人生にゲームをプラスするメディア

『レッド・デッド・オンライン』ベータ序盤レポ―『GTAO』を経た西部劇オンラインで何が出来るか探ってみた【特集】

『レッド・デッド・オンライン』はどうなのか!なにができるのか!実際にプレイしてきた。

ソニー PS4
『レッド・デッド・オンライン』ベータ序盤レポ―『GTAO』を経た西部劇オンラインで何が出来るか探ってみた【特集】
  • 『レッド・デッド・オンライン』ベータ序盤レポ―『GTAO』を経た西部劇オンラインで何が出来るか探ってみた【特集】
  • 『レッド・デッド・オンライン』ベータ序盤レポ―『GTAO』を経た西部劇オンラインで何が出来るか探ってみた【特集】
  • 『レッド・デッド・オンライン』ベータ序盤レポ―『GTAO』を経た西部劇オンラインで何が出来るか探ってみた【特集】
  • 『レッド・デッド・オンライン』ベータ序盤レポ―『GTAO』を経た西部劇オンラインで何が出来るか探ってみた【特集】
  • 『レッド・デッド・オンライン』ベータ序盤レポ―『GTAO』を経た西部劇オンラインで何が出来るか探ってみた【特集】
  • 『レッド・デッド・オンライン』ベータ序盤レポ―『GTAO』を経た西部劇オンラインで何が出来るか探ってみた【特集】
  • 『レッド・デッド・オンライン』ベータ序盤レポ―『GTAO』を経た西部劇オンラインで何が出来るか探ってみた【特集】
  • 『レッド・デッド・オンライン』ベータ序盤レポ―『GTAO』を経た西部劇オンラインで何が出来るか探ってみた【特集】

11月27日より、『レッド・デッド・リデンプション2(Red Dead Redemption 2)』のアルティメットエディション購入ユーザー向けに先行解放された待望のマルチプレイヤーモード『レッド・デッド・オンライン(Red Dead Online)』。以降は発売日にプレイしたユーザーなどに順次アクセスが解禁されていく予定ですが、まだまだ未知数な部分も多くあります。

編集部では、さっそくこの『レッド・デッド・オンライン』を4時間ほどプレイしてきましたので、序盤のインプレッションや本モードの概要などをご紹介します。なお、本記事で使用しているのはPS4版です。

導入は『GTAオンライン』に似ているが、間違いなく進化している



まず、ゲームを開始すると、プレイヤーは保安官(代理)に捕まって、連行されてくるところから始まります。キャラクタークリエイションは、『GTAO』と似ていて、性別の変更などが行えますが、親の選択などはなく、かなり細かくなっていました(とはいえ他タイトルに比べると柔軟ではないかも)。


数か月後、シシカ刑務所からの護送途中、とある出来事で助けてもらったプレイヤーは、ことのあらましを教えてもらいます。本編の序盤も比較的緩やかに開始されましたが、『レッド・デッド・オンライン』も同様。オンラインモードでありながら、ベースとなるストーリーが用意されているので、かなり新鮮です。



このあとは、キャンプを設営したり、服を着替えたり、ギャングが潜む隠れ家を襲撃して、宝の地図を奪ったりとチュートリアルをこなしていきます。Perk的なアビリティカードという要素も用意されているので、本編のシステムをそっくりそのまま持ってきたわけではないようです。



余談ですが、ここで面白いと思ったのは、他のプレイヤーが必ずしも自分と同じ場所に行かされると限らないことです。上記画像のように、筆者が最初に向かった隠れ家は森の中なのですが、同時にプレイしていたフレンドはまったく違う場所でキャンプを作り、違う場所の隠れ家を殲滅していました。キャンプ地が他プレイヤーと被らないための処置と思われますが、少し感動しました。

フレンドが最初に向かった隠れ家


ストーリーミッションは丁寧な作り。そのほかやることがたくさん!




本作のストーリーミッションは、マップの特定の場所に行くとロビー画面に入り、『GTAO』と同じくカットシーンを挟んで開始されます。ミッション自体は、全プレイヤーが対象となる「マッチメイキング」をするか、その時点で組んでいる民警団(詳しくは後述)のメンバーだけでプレイするかの2通り存在。最初のストーリーミッション「馬泥棒の誇り」はマッチメイキング強制なのですが、以降のミッションはフレンドともプレイできるはずです。



プレイヤーは通常、ログインすると、放浪モードと言われる状態で始まります。ここでは、他のプレイヤーが一堂に会し、お互いに戦うことはもちろん、民警団に招待することもできます。このモード中から各ミッションに挑めるのですが、ストーリーのほかに、デスマッチなどの「戦闘シリーズ」(PvP。中、大規模なものが存在)「レースシリーズ」「見知らぬ人」などがあります。PvPについては、Game*Sparkの過去記事を参照ください。




「見知らぬ人」に関しては、すべて試していないのでわかりませんが、筆者がプレイしたのは変則的なPvPで、自分と敵プレイヤーそれぞれに渡された金を配達人に届けるというものでした。こちらもバリエーションがありそうです。

移動中、ギャングの隠れ家が現れることも

また、戦闘シリーズのほかに、放浪モード中に「放浪モードイベント」なるものに招待される場合も。筆者が参加したのは"弓キルチャレンジ"で、弓のみを使用して他プレイヤーを倒すルールでした。弓以外でキルするとポイントが減点され、参加プレイヤーには現金とXPが贈られます。筆者は5位。




ファストトラベルに民警団、本作の要素を解説


◆民警団


民警団は、非常に簡単に説明すると『GTAO』におけるクルーのようなもの。基本的にパーティを組む際には、民警団を作ることになるでしょう。民警団は、お金がかからず、リーダーがセッションを抜けると解散する「臨時」、設立時に200ドルかかるもののセッションから抜けても解散しない「常設」の2種類があります。

