘇る! あのホラーシリーズの原点や横スクロールACT、人気漫画の斬新すぎるアレンジ作など【アンケート】
  • 「あなたが注目する5月の新作は?」─今月は名作が蘇る! あのホラーシリーズの原点や横スクロールACT、人気漫画の斬新すぎるアレンジ作など【アンケート】
  • 「あなたが注目する5月の新作は?」─今月は名作が蘇る! あのホラーシリーズの原点や横スクロールACT、人気漫画の斬新すぎるアレンジ作など【アンケート】

様々な期待作や注目作が毎月登場しており、どの1本を選んで購入するかは毎回悩ましい問題です。基本的には、自身の好みや直感に従うことが多いことと思いますが、時には他の人の意見を参考にしたい場合もあるでしょう。

そこで、毎月発売されるタイトルの中から特に関心を集めているタイトルを独断でピックアップし、「あなたが注目する新作はどれ?」というアンケートを実施しています。今月は、名シリーズのリマスターや移植など、装いが新たとなるタイトルが集中。シリーズファンから注目を集めているのはもちろんのこと、未経験の方が初めてシリーズ作に触れてみるいい機会にもなりそうです。


ゴールデンウィークが終わり、仕事や学業に励む日常が始まりました。その疲れを吹き飛ばしてくれるようなタイトルと、今月も出会いたいものです。あなたが気になっているのは、どの一作でしょうか。実際に購入するかどうかではなく、一番気になるタイトルに票を投じていただければ幸いです。今回の対象は以下の8作品。ご投票、お待ちしております!

◆『イース セルセタの樹海:改』



30年を超えるアクションRPG『イース』シリーズ。ナンバリングタイトルはすでに8作目まで出ており、『イースIX』の発売も決定済みです。そして、ナンバリング最新作のリリースに先駆け、PS Vitaソフト『イース セルセタの樹海』をベースにパワーアップした『イース セルセタの樹海:改』が、今月16日に登場します。

フレームレートは60fpsに対応、フルHDとして高画質化、BGMの高音質化など、プレイ環境はPS Vita版から更に大きく向上。タッチ操作が必須だった一部要素もPS4向けに最適化されているので、未経験の方が今から遊ぶのならば、こちらの方が断然お勧めです。

◆『GUILTY GEAR 20th ANNIVERSARY PACK』



1998年にPSソフトとして登場した『GUILTY GEAR』。以来、数多くのシリーズ作を重ね続け、優に2桁に乗るシリーズ作を展開し、確固たる人気と地位を獲得しました。そんな人気シリーズの原点である『GUILTY GEAR』と、『GUILTY GEAR XX』を締めくくった『GUILTY GEAR XX Λ CORE PLUS R』がセットになったのが、本作『GUILTY GEAR 20th ANNIVERSARY PACK』です。

本作には、マルチポーチや設定資料集などを同梱した「LIMITED EDITION」もありますが、公式サイトによると既に完売の模様。根強い人気ぶりを垣間見る思いです。20周年ロゴステッカーは、通常版にも封入されますが、初回生産分だけなのでご注意を。

◆『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』



ファミコン時代にデビューし、ゴシックホラーをモチーフとしたゲームデザインや高い難易度で、多くのユーザーのプレイ意欲に火を点けた『悪魔城ドラキュラ』シリーズ。その黎明期を支えた8タイトルを収録するダウンロード専用ソフト『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』が、今月リリースを迎えます。

原点となる『悪魔城ドラキュラ』(ファミコン版/1993年)をはじめ、『ドラキュラ伝説』シリーズや『悪魔城すぺしゃる ぼくドラキュラくん』など、バラエティ豊かなラインナップが揃っており、シリーズファンの心をくすぐります。また、『VAMPIRE KILLER』の登場を待ち望んでいた方も多いのでは。プラットフォームも、ニンテンドースイッチ/PS4、Xbox One、PC(Steam)と、選択肢が豊富なのも嬉しいところです。

◆『チームソニックレーシング』



超高速アクションの代名詞的な存在とも言えるソニックが、ハイスピードなレースゲームに挑戦する『チームソニックレーシング』。戦いの舞台はサーキット場のみならず、氷の世界やカジノ、ピラミッドといった多彩な全21コースが用意されており、分岐や仕掛けといったギミックも。それぞれ異なる特徴を持つキャラクターから3人を選んでチームを結成し、過激なレースへと挑みます。

ゲーム中に入手したパーツを使えば、レーシングマシンの性能や外見をカスタマイズすることも。自分好みのセッティングと見つけ、お気に入りのチームを組み、最速の称号を目指して駆け抜けましょう。また、オリジナルストーリーが展開するアドベンチャーモードも見逃せません。

◆『アサシン クリードIII リマスター』



時には群衆の中に潜み、時には建物を足場とし、数々の暗殺を手がけていく『アサシン クリード』シリーズ。そのナンバリング作品のひとつであり、アメリカ独立戦争時代をモチーフとした『アサシン クリードIII』が、リマスター化を遂げました。

先住民の母とイギリス人の父を持つ戦士・コナーが、ボストンやニューヨークなど、様々な場所を舞台に活躍する物語が体験できるほか、全てのソロDLCも収録。更に、『アサシン クリードIII レディ リバティ』も楽しめるなど、やり応えに溢れる一作です。

