人生にゲームをプラスするメディア

『艦これ アーケード』公式が類似サービスについて注意喚起―配信直後のスマホゲーが原因か

セガは、同社が開発・運営するアーケード向けゲーム『艦これ アーケード』の関連性があるゲームについて注意喚起を行っています。

ゲームビジネス 市場
『艦これ アーケード』公式が類似サービスについて注意喚起―配信直後のスマホゲーが原因か
  • 『艦これ アーケード』公式が類似サービスについて注意喚起―配信直後のスマホゲーが原因か

セガは、同社が開発・運営するアーケード向けゲーム『艦これ アーケード』と関連性が指摘されているゲームについて、注意喚起を行っています。

同社は、本作に類似するサービスについてユーザーから報告を受けており、同社もこの度確認したとのこと。そして、本作のほかに類似するサービスは一切提供していないとし、「お客様におかれましてもこのようなサービスを確認されましたら、ご注意いただけますよう、よろしくお願い申し上げます」とユーザーに呼び掛けています。

『アビス・ホライズン』の戦闘画面

今回の発表では、具体的なサービス名はあげず「関連性を指摘されているサービス」と言及を避けていましたが、インターネットユーザーの間では、2018年6月28日に配信されたMorningTec Japanが運営するiOS/Android向けゲームアプリ『アビス・ホライズン』の事を指しているのではないかと指摘されています。

『アビス・ホライズン』は、『艦これ アーケード』同様に、艦船を美少女に擬人化させたキャラクターが多数登場するうえ、戦闘システムにも類似性が見られます。さらに、今回の発表と『アビス・ホライズン』の配信日が同時期のため、前述の指摘が寄せられているのかもしれません。

現在同社は、「関連性を指摘されているサービス」の内容を確認し、関係各所と連絡を取り合っているとのことなので、正式な発表を待ちましょう。

(C)SEGA
(C)2018 DMM.com POWERCHORD STUDIO / C2 / KADOKAWA All Rights Reserved.
《真ゲマ》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. 「VR ZONE SHINJUKU」VR(ぶっとんだリアル)が体験できる大感謝キャンペーンを開催!施設は2019年3月末で営業期間満了

    「VR ZONE SHINJUKU」VR(ぶっとんだリアル)が体験できる大感謝キャンペーンを開催!施設は2019年3月末で営業期間満了

  3. 今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

    今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

  4. 今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

  5. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  6. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  7. 【週間売上ランキング】 『マリオギャラクシー』は初週25万本(10月29日〜11月4日)

  8. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  9. コーエーテクモ、『ゼルダ無双』など好調で統合以来最高の第二四半期決算

  10. 酒缶氏のゲーム所有数が1万本突破! N64はコンプリート

アクセスランキングをもっと見る