人生にゲームをプラスするメディア

ダメージ2.8M(ミリオン)!?東宝全面監修の『ゴジラ ディフェンスフォース』も発表された「NEXON Mobile Media Day」レポート

ゴジラたちから都市を守る都市防衛ゲームも発表された、ネクソンのメディア向けブリーフィングの模様をお届けします。

モバイル・スマートフォン 全般
ダメージ2.8M(ミリオン)!?東宝全面監修の『ゴジラ ディフェンスフォース』も発表された「NEXON Mobile Media Day」レポート
  • ダメージ2.8M(ミリオン)!?東宝全面監修の『ゴジラ ディフェンスフォース』も発表された「NEXON Mobile Media Day」レポート
  • ダメージ2.8M(ミリオン)!?東宝全面監修の『ゴジラ ディフェンスフォース』も発表された「NEXON Mobile Media Day」レポート
  • ダメージ2.8M(ミリオン)!?東宝全面監修の『ゴジラ ディフェンスフォース』も発表された「NEXON Mobile Media Day」レポート
  • ダメージ2.8M(ミリオン)!?東宝全面監修の『ゴジラ ディフェンスフォース』も発表された「NEXON Mobile Media Day」レポート
  • ダメージ2.8M(ミリオン)!?東宝全面監修の『ゴジラ ディフェンスフォース』も発表された「NEXON Mobile Media Day」レポート
  • ダメージ2.8M(ミリオン)!?東宝全面監修の『ゴジラ ディフェンスフォース』も発表された「NEXON Mobile Media Day」レポート
  • ダメージ2.8M(ミリオン)!?東宝全面監修の『ゴジラ ディフェンスフォース』も発表された「NEXON Mobile Media Day」レポート
  • ダメージ2.8M(ミリオン)!?東宝全面監修の『ゴジラ ディフェンスフォース』も発表された「NEXON Mobile Media Day」レポート
3月20日、株式会社ネクソンは、同社のモバイル事業への取り組み、および新規タイトルに関するメディア向けブリーフィング「NEXON Mobile Media Day」を開催しました。ゴジラ65周年を記念した都市防衛ゲーム『ゴジラ ディフェンスフォース』などの新作情報も明らかになった発表のレポートをお届けします。

豪快なダメージ表記が目を引く『ゴジラ ディフェンスフォース』。この大ダメージを叩き出す防衛基地も、それに耐えるラドンもヤバい!

◆市場規模は停滞気味ながら、競争は活発な日本モバイルゲーム市場


ネクソンモバイル事業本部 本部長の金起漢(キム・キハン)氏は、まず2018年の国内モバイルゲーム市場の売り上げの推移を分析。ランキングでトップ200に入るタイトルの売り上げ比は、2017年から2018年で101.1%とほぼ横ばいの状態。さらにこの200タイトルを1位~10位と11位~200位のふたつに分けてみると、11位~200位の売り上げは微増していますが、トップ10は微減となっています。


金氏は市場の成長が鈍化している要因を「2017年は『ファイアーエムブレム ヒーローズ』や『アズールレーン』など幅広いユーザーが楽しめるゲームがリリースされたが、2018年は『PUBG MOBILE』や『荒野行動』など、ミドルからコア層向けのタイトルが人気を博したことが一因かもしれない」としつつ、11位~200位のシェア拡大はポジティブに受け止めていると説明。「さまざまなタイトルがリリースされ、競争が活発に行われている。トップ10の顔ぶれはほぼ固定化しているが、ビジネスチャンスはまだまだ残されているのでチャレンジを続けていきたい」と語りました。

次の議題はネクソンの国内モバイルゲーム事業の振り返り。2018年は6本をリリースし、このうち『OVERHIT』、『真・三國無双 斬』、『FAITH』がそれぞれダウンロードランキング1位、ゲームカテゴリーのセールスランキングトップ20入りを果たしました。これにより2018年は、モバイル事業の売り上げとDAUが過去最高を記録したとのことです。


今後のモバイル事業の方針に関しては、配信中のタイトルのクオリティアップに努めつつ、自社/他社を問わず有力IPタイトルのモバイル展開にさらに注力。これまでは海外用に制作したタイトルにローカライズ/カルチャライズを施して日本にも展開するという流れが多かったが、今度は日本での先行リリースを前提とした日本向けのタイトルも手がけていくと発表しました。最後は、2019年にリリースされる新規タイトルが発表されました。