序盤に常設の民警団を作るのはおそらく資金的に難しいので、しばらくは臨時でフレンドとプレイすることになりますが、招待などは十字キー左のメニューからサクサク行るので、難儀することは無いと思います。

◆ファストトラベル


『レッド・デッド・オンライン』のファストトラベルは本編のそれに近く、それぞれの街にあるファストトラベルアイコンから可能。キャンプに在中するキャラクター、クリップスに話しかければ、キャンプから飛べるようになる「ファストトラベルポスト」が設置できますが、こちらはプレイヤーランク65からアンロックされます。


ファストトラベルは、自分がいる位置から目的地までの距離に応じて、価格が上がります。参考までにローズからタンブルウィードまでは10ドルかかりました。高い。

◆手持ちカタログ


本作にも店舗は街に点在していますが、手持ちカタログを使えば、直接店に行かなくとも武器などを購入可能です。アイテムは、キャンプの保管箱に送られるものと、馬に送られるものがそれぞれあり、武器は馬に、回復薬や弾薬などはキャンプの保管箱にそれぞれ送られていました。もちろん、ロールプレイの一環として、店に出向くのもありだと思いますし、店は直接商品を受け取れるので、ラグがあります。

◆セッション切り替え


マップが広大すぎるゆえ、正直なところ移動が大変な『レッド・デッド・オンライン』。前述したようにファストトラベルはお金もかかるし、どこでもできるわけではありません。そんなとき、使えるかもしれない(使えるとは言ってない)のが、セッション切り替えです。

オプションのオンラインタブにアクセスすると、放浪モードでざっくりどの地域に行けるのかを選べるので、多少の移動は苦じゃないけど、時間とお金を節約したい、といったときに重宝するでしょう。ただし、地域の区切りはかなり大きいので、僻地中の僻地から始まる可能性も無きにしも非ず……。

◆有料通貨などのお金について

『レッド・デッド・オンライン』には通貨が2種類あり、ゲーム本編にもあった通常のお金(ドル)と、有料通貨のゴールド(延べ棒大)があります。ゴールドはランクアンロック式のアイテムや武器などをランクを無視して購入できたり、ジョーンズ老人(詳しくは後述)に名誉レベルを上げ下げしてもらえますが、記事執筆時点でゲーム内ストアにアクセスできないので購入は解禁されていません。

これがあればファストトラベルポストをすぐに購入できたりもしますが、いつごろからゴールドを購入できるようになるのかは不明です(料金体系も不明)。ただし、ミッションクリアで多少獲得できる場合もあるので、購入しないとまったく手に入らない、というわけではなさそうでした。

オンラインにもあるぜ名誉レベル!善となるか悪となるか


左にいるのは吉田輝和さんです。

『レッド・デッド・リデンプション2』本編でも、重要な要素の1つだった名誉レベルは、『レッド・デッド・オンライン』にももちろん搭載。いくつかのストーリーミッションで行う選択などによって変動し、他プレイヤーと遊んでいるときはどちらを選ぶか多数決となります。

吉田輝和さんの悪行を見つめる

また、名誉レベルは、ミッション内容にも影響を及ぼします。見知らぬ人アイコンから行える「放浪モードミッション」では、様々な依頼をされますが、公式サイトによると、「善良なガンマンであれば馬車隊の護衛を依頼され、ギャングや他のプレイヤーの民警団と戦うことなどがあり、悪名高い無法者であれば、重罪人を法執行官の手から解放する手助けをすることなどがあります。」とのこと。通常の協力型ミッションでも同様です。


評判は、中立の他プレイヤーを放浪モード中に殺害することや、名誉レベルを上げ下げできるキャラクター「ジョーンズ老人」にゴールドを支払うことで手っ取り早く落とせます。ジョーンズ老人は、マップの至るところにいる(?)ので、マップの端から端まで移動させられることはありません。



以上、『レッド・デッド・オンライン』序盤レポをお届けしました。大きすぎてなにができるのかすべてを把握しきれていませんが、そのポテンシャルはかなりのもの。複数プレイヤーが集まるためなのか、シングルストーリーに比べて主にキャラクターの品質が少し落ちているかな?と思いましたが、少なくともプレイした4時間のうち、クラッシュや進行上の不具合はありませんでした。



今後も本作の特集をお届けしていくので、お楽しみに!

※手持ちカタログに関する記述を一部追記しました。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

    「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

  2. 対戦格闘ACT『グランブルーファンタジー ヴァーサス』PS4向けに発表!開発はアークシステムワークス

    対戦格闘ACT『グランブルーファンタジー ヴァーサス』PS4向けに発表!開発はアークシステムワークス

  3. PS4『グランブルーファンタジー Re: LINK』最新PV、開発中プレイ動画が公開!お馴染みモンスターや新星晶獣の姿も

    PS4『グランブルーファンタジー Re: LINK』最新PV、開発中プレイ動画が公開!お馴染みモンスターや新星晶獣の姿も

  4. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  5. 「プレステクラシック」にも収録される『サガ フロンティア』の6つのすばらしさを語ろう

  6. 『バイオハザード RE:2』恐怖の一端が垣間見える短編動画第4弾を公開!この空気に耐えられるか…

  7. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  8. PS4『R-Type Dimensions EX』PS Storeにて20日より発売開始!1月3日までは期間限定で20%オフ

  9. 『モンハン:ワールド』超大型DLC「アイスボーン」や『ウィッチャー3』コラボ、新歴戦王など―新情報をまとめてお届け

  10. 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』武具デザインコンテストを世界4地域で開催─今度はオトモ装備も応募可能ニャ!

アクセスランキングをもっと見る