人生にゲームをプラスするメディア

『Dragon Marked For Death』本日1月31日発売―アップデートパッチやミュージックビデオの情報も明らかに

インティ・クリエイツは、ニンテンドースイッチ専用ソフト『Dragon Marked For Death』を本日1月31日に発売しました。

任天堂 Nintendo Switch
『Dragon Marked For Death』本日1月31日発売―アップデートパッチやミュージックビデオの情報も明らかに
  • 『Dragon Marked For Death』本日1月31日発売―アップデートパッチやミュージックビデオの情報も明らかに
  • 『Dragon Marked For Death』本日1月31日発売―アップデートパッチやミュージックビデオの情報も明らかに
  • 『Dragon Marked For Death』本日1月31日発売―アップデートパッチやミュージックビデオの情報も明らかに
  • 『Dragon Marked For Death』本日1月31日発売―アップデートパッチやミュージックビデオの情報も明らかに
  • 『Dragon Marked For Death』本日1月31日発売―アップデートパッチやミュージックビデオの情報も明らかに
  • 『Dragon Marked For Death』本日1月31日発売―アップデートパッチやミュージックビデオの情報も明らかに
  • 『Dragon Marked For Death』本日1月31日発売―アップデートパッチやミュージックビデオの情報も明らかに
  • 『Dragon Marked For Death』本日1月31日発売―アップデートパッチやミュージックビデオの情報も明らかに

インティ・クリエイツは、ニンテンドースイッチ専用ソフト『Dragon Marked For Death』を本日1月31日に発売しました。

本作は、最大4人同時プレイが可能な本格2D横スクロールアクションRPGです。ドラゴンの力を受け継いだ全く異なる4種のプレイアブルキャラクター(皇女/戦士/忍び/魔女)を操作し成長させ、時にはマルチプレイでクエストを攻略するなど、独自のダークファンタジー世界で繰り広げられる物語を楽しめます。

本作の発売にあわせて、Ver.1.1.0にアップデートするパッチの配信も開始。さらに、音楽的表現に関する映像の公開や、発売記念壁紙の無料配布も実施されていますので、ぜひご確認ください。

◆本日よりアップデートパッチVer.1.1.0を配信開始!



本日(1月31日)よりVer.1.1.0にアップデートするパッチの配信を開始しました!新たな目玉要素としては、日本語ボイスの搭載や、キャラクター育成のために一度割り振ったボーナスポイントの再割り振り機能など、ゲームをより楽しめる要素を追加しています。また、マルチプレイ関係の機能を大幅にアップデートしましたので、友達同士で遊ぶ場合は、是非このアップデートパッチを適用してプレイしてください!

■Vre.1.1.0(2019年1月31日更新)

●システム関係
・キャラクターメイキングで日本語ボイスが選択できるようになりました。
・「ドラゴナイト」によるボーナスポイントの再割り振りが「古龍の窟」で可能になりました。
・キャラクターセレクト画面にLVの表示、未プレイキャラは「NEW」の表示を追加しました。
・ドラゴンスフィアの耐久力を下方修正しました。
・リザルト画面にアイテムの詳細が表示されるように変更しました。
・レベルアップ時に表示される各パラメータの説明文を変更しました。

●マルチプレイ関係
・マッチメイクロビーで装備が変更可能になるなど、ユーザーインターフェース、及び、表示仕様を変更しました。
・定型文チャットの内容を更新しました。
・マルチプレイで通信エラーが発生した際、一人でプレイが継続できるように変更しました。
・マルチプレイのクエストが終了後、仲間を待たないでマッチメイクロビーに戻れるように変更しました。
・マルチプレイでのクエストのリタイアを、パーティメンバーの同意制に変更しました。
・オンラインマルチプレイでのフリーマッチの検索条件を変更しました。
・オンラインマルチプレイでのクエスト完了後に、パーティを自動で解散しないように変更しました。
・マルチプレイ時全般の通信安定性を向上しました。

●プレイアブルキャラクター関係
・プレイアブルキャラクターの体力が少ない時の疲れたモーションを追加しました。
・プレイアブルキャラクターの各種攻撃力を調整しました。
・プレイアブルキャラクターのドラゴンポイント回復量を調整しました。
・PIEによって威力が上昇するドラゴンスキル系の攻撃力を調整しました。
・戦士のドラゴンガード、魔女の回復魔法によるヒットポイント回復量をPIE依存に変更しました。
・皇女の4段斬りとジャンプ斬りの攻撃力、及び、空中攻撃の攻撃回数を調整しました。
・魔女にPIEによる詠唱済み魔法の保持可能時間の制限を導入しました。
・各種行動によって蓄積される動的ヘイト量を変更しました。
・ヘイトが上昇する行動や値を調整しました。

●シナリオ関係
・マルチエンディングの判定条件を変更しました。
・シナリオ進行に関わる各種メッセージを追加しました。
・一部のクエストで選択できる難易度を変更しました。

●アイテム関係
・宝箱のレアドロップ枠、レアドロップ率を変更しました。
・店売り装備のラインナップを一部変更しました。
・店売りアイテムの効果と価格を変更しました。

●モンスター関係
・モンスターの各種パラメータを調整しました。

その他、各種バグ修正を行いました。

※オンラインマルチプレイをする際は、Ver.1.1.0へのアップデートが必須になりますのでご注意ください。


日本語ボイスの追加により、よりロールプレイが熱くなりました。

細かなUIの改善を行い、プレイアビリティを向上しています。

ボーナスポイントの再割り振り機能の追加により、ピーキーなキャラ育成を楽しめます。

プレイアブルキャラクターのモーション追加など、細かな演出も強化されました。


◆Dragon Marked For Death世界の音楽的表現映像を公開!



オーケストレーションされた全73曲にも及ぶ「Drgaon Marked For Daeth」のBGMは、細部まで計算し考え抜かれた楽曲構成になっています。本日はその世界観の音楽的表現を紹介した映像を公開します!

「Drgaon Marked For Daeth」の舞台“レムリア大陸”。そこにひしめき合う5つの国は、それぞれ全く違う文化を築きあげています。本作では、国ごとに変わる地方色の表現に重きを置きました。

本作では世界5カ国での同時収録を敢行。ボストン(アメリカ)、プラハ(チェコ)、ブラチスラヴァ(スロバキア)、プタリン・ジャヤ(マレーシア)、沖縄など国ごとに異なる収録風景と共に、Dragon Marked For Deathの世界を”音”で感じてみてください。

◆発売記念壁紙を無料配布中



『Dragon Marked For Death』の発売を記念してオフィシャルイラストレーターの中山徹氏が描き下ろした壁紙を、公式Webサイトで無料配布を開始しました!”龍血の一族”が紡ぐ冒険譚を描いた壁画風壁紙となっています!この壁紙でディスクトップに飾って、貴方もレムリア大陸に降り立ちましょう!

■公式Webサイト

http://dragonmfd.com/jp/special/#special03

※個人でのご使用に限りフリーとさせていただきます。なお、画像データの再配布行為はご遠慮ください。



『Dragon Marked For Death』は、本日2019年1月31日発売。価格は、通常版が5,537円+税、限定版が9,241円+税、ダウンロード版の「ベーシックセット -皇女と戦士-」「エキスパートセット -忍びと魔女-」が共に1,815円+税です。

©Marvelous Inc. / INTI CREATES CO., LTD.
《茶っプリン》
茶っプリン

ゲームライター 茶っプリン

「ゲームの新情報を一番に知りたい、そして色んな人に広めたい」そんな思いからゲームライターに。インサイドではニュースライター、時々特集ライターとして活動。関係者、ユーザーから生まれるネットブームにも興味あり。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ:サンブレイク』ついに「ヨモギ」「カゲロウ」の過去が明らかに!壮絶な過去、そしてヨモギの正体とは?

    『モンハンライズ:サンブレイク』ついに「ヨモギ」「カゲロウ」の過去が明らかに!壮絶な過去、そしてヨモギの正体とは?

  2. 『スプラトゥーン3』おすすめのヘッドセットを紹介!オーディオミキサーを使えばボイスチャットも簡単に

    『スプラトゥーン3』おすすめのヘッドセットを紹介!オーディオミキサーを使えばボイスチャットも簡単に

  3. 『モンハン』の狩猟笛で、映画「ワンピース」主題歌を奏でる猛者が出現!その発想とクオリティが間違いなく“新時代”

    『モンハン』の狩猟笛で、映画「ワンピース」主題歌を奏でる猛者が出現!その発想とクオリティが間違いなく“新時代”

  4. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』新ポケモン「ウミディグダ」公開!パルデア地方のディグダ…ではない!?

  5. 『スプラトゥーン3』有名VTuberから人気漫画家まで!バンカラ街で見られる「著名人たちの手書きイラスト」が大注目

  6. 「にじさんじ」に「ぶいすぽっ!」も!『スプラトゥーン3』で元ウデマエXのVTuberたちが大暴れ

  7. 『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

  8. 山田涼介や関優太も『スプラトゥーン3』に熱中!バンカラ街で悪戦苦闘するFPSの猛者たち

  9. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  10. 「脱衣麻雀」の時代が戻ってきた!?スイッチで続々と名作が復活!!

アクセスランキングをもっと見る