◆メイプルストーリーM


サービス開始から16周年をむかえるPCオンラインゲーム『メイプルストーリー』のモバイル版。PC版を完全再現しつつも、オリジナルストーリーやオートプレイなどの新規要素もプラス。モバイル版のデイリーミッションで得た報酬をPC版で受け取れるなど、既存プレイヤーに向けた連動もあり、金氏は「今年1番力を入れていくタイトルです」と自信をのぞかせました。現在は事前登録を受け付け中で、配信は2019年4月を予定しています。

オートプレイの実装など、スマートフォン向けの調整がうれしい『メイプルストーリーM』

ゲームは縦持ちにも対応。メイン画面は小さくなりますが、片手でのプレイやチャットに向いています

◆revisions next stage


2019年3月現在TVアニメが放送されている「revisions リヴィジョンズ」のモバイルゲーム。アニメは複数の企業で制作資金を出資しあう"製作委員会"方式で作られることがほとんどですが、ネクソンはこの製作委員会の1社として参画。同社の新たな取り組みの一環として、IPの創出にチャレンジしています。まだ詳細は不明ながら、アニメの物語を序章と位置付け、その後の物語を描くタイトルとなるそうです。配信は2019年内を予定しています。


◆ゴジラ ディフェンスフォース


「ゴジラ」生誕65周年を記念した、東宝株式会社の全面監修によるタイトル。防衛基地や兵器などを強化して、ゴジラをはじめとする怪獣たちの来襲から世界各国の主要都市を守り抜くのが目的の都市防衛ゲームです。怪獣は東宝制作による「ゴジラ」シリーズ全29作品から70体以上が登場予定。「ゴジラ」は5月31日にハリウッドによるリメイク映画の第2弾「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」が公開予定で、本作の配信もその時期に合わせたいとの旨が語られました。

モスラやキングギドラなど、おなじみの怪獣たちが東宝監修の下で勢ぞろい。地球が危ない!?

怪獣が襲来したときは、タップすれば防衛基地が一斉に攻撃を開始します

いわゆる"初代ゴジラ"のカードを使用して召喚! ミレニアムゴジラに大岩を投げて大ダメージを与えてくれました

「世界レベルの楽しさを日本モバイル市場へ」。金氏はネクソンが掲げ続けているミッションをあらためて口にし、今後もより一層日本モバイルゲーム市場へ注力していく旨を強調しました。

ネクソンモバイル事業本部 本部長の金起漢(キム・キハン)氏

(C)NEXON Co., Ltd. All Rights Reserved.
《蚩尤》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. スマートフォン向けゲームの常識を覆す『EXOS HEROES』美女コスプレイヤー3人がなりたいキャラは?好きな衣装は?さまざまな魅力について語り合った!

    スマートフォン向けゲームの常識を覆す『EXOS HEROES』美女コスプレイヤー3人がなりたいキャラは?好きな衣装は?さまざまな魅力について語り合った!

  2. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

    誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  3. 『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】

    『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】

  4. 『アークナイツ』の難易度に適応できるかは2章が分岐点?攻略に欠かせない推しオペレーターはペンギン急便のあの子【読者アンケート】

  5. 鉱石病?感染者?主人公たちは誰と戦っているの?『アークナイツ』の奥深くも複雑な世界設定をわかりやすく整理してみよう

  6. 新感覚マルチバトル『リンクスリングス』のサービスが8月31日をもって終了に

  7. 『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】

  8. 『サカつくRTW』新特徴を持つ「★5選手」出現確率が10%!“ベテランプレーヤーSCOUT”&No.1を決める“SUPER WORLD CLUB CUP”をスタート

  9. 『FGO』簡易霊衣「風王結界」追加!ステンノ&エウリュアレもリニューアルされる「 [Heaven’s Feel]」III.spring song」公開記念キャンペーン」開催決定

  10. 『サカつくRTW』新要素「レーン特徴」実装─“アップデート記念スカウト”及び“レジェンドマッチ”もスタート!

アクセスランキングをもっと見る