◆『バイオハザード オリジンズコレクション』



2017年にリリースされたナンバリング最新作も好評を博し、長年に渡って高い人気を集めている『バイオハザード』シリーズ。その原点となった「洋館事件」と、その始まりを描いたシリーズ初期の2作がセットになった『バイオハザード オリジンズコレクション』が、ニンテンドースイッチ向けにリリースします。

PS4とXbox Oneにて2016年に発売された本作ですが、スイッチ版は今回が初登場。『バイオハザード0 HDリマスター』はゲームカードですが、『バイオハザード HDリマスター』はダウンロード番号が封入される形となるので、その点にはご注意を。深い関連性のある2作品を通してプレイし、シリーズの原点を堪能してください。

◆『私立ベルばら学園 ~ベルサイユのばらRe*imagination~』



一世を風靡した人気漫画「ベルサイユのばら」をモチーフとしつつ、現代を舞台とした学園物に落とし込む大胆なアレンジで注目を集めている『私立ベルばら学園 ~ベルサイユのばらRe*imagination~』。懐かしくもあり、それでいて斬新な本作で、オトメイトが新たな一歩を踏み出します。

本作のユニークな点は、主人公と各キャラクターが恋愛をするストーリーだけでなく、キャラクター同士の恋愛を応援するストーリーも楽しめること。しかも、原作のキャラクター性を考慮した組み合わせとなっているので、大きく逸脱しないのもファンとしては嬉しいところでしょう。本作だからこそ楽しめる彼らの新たな一面を、有名私立学校「ベルローズ学園」で味わってみましょう。

◆『VA-11 Hall-A』



「サイバーパンクバーテンダーアドベンチャーゲーム」という、他に類を見ないユニークなジャンルを掲げる『VA-11 Hall-A』。実際のゲーム内容もまさにその通りで、腐敗した政府と大企業に支配された未来都市の片隅にあるバー「Va-11 Hall-A」を舞台に、様々な人間模様を紡ぐ一作となっています。

個性的なキャラクター陣が織りなす物語や、世界観とマッチしたゲームシステムなど、多彩な魅力を持つ本作は、戦陣を切ったSteam版が高評価を獲得。後にPS Vita版も登場し、今回満を持して、ニンテンドースイッチとPS4向けにリリースされます。ダウンロード版もありますが、パッケージ版には初回限定特典があり、初出のアートやテキストを収録する設定資料集や全16曲のオリジナルサウンドトラックなどが付属します。特典に惹かれる方は、パッケージ版をチョイスしておきましょう。



【関連記事】
ゲームはどうして面白いの? それは現実で味わえないの?─感覚的な“当たり前”を改めて振り返ってみた【コラム】
『ラングリッサーI&II』指揮官と傭兵の関係がアツいSRPGが復活! 今遊んでも楽しい魅力とファン必見のポイントを堪能【プレイレポ】
任天堂の“空間へのアプローチ”を振り返りながら『Nintendo Labo VR Kit』をプレイしてみた─これは「手が届くVR体験」
『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』10回死ぬまで帰りません! 限られた命でどこまで進めるのか?
『Dragon Marked For Death』は“マルチ前提”のバランスなのか? ぼっちでエンディングを目指してみた─最新アップデートもチェック【プレイレポ】
『ノーモア★ヒーローズ』の魅力を継承した『トラヴィス ストライクス アゲイン』は、突き抜けたノリとヘビーな展開が融合したハイセンスな爽快ACT!【プレイレポ】
『√Letter ルートレター Last Answer』個性派ADVの実写化は“圧”がスゴい! 過去を暴く主人公・マックスとの距離感が最重要【プレイレポ】
様々な伏線が“想像と不安”を刺激する『CRYSTAR -クライスタ-』─アクションを通じて、主人公の罪をプレイヤーが共有【プレイレポ】
『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】
『オクトパストラベラー』美しい世界、先が気になる物語、絶妙な戦闘バランス─“丁寧”を積み上げた職人気質なRPGに没頭【プレイレポ】
魅力溢れる世界を大胆な難易度で彩った『嘘つき姫と盲目王子』─ “嘘”の結末まで引き込むプレイ感と、賛否分かれるポイントに迫る【プレイレポ】
《臥待 弦》

【読者アンケート】

あなたが注目する5月の新作は?

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. キャラクターデザインの批判受けた実写映画「ソニック・ザ・ムービー」公開延期―「ふさわしいソニックに」

    キャラクターデザインの批判受けた実写映画「ソニック・ザ・ムービー」公開延期―「ふさわしいソニックに」

  2. 【コスプレ】かぐや様、SAO、グラブル…「ホココス2019」美女レイヤーまとめ(後編)【写真109枚】

    【コスプレ】かぐや様、SAO、グラブル…「ホココス2019」美女レイヤーまとめ(後編)【写真109枚】

  3. “若年層ゲーマー”の注目アニメは「約ネバ」、注目声優は水瀬いのり&梶裕貴 その理由は…?

  4. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  5. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case38「辺境コロニー『ドゥーゴ』 その2」

  6. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】RPGのやりこみ要素に手をつけられない

  7. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】どうしてスマホのゲームは終わっちゃうんですか?

  8. 映画「名探偵ピカチュウ」全編が流出かと思いきや「おや!?映像のようすが…」―キュートなダンス動画でした

アクセスランキングをもっと見る

1