人生にゲームをプラスするメディア

110分に及ぶ長編VRドラマ「ハナビ HANA type B」、2月14日にPSVRにて配信!美少女ヒューマノイドとのドッキドキな恋物語

Studio TWO TOKKIは110分の長編VRドラマ「ハナビ HANA type B」を、2月14日(木)バレンタインデーにPSVRにて配信すると発表しました。

ソニー PS4
110分に及ぶ長編VRドラマ「ハナビ HANA type B」、2月14日にPSVRにて配信!美少女ヒューマノイドとのドッキドキな恋物語
  • 110分に及ぶ長編VRドラマ「ハナビ HANA type B」、2月14日にPSVRにて配信!美少女ヒューマノイドとのドッキドキな恋物語
  • 110分に及ぶ長編VRドラマ「ハナビ HANA type B」、2月14日にPSVRにて配信!美少女ヒューマノイドとのドッキドキな恋物語
Studio TWO TOKKIは110分の長編VRドラマ「ハナビ HANA type B」を、2月14日(木)バレンタインデーにPSVRにて配信すると発表しました。

以下、リリースより引用

◆VRドラマ「ハナビ HANA type B」2月14日に配信



真面目な青年と美少女ヒューマノイドとのドキドキ同居生活を110分の超高画質VRで盛り込んだ「ハナビ」は、プレイヤーの選択によってコミカルで感動的なストーリーが体験できます。

■特徴


プレイヤーの選択によって多様なシチュエーションが展開され、一つだけのルートに従って視聴する既存ドラマと差別化を狙いました。またVRの特徴である臨場感を高めるこのような装置は、8Kの撮影物と独自映像処理技術で実現した高画質と共にユーザーに新鮮な衝撃を与えます。

ヒューマノイドのハナビ役・元AKB48の永尾まりやをはじめ、主人公ケンジ役の上原一翔と朝比奈彩、松本愛、阿部祐二など個性派揃いの豪華キャストたちが熱演しています。2月14日バレンタインデーに発売を予定しており、価格は2,700円(税込み)。

▼イメージ

元彼女エリカ(演:松本愛)がプレイヤー=主人公ケンジ(演:上原一翔)に対して、「ハナビ(演:永尾まりや)はロボットなのよ!当然、私を選ぶよね?」と選択を求めている。

■ストーリー


歌手を目指しているケンジ。作曲するにもメロディーも歌詞も思い浮かばず、落ち込んでいた失先 彼女のエリカから別れ話まで切り出される。

そんな彼に運命のごとく現れた美少女ヒューマノイド・ハナビ。可愛いだけじゃなく彼女は洗濯、掃除、皿洗い、料理、アラーム機能まで行い、全ての家事をこなしてケンジをサポートしてくれる。

「な…何?お風呂の手伝いも出来るって…?!!」

恋愛下手な男ケンジと恋を知らないヒューマノイドハナビとの恋物語。
果たして2人に恋は芽生えるのか?

■「ハナビ HANA type B」

公式サイト: http://www.twotokki.com
公式Twitter: https://twitter.com/visionvr_inc



(C)Sony Interactive Entertainment Inc. All rights Reserved. Design and specifications are subject to change without notice.
《monnchi》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 「PS5」の販売情報まとめ【7月4日】─「エディオン」「TSUTAYA」など複数の抽選受付先が展開

    「PS5」の販売情報まとめ【7月4日】─「エディオン」「TSUTAYA」など複数の抽選受付先が展開

  2. 『Apex Legends』で深刻なバグが発生中-レプリケーターを使うと「回復アイテム」「アビリティ」が使用不可に

    『Apex Legends』で深刻なバグが発生中-レプリケーターを使うと「回復アイテム」「アビリティ」が使用不可に

  3. 葛葉曰く特級呪物…「ストリーマーRust」で最大級の爪痕を残した「おいすタクシー」

    葛葉曰く特級呪物…「ストリーマーRust」で最大級の爪痕を残した「おいすタクシー」

  4. 『Fall Guys』ガチで勝ちたいあなたにおくる12のテクニック!ショートカットやID表示で差をつけよう

  5. 『Ghost of Tsushima』公式グッズが対馬の観光情報館で4月29日より販売開始!

  6. 『Ghost of Tsushima』最後の“積極的な”パッチ配信―今後は優先度の高いバグや問題が発生していないかを監視

  7. 「無人島開拓」新情報も!『FF14』パッチ6.2は8月下旬公開予定─「第71回PLL」ひとまとめ

  8. 『Apex Legends』つい探したくなる!ストリーマーが見つけた「ハイドポジ」3選

  9. 『ストリートファイター6』は「全てを受け入れたい」―“ワンボタン波動”や新モード導入の狙いを開発陣にインタビュー!

  10. 『FF7R』には幻のティファパートが存在した!開発秘話で明かされた、実際に遊べるまで開発されていた内容と未収録の理由とは?

アクセスランキングをもっと見る