人生にゲームをプラスするメディア

PlayStationブースはゾンビがいっぱい!『Days Gone』、『バイオハザードRE:2』、『キングダムハーツIII』など多彩な展示【台北ゲームショウ2019】

台湾・台北市で本日より「台北ゲームショウ2019」の一般公開日・B2C Zoneが開催されています。ここではPlayStation(ソニー・インタラクティブエンタテインメント台湾-SIET)のブースを紹介します。

ソニー PS4
PlayStationブースはゾンビがいっぱい!『Days Gone』、『バイオハザードRE:2』、『キングダムハーツIII』など多彩な展示【台北ゲームショウ2019】
  • PlayStationブースはゾンビがいっぱい!『Days Gone』、『バイオハザードRE:2』、『キングダムハーツIII』など多彩な展示【台北ゲームショウ2019】
  • PlayStationブースはゾンビがいっぱい!『Days Gone』、『バイオハザードRE:2』、『キングダムハーツIII』など多彩な展示【台北ゲームショウ2019】
  • PlayStationブースはゾンビがいっぱい!『Days Gone』、『バイオハザードRE:2』、『キングダムハーツIII』など多彩な展示【台北ゲームショウ2019】
  • PlayStationブースはゾンビがいっぱい!『Days Gone』、『バイオハザードRE:2』、『キングダムハーツIII』など多彩な展示【台北ゲームショウ2019】
  • PlayStationブースはゾンビがいっぱい!『Days Gone』、『バイオハザードRE:2』、『キングダムハーツIII』など多彩な展示【台北ゲームショウ2019】
  • PlayStationブースはゾンビがいっぱい!『Days Gone』、『バイオハザードRE:2』、『キングダムハーツIII』など多彩な展示【台北ゲームショウ2019】
  • PlayStationブースはゾンビがいっぱい!『Days Gone』、『バイオハザードRE:2』、『キングダムハーツIII』など多彩な展示【台北ゲームショウ2019】
  • PlayStationブースはゾンビがいっぱい!『Days Gone』、『バイオハザードRE:2』、『キングダムハーツIII』など多彩な展示【台北ゲームショウ2019】
台湾・台北市で本日より「台北ゲームショウ2019」の一般公開日・B2C Zoneが開催されています。ここではPlayStation(ソニー・インタラクティブエンタテインメント台湾-SIET)のブースを紹介します。

オープニングイベントでは江口総経理が『Days Gone』のゾンビハンターに!『キングダムハーツIII』の中国語ローカライズ版も発表




まずはPlayStationブースのオープニングイベントから。台北ゲームショウのオープニングではSIET総経理の江口達雄氏が何らかのコスプレをして登場するのが恒例となっています。が、今年は様子が違いました。なんと控室からゾンビ出没の映像が!

来賓席の偉い方々にも容赦なく(?)に襲い掛かるゾンビの群れ。



そこに颯爽と登場したのが『Days Gone』の主人公に扮した江口総経理!!



SIETは夏に行われる独自イベントを開催しており、台北ゲームショウと夏イベントでユーザーにPlayStationの新作を楽しんでもらう機会を作っています。


台北ゲームショウでは『Days Gone』『バイオハザードRE:2』『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』『キングダムハーツIII』を中心に展示します。



スペシャルゲストとして、『キングダムハーツIII』プロデューサーのスクウェア・エニックス、橋本真司氏が登壇。『キングダムハーツIII』繁体中国語字幕ローカライズ版のムービーを披露しました。


繁体中国語版は5月23日に発売が決定。



江口総経理とイベントを彩るPSガールズが集合し、ブースは無事開幕しました。



しかし、ゾンビが再びステージにやってきて、江口総経理はステージ裏に逃げ出した!(笑)


『Dead or Alive 6』ステージイベント&メディアセッション



本日はコーエーテクモゲームスから3月1日に発売される『Dead or Alive 6』のステージイベントも行われました。


日本ではまだ披露されてない24+DLC2キャラが全員使えるバージョンで出展。


Nacon Gamingのジョイスティック『DAIJA』も出展。


本作のプロモーションではバイマンの姿で世界各国を旅するプロデューサーの新堀洋平氏。有名ストリーマー、プレイヤーを交えての対戦会では「私は15年間『DOA』を作ってるんですよ!」と豪語してましたが結果は……(後日SIETのYouTubeチャンネルで配信されると思いますのでお楽しみに)。

え、このプロデューサー、バイマン使わず女天狗使いましたよ!


