人生にゲームをプラスするメディア

『アズレン』新機能の実装にゲーム内のバランス調整― 4/19アップデートによる環境の変化を解析!

新要素を多分に含んだ4/19のアップデートを経て、『アズレン』の環境がどのように変わったか振り返っていきます!

モバイル・スマートフォン 全般
『アズレン』新機能の実装にゲーム内のバランス調整― 4/19アップデートによる環境の変化を解析!
  • 『アズレン』新機能の実装にゲーム内のバランス調整― 4/19アップデートによる環境の変化を解析!
  • 『アズレン』新機能の実装にゲーム内のバランス調整― 4/19アップデートによる環境の変化を解析!
  • 『アズレン』新機能の実装にゲーム内のバランス調整― 4/19アップデートによる環境の変化を解析!
  • 『アズレン』新機能の実装にゲーム内のバランス調整― 4/19アップデートによる環境の変化を解析!
  • 『アズレン』新機能の実装にゲーム内のバランス調整― 4/19アップデートによる環境の変化を解析!
  • 『アズレン』新機能の実装にゲーム内のバランス調整― 4/19アップデートによる環境の変化を解析!
  • 『アズレン』新機能の実装にゲーム内のバランス調整― 4/19アップデートによる環境の変化を解析!
  • 『アズレン』新機能の実装にゲーム内のバランス調整― 4/19アップデートによる環境の変化を解析!

新しいTVCMの放送が始まっている『アズールレーン』。



CMの種類にはユニコーンで2つパターンがあるほか、フッドやエンタープライズVerの公開もあり、新規ユーザーの増加からさらなる躍進が予想されていますね。

今回は、4/19のメンテナンスを経て実装された新機能「認識覚醒」や、ゲーム環境のバランス調整の内容を解析することで、進化を続ける『アズレン』の魅力に迫っていきたいと思います!

◆美少女船艦たちのポテンシャルをさらに引き出す「認識覚醒」


今回のアップデートの中で最も大きな影響力がありそうなのが、こちらの「認識覚醒」


現在、キャラククターのレベル上限を解放させるこの新システム実装に伴い、様々な要素が追加されています。

■新たなデイリー海域「戦術研究」


レベル100に到達したキャラを、最大で+10まで解放できる認識覚醒。このシステムを適用するには資金と、そして新素材である「メンタルユニット」が必要です。


このメンタルユニットを獲得する方法は全4種類。その一つとして、指揮官レベル60から解放されるデイリー海域「戦術研究」も新たに実装されました。


この戦術研究とこれまでのデイリー海域との大きな違いは、戦術研究だけ毎日3回ずつ行うことが可能であること。また、選択できる海域として、「航空」「主砲」「雷撃」の3パターンがあります。


実際にチャレンジしてみた際、出現する敵船艦の耐久値の高さには驚きましたが、先述した3パターンの名称は各海域の弱点となる攻撃も示しており、それに準ずる編成で挑んであげれば難易度をグッと下げることができましたよ。

「航空」を選んだ場合は、空母艦を編成して艦載機での攻撃を目指そう!

3つある中でもオススメしたいのが「雷撃」。他の2つと違ってボス船艦がすぐに登場するので効率的に周回することができ、また難易度的にも、綾波をはじめとするトップクラスの駆逐艦が育っていれば難なくクリアできると思います。主力艦隊がダメージを受ける敵の攻撃パターンも少ないので、主力1前衛3で消費燃料を抑えられるところも利点ですね。

前衛を駆逐艦で固めて、主力艦隊は一隻で燃料を節約

メンタルユニットのほか、戦術研究の報酬としてゲットできる資金。こちらは他のデイリー海域と比べれば少ないものの、通常クエストよりは多く得られるところも嬉しいポイントとなっています。

■新たな委託任務や4月のコアショップなどからも獲得可能


メンタルユニットは、指揮官レベル50から解放される委託任務と今月のコアショップのラインナップ、そしてハードステージのサブ任務の報酬にも加わっています。


委託任務の場合、一隻はLv100以上のキャラをメンバーにいれる必要がありますが、一日に2回、それぞれ2時間以内に完了できるものなので積極的に狙っていきたい任務のひとつ。

また1ヶ月に一回更新が行われるコアショップにおいても、4月のラインナップにメンタルユニットが加わっています。


個人的には目玉装備である「九三式酸素魚雷T3」を狙ってコツコツとコアデータを貯めていたのですが、今回の実装を機に一気に最大数の10回まで交換しちゃいました(笑)。というのも、今回のアップデートを経て追加された新11章と第7章のハードステージ。これらをクリアするためには、どうしても複数のキャラの底上げが必要だと感じたからです。

第7章のハードステージのサブ任務にもメンタルユニットがあります

改めて別記事にて、難易度の高い海域攻略の解説をさせていただければと思いますが、クエストだけでなく他指揮官に挑む「演習」で勝利するためにも、キャラのレベリングは必須。この「認識覚醒」は、今後も重要な攻略ポイントになっていきそうです。

次のページでは、ゲーム内のバランス調整についても言及していきます!
《哲太》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『FGO』「バトル・イン・ニューヨーク 2018」詳細発表! ピックアップ召喚には「ギルガメッシュ(アーチャー)」が

    『FGO』「バトル・イン・ニューヨーク 2018」詳細発表! ピックアップ召喚には「ギルガメッシュ(アーチャー)」が

  2. 『アークザラッド R』の世界を救った勇者アークと聖女ククル!伝説ではなく年齢相応の素顔と出会いを紐解く

    『アークザラッド R』の世界を救った勇者アークと聖女ククル!伝説ではなく年齢相応の素顔と出会いを紐解く

  3. 【無駄な本気】アヒルボードでしか行けない湖のド真ん中に、ポケモンは出現するのか【ポケモンGO 秋田局】

    【無駄な本気】アヒルボードでしか行けない湖のド真ん中に、ポケモンは出現するのか【ポケモンGO 秋田局】

  4. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  5. 「今、強化するべきポケモン」12選―今後のレイドが楽になるかも…?【ポケモンGO 秋田局】

  6. 「FGO 京まふゲストトーク」にて次回イベントで実装の新概念礼装が公開!ギルガメッシュとネロが新たな装いで登場

  7. 『オルサガ』「ソラニン」原作者「浅野いにお」氏デザイン15UR「ミチル」を実装―30連で必ず選べる!

  8. 『FGO』ガチャの○○教はどれくらいの効果を発揮するのか?死ぬ気で計367連引いて調べてみた!

  9. 【UPDATE】『FGO』まだ引けてない恒常サーヴァントは?【アンケート】

  10. 【2018年8