人生にゲームをプラスするメディア

完全新作オリジナルストーリーが楽しめる、妖怪バトルRPG『妖怪ウォッチ メダルウォーズ』!今度の主人公は君だ!

完全新作オリジナルストーリーが楽しめる、妖怪バトルRPG『妖怪ウォッチ メダルウォーズ』!の魅力を紹介します。

モバイル・スマートフォン iPhone
完全新作オリジナルストーリーが楽しめる、妖怪バトルRPG『妖怪ウォッチ メダルウォーズ』!今度の主人公は君だ!
  • 完全新作オリジナルストーリーが楽しめる、妖怪バトルRPG『妖怪ウォッチ メダルウォーズ』!今度の主人公は君だ!
  • 完全新作オリジナルストーリーが楽しめる、妖怪バトルRPG『妖怪ウォッチ メダルウォーズ』!今度の主人公は君だ!
  • 完全新作オリジナルストーリーが楽しめる、妖怪バトルRPG『妖怪ウォッチ メダルウォーズ』!今度の主人公は君だ!
  • 完全新作オリジナルストーリーが楽しめる、妖怪バトルRPG『妖怪ウォッチ メダルウォーズ』!今度の主人公は君だ!
  • 完全新作オリジナルストーリーが楽しめる、妖怪バトルRPG『妖怪ウォッチ メダルウォーズ』!今度の主人公は君だ!
  • 完全新作オリジナルストーリーが楽しめる、妖怪バトルRPG『妖怪ウォッチ メダルウォーズ』!今度の主人公は君だ!
  • 完全新作オリジナルストーリーが楽しめる、妖怪バトルRPG『妖怪ウォッチ メダルウォーズ』!今度の主人公は君だ!
  • 完全新作オリジナルストーリーが楽しめる、妖怪バトルRPG『妖怪ウォッチ メダルウォーズ』!今度の主人公は君だ!

『妖怪ウォッチ メダルウォーズ』は、レベルファイブとネットマーブルがタッグを組み、ネットマーブルの子会社であるネットマーブルモンスターが開発した完全新作アプリゲームです。「オージャメダル」を探す冒険を描く新たなオリジナルストーリーが展開、妖怪たちと一緒に戦う妖怪バトルRPGです。プレイヤーはアバターを自由にカスタマイズして物語の主人公となり、自分だけの冒険が楽しめます。今回は、プレイしてわかった『妖怪ウォッチ メダルウォーズ』の魅力をお伝えします。


本作のストーリーには、手にするとエンマ大王と同等の地位と力を得られるという「オージャメダル」が重要なアイテムとして登場します。この「オージャメダル」が悪い妖怪たちに奪われ、さらにその所有権を巡る争いに影響されたため、「オージャメダル」は持ち主の悪い心を増幅させる“災いのメダル”となってしまいます。激しい争いの末、“災いのメダル”は粉々になり、人間界、妖魔界へと散ってしまいます。粉々になってもその力は衰えず、世界が大混乱に陥るというところから物語はスタート。プレイヤーは、仲間の妖怪たちの力を借りて、“災いのメダル”のカケラを探し出し、世界を救う冒険へと旅立ちます。

ジバニャンやウィスパーといったおなじみの妖怪が登場する世界に、カスタマイズした自分のキャラクターが登場するので、『妖怪ウォッチ』の世界に入り込んだような臨場感が味わえますね。昼の街(通常ストーリー)がある程度進むと、夜の街がオープン。夜の街は、昼に登場する妖怪よりも強力な「ボス妖怪」とバトルができる特別なモードで、特別な「そうび装備」を狙って挑戦したいところ。


妖怪バトルRPGである本作は、6体の妖怪を編成して悪い妖怪とバトルを行います。基本的にバトルはオートで進行していくので、ゲームに慣れていない方にも遊びやすさがあります。そして、大事なアクションとして、バトル中の妖怪とサブの妖怪を入れ替える、「チェンジ」を使いこなすことが勝利への近道になります。チェンジは、待機中の妖怪を引っ張ってきてバトル中の妖怪と入れ替える要素です。さらにチェンジをする時には、交代してバトルに参加する妖怪の「チェンジスキル」が発動。チェンジスキルには、周りの仲間の攻撃力をアップしたり、HPを回復するなどの効果があるので、不利な形勢を一気に逆転したり、ここぞ!というときに攻め込めます。

バトルで重要なのは妖怪たちのポジションです。妖怪たちは一番近くの敵を攻撃するので、バトルの最前列では敵の攻撃を受けやすくなります。そこでまもりの高い「ムリカベ」などを配置して、他の仲間が倒されてしまうのを防ぎましょう。チェンジする位置は、範囲内であれば変えられます。そのため、前線のキャラを後衛にして遠くから攻撃に切り替えたり、壁になってくれる妖怪を前に出したり、といった戦略も楽しめます。また、サブに戻った妖怪は時間経過でHPが回復するので、こまめにメンバーを入れ替えながらチェンジスキルと体力回復を繰り返すのもおすすめの戦い方です。


ジバニャンの「ひゃくれつ肉球」など、『妖怪ウォッチ』シリーズでおなじみの「ひっさつわざ」も新たな演出で登場。『妖怪ウォッチ メダルウォーズ』だけのオリジナルの「ひっさつわざ」も登場するので、たくさんの妖怪に出会いたくなりますね。妖怪には、攻撃型・防衛型・支援型・バランス型・弱体化型・回復型と6タイプがいるので、組み合わせを考えるのもおもしろいですね。そうそう、チェンジをする際、サブの妖怪を引っ張ってくるとつまんでいるような姿になり、ちょっぴり情けないような可愛らしい姿が見られるのもポイントですよ。


本作の主人公はプレイヤー自身となっており、自宅のクローゼットではプレイヤーの髪型や衣装チェンジができます。キュートなコーディネートから動きやすいカジュアルな服装まで、気分に合わせて色々な組み合わせを楽しめそうですね。また、模様替えでお部屋の家具の変更も可能。こちらの画像はゲームを始めたばかりの状態ですが、お部屋にはこんなにたくさんの妖怪たちが遊びにきていてとってもにぎやか! お気に入りの妖怪は6体までお部屋に配置できるため、寝っ転がったり動き回ったりと、みんな思い思いのアクションをしている姿をじっくり観察するのもいいですね。アバターアイテムや家具は、ゲーム内通貨の「Yコイン」や「妖ゼニー」で購入できるほか、クエストやイベントなどからも入手できます。


『妖怪ウォッチ メダルウォーズ』は、シングルプレイだけでなく対人戦の要素も充実しています。対人戦モード(メダルウォーズ)は2つあり、ひとつはランキング形式のPVPモード「ランキングバトルメダルウォーズ」です。ライバルがあらかじめ設定しておいたチームと対戦したり、他のプレイヤーのデッキと対戦し、勝敗でスコアとランキングが変動。勝利数に応じてボーナスを獲得したり、ランキングの上位にいくといいアイテムがもらえるため、妖怪たちを強くして積極的にバトルに挑戦していきたいですね。もうひとつは全国のプレイヤーとリアルタイムで対戦するPVPモード「リアルタイムバトルメダルウォーズLIVE」。こちらはチェンジスキルを使うときに動きが遅くならないリアルタイムバトルになっているため、より緊張感のある戦いが楽しめます。


以上、『妖怪ウォッチ メダルウォーズ』の魅力をお伝えしました。なお、本作は先行体験テストプレイが行われます。いち早く新しい『妖怪ウォッチ』を体験したい方は是非参加してみてくださいね。

■先行体験テストプレイ詳細
●テストプレイ期間
 2019年3月28日(木) ~ 4月4日(木)20:00まで

●参加方法
 公式サイトの先行体験テストプレイ特設ページにて参加方法をご案内しております。 注意事項等をご確認のうえ、 参加をお願いいたします。

http://medalwars.netmarble.jp/obt_guide

●参加可能人数
 iOS:先着1万人/Android:無制限


最後に、『妖怪ウォッチ メダルウォーズ』事前登録中となっており、これまでに事前登録者数は150万人登録を突破。正式サービス時に事前登録キャンペーン特典となる「メラメライオン」・「コマじろう」・「コマさん」・「ロボニャン」・「妖ゼニー500枚(ガシャ14回分のゲーム内通貨)」に加え、100万人突破記念アバターアイテム「100万人突破メガネ」のプレゼントがもらえます。

事前登録方法は、公式サイトでのメールアドレス登録、公式Twitterフォロー、LINEの友だち登録、YouTubeチャンネル登録、Google Play事前登録のいずれかの方法で登録可能。登録しておくと、上記の事前登録キャンペーン特典の他に、「ダイヤニャン」と、アバターアイテムとなる「ケータなりきりセット」または「フミちゃんなりきりセット」のいずれかがもらえるとのことなので、気になっている方はこの機会にぜひ事前登録しておきたいですね!
《カミヤマ》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『アズレン』SR潜水艦「U-110」の新衣装公開!「なぜ水着の下にパンツ履いてるん?」という疑問にイラスト担当・かぷりちお氏が答える

    『アズレン』SR潜水艦「U-110」の新衣装公開!「なぜ水着の下にパンツ履いてるん?」という疑問にイラスト担当・かぷりちお氏が答える

  2. FFシリーズの新作タクティカルRPG『FFBE幻影戦争』11月14日配信決定!初日より『FFXIV: 漆黒のヴィランズ』コラボを開催

    FFシリーズの新作タクティカルRPG『FFBE幻影戦争』11月14日配信決定!初日より『FFXIV: 漆黒のヴィランズ』コラボを開催

  3. レアな“こころ”集めは地方民が有利!?あなたが求める答えは田んぼに落ちている【ドラクエウォーク 秋田局】

    レアな“こころ”集めは地方民が有利!?あなたが求める答えは田んぼに落ちている【ドラクエウォーク 秋田局】

  4. 火力最強は「やしゃのこん」!?シチュエーションごとの最強武器を田んぼで語る【ドラクエウォーク 秋田局】

  5. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  6. 『ロマサガRS』今さら聞けない「七英雄」まとめ―生い立ちや背景、能力値、人気の秘密は?

  7. 『ドラクエウォーク』実際に遊んでみたリアルな感想は?約9割が「満足」以上と回答するも、課金周りには厳し目な意見が【読者アンケート】

  8. バンダイの新シリーズ「ぷちりっつ」に『FGO』からマシュが登場!早速組み立ててみた【特集】

  9. 『FGO』第2部の前にストーリーを振り返ろう~第四特異点ロンドンの巻~【特集】

  10. G123『ビビッドアーミー』が「映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」とコラボ決定!登場キャラクターを紹介

アクセスランキングをもっと見る

1