人生にゲームをプラスするメディア

様々な伏線が“想像と不安”を刺激する『CRYSTAR -クライスタ-』─アクションを通じて、主人公の罪をプレイヤーが共有【プレイレポ】

シリーズ作を手がけている一方で、完全新作タイトルも意欲的にリリースしているフリュー。今回は10月18日に発売されたPS4『CRYSTAR -クライスタ-』のプレイレポをお届けします。

その他 特集
様々な伏線が“想像と不安”を刺激する『CRYSTAR -クライスタ-』─アクションを通じて、主人公の罪をプレイヤーが共有【プレイレポ】
  • 様々な伏線が“想像と不安”を刺激する『CRYSTAR -クライスタ-』─アクションを通じて、主人公の罪をプレイヤーが共有【プレイレポ】
  • 様々な伏線が“想像と不安”を刺激する『CRYSTAR -クライスタ-』─アクションを通じて、主人公の罪をプレイヤーが共有【プレイレポ】
  • 様々な伏線が“想像と不安”を刺激する『CRYSTAR -クライスタ-』─アクションを通じて、主人公の罪をプレイヤーが共有【プレイレポ】
  • 様々な伏線が“想像と不安”を刺激する『CRYSTAR -クライスタ-』─アクションを通じて、主人公の罪をプレイヤーが共有【プレイレポ】
  • 様々な伏線が“想像と不安”を刺激する『CRYSTAR -クライスタ-』─アクションを通じて、主人公の罪をプレイヤーが共有【プレイレポ】
  • 様々な伏線が“想像と不安”を刺激する『CRYSTAR -クライスタ-』─アクションを通じて、主人公の罪をプレイヤーが共有【プレイレポ】
  • 様々な伏線が“想像と不安”を刺激する『CRYSTAR -クライスタ-』─アクションを通じて、主人公の罪をプレイヤーが共有【プレイレポ】
  • 様々な伏線が“想像と不安”を刺激する『CRYSTAR -クライスタ-』─アクションを通じて、主人公の罪をプレイヤーが共有【プレイレポ】

様々なゲームタイトルを展開し続けているフリューは、シリーズ作も手がけている一方で、完全新作タイトルも意欲的にリリースしています。

ここ最近は、名作を手がけたクリエイター陣による作品作りも積極的に行っており、『女神異聞録ペルソナ』などのシナリオを担当した里見直氏が携わる『Caligula -カリギュラ-』、『幻想水滸伝』シリーズのシナリオでも知られている村山吉隆氏が物語を描く『アライアンス・アライブ』、それぞれが数多くの代表作を持つスタッフ陣が集結した『WORK×WORK』などを発売。いずれも、個性的な要素が好評を博したり、長く愛される作品になったりと、多くの反響を受けています。



そんなフリューが2018年10月18日に発売したPS4ソフト『CRYSTAR -クライスタ-』も、名作を生み出したスタッフが関わった一作としてゲームファンが注目。本作のシナリオは、かつてのADVブームを支えたライターのひとりである、久弥直樹氏が担当しています。しかも、本作のジャンルはアクションRPG。久弥氏が描く物語が、アクションRPGでどのように紡がれるのか。その点も大いに興味深かったため、実際にゲームを遊んで体験してみました。


今回はそのプレイレポをお届けしますが、久弥氏を知らない方に向けた紹介も交えつつ、『CRYSTAR -クライスタ-』の体験に触れたいと思います。なお、本作の序盤の展開についても触れているため、その部分に関するネタバレが含まれているのでご注意ください(プレイ開始から数時間くらいの範囲です)。

◆『ONE ~輝く季節へ~』や『Kanon』で、ADVブームの一端を担った久弥直樹氏


画像は、PS版『輝く季節へ』です

ファミコンレベルの表示能力もないような時代に、テキストのみで楽しむADVが既に存在していたほど、ADVゲームの歴史はかなりの長さを誇っています。今も、インディー含めて多彩なタイトルがリリースされていますが、ADVが更に大きな盛り上がりを見せた時代は、これまでに何度もありました。

そんな、ADVが隆盛していた時代のひとつが、1990年以降の成人向けPC市場でした。まずは、1992年に『同級生』が登場。魅力的なヒロインとの濃密な関係を描き、当時のユーザーに新たな刺激を与えました。続編となる『同級生2』(1995年)も好評を博し、他のメーカーもADVに注力する流れが生まれます。

メッセージウィンドウなどを排して物語への没入度を高めた『雫』や『痕』(共に1996年)が口コミで評判となり、スタイルのみ受け継いで方向性を大きく転換した『To Heart』(1997年)が、こちらも大ヒットを記録。後に展開したプレステ版も高い評価を得て、TVアニメや続編などに繋がりました。

そして、PC市場でADVが盛り上がる1997年に、Tacticsから『MOON.』という作品が発売されます。成人向けのタイトルなので内容については触れませんが、少年少女の感情や葛藤を描く物語がプレイヤーに衝撃を与え、一部のユーザーにとって忘れられない作品となりました。そして、この『MOON.』のシナリオを麻枝准氏と共に担当したのが、久弥氏です。

『MOON.』は衝撃的でしたが、人を選ぶ面があるのも否めません。ですが、引き続き麻枝氏と久弥氏が手がけた『ONE ~輝く季節へ~』(1998年)で、ユーザーからの関心と注目を一気に集めます。その巧みなシナリオ展開で涙を流すプレイヤーも多く、本作を「泣きゲー」と称する方が続出しました。

画像は、PSP版『Kanon』です

さらに、『MOON.』『ONE ~輝く季節へ~』の中核スタッフが集まり、ゲームブランド・Keyの初作品となった『Kanon』(1999年)も、ファンの期待を上回る出来映えで大ヒット。こちらも涙を誘う物語が数多く描かれており、ADVと「泣きゲー」の両面を力強く支える代表格のひとつに数えられています。

この時期には様々な名作ADVが生まれましたが、先陣を切った『同級生』、ノベル形式で手軽さと没入度を両立させた『To Heart』、そして感情を揺さぶる『ONE ~輝く季節へ~』と『Kanon』が、特に語られる機会が多いタイトルです。

そんな『ONE ~輝く季節へ~』や『Kanon』のシナリオに携わった久弥氏。後に、テレビアニメや小説など活躍の場を拡げていきますが、今回『CRYSTAR -クライスタ-』で再びゲームシナリオに着手。しかも本作は、「涙」が鍵になります。プレイヤーを泣かせ続けた「泣きゲー」の手腕を、涙をモチーフとする物語でどのように発揮するのか。注目したいところです。

ちなみに、PC市場におけるADVはその後も盛り上がりを見せ続け、2004年には『Fate/stay night』が発売されます。後に、アクションやRPGなど幅広い展開を見せる『Fate』シリーズの原点もPC向けADV市場から登場しており、当時のブームが現在のゲーム史に与えた影響も少なくありません。



『CRYSTAR -クライスタ-』のゲームシステムやバトル面について迫る
《臥待 弦》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. ホロライブ一期生の「赤井はあと」さんが“無期限休止”を報告―「理由は勿論あるけど、言えない」

    ホロライブ一期生の「赤井はあと」さんが“無期限休止”を報告―「理由は勿論あるけど、言えない」

  2. 『ウマ娘』マヤノトップガンのハイクオリティ過ぎるMMDモデルが話題沸騰―これがファンメイド!?過去作のゴルシやウオッカも凄まじい…

    『ウマ娘』マヤノトップガンのハイクオリティ過ぎるMMDモデルが話題沸騰―これがファンメイド!?過去作のゴルシやウオッカも凄まじい…

  3. 躍動感あるバスト&日焼け跡もセクシー!「すーぱーそに子」がビキニウェイトレス姿でフィギュア化

    躍動感あるバスト&日焼け跡もセクシー!「すーぱーそに子」がビキニウェイトレス姿でフィギュア化

  4. 美人コスプレイヤーの『FGO』玉藻の前、『まどマギ』まどかが尊い!遠征2,000キロも辞さない情熱が、キュートな“熠子”を生み出す【写真16枚】

  5. 『龍が如く』声優・黒田崇矢さんが桐生ココさんへ感謝のメッセージ …「今まで桐生一馬を愛して下さりありがとうございました」

  6. “会長”と親しまれるVTuber・桐生ココさんがホロライブ卒業を発表―7月1日の「卒業ライブ」をもって活動終了

  7. 『ポケカ』4枚1組で戦う新カード「ポケモンV-UNION」発表!そのインパクトは抜群…しかしサイド落ちも恐ろしい

  8. 「仄見える少年」作画・松浦健人氏が披露した『ドラクエ11』イラストが圧倒的!冒険を共にした仲間たちの思い出が蘇る

  9. “これが…中央…!!”―漫画「ウマ娘 シンデレラグレイ」作者・久住太陽氏さんが描いた「もぐもぐオグリ」GIFアニメが到着

アクセスランキングをもっと見る