メディアセッションでは『βテストの感触はどうでしたか?』『新キャラやステージの追加は?』『基本無料版のリリースは?』など現地メディアの質問に答えてました。ちなみにバイマンは新堀氏自身が技などを作っていて思い入れがあるキャラになっているようです。

物販コーナーは期間限定の大幅値下げでPS4の在庫が枯渇状態に!?



今年の年末(台湾は中華圏のため旧正月が新年となります)商戦ではSIETは大胆な値下げを慣行。1月25日から2月3日までの10日間、PS4(500GB)がNT$2,000(約7,100円)引きのNT$7,980(約28,500円)、PS4Pro(1TB)もNT$2,000引きの$10,980(約39,200円)になり、ボーナスソフトとして『Marvel's Spider-Man』が付いてきます。さらに、台北ゲームショウ会場で購入するともう一つデュアルショック4が付いてくる大盤振る舞い。

結果として長蛇の列ができるわ、在庫が枯渇したためPS4がパレットごとブースを横断するという異常事態まで発生する始末でした。

なお、PlayStation VRもPSカメラ付きがNT$7,980(約28,500円)、カメラ+PS Move 2本付きがNT$9,980(約35,600円)といずれもNT$2,000引きで『ASTRO BOT: Rescue Mission』が付いてきます。

ステージイベントの最中でもこれっすよ

なお、本体以外にもコジマプロダクショングッズや『ドラクエ』『ニーア』グッズなども発売されていました。また、台湾で発売されているPSグッズを集めた『福袋』も数量限定で発売されています。

ブースひとまわり



『Days Gone』


『バイオハザードRE:2』



『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』


『キングダムハーツIII』コーナー。中国語字幕版のプレミアムショーケースを出展。


台湾のPlayStation Plus会員向けのコーナーで配布されているPSドーナツ(クリスピー・クリーム・ドーナツ謹製!)
《岩井省吾》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『新サクラ大戦』新キャラ4名&新メカニック公開!イベントシーンや劇場内部を紹介した実機プレイ映像も盛り沢山【生放送まとめ】

    『新サクラ大戦』新キャラ4名&新メカニック公開!イベントシーンや劇場内部を紹介した実機プレイ映像も盛り沢山【生放送まとめ】

  2. 『じんるいのみなさまへ』は本当にハートフル日常系百合なのか、百合愛好家が菅沼Pを小一時間問い詰めてみた

    『じんるいのみなさまへ』は本当にハートフル日常系百合なのか、百合愛好家が菅沼Pを小一時間問い詰めてみた

  3. 「サクラ大戦.com」にて公式応援団「帝国華撃団・応援組」の募集を開始!『新サクラ大戦』PS4オリジナルテーマをプレゼント

    「サクラ大戦.com」にて公式応援団「帝国華撃団・応援組」の募集を開始!『新サクラ大戦』PS4オリジナルテーマをプレゼント

  4. 『カリギュラOD』7月3日より「PS Plus」のフリープレイで配信決定!“理想の高校生活”からの脱出を目指す学園ジュブナイルRPG

  5. 「ワンパンマン」初の家庭用ゲーム発表!サイタマやジェノスが3vs3の熱い闘いを繰り広げる

  6. 『FF7』リメイクで消えちゃいそうだけど魅力的なポイント10選

  7. 「『モンハン:ワールド』で一番最初にやられたモンスターは?」結果発表─1/3以上のハンターが倒れた強敵が判明!

  8. 『ディシディア ファイナルファンタジー』ティファ・ロックハート参戦!トレイラーが公開に

  9. 『FF7』リメイク版で絶対に見たいシーン・遊びたい要素12選!あの名場面はリメイクでどうなる?

  10. 「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】

アクセスランキングをもっと見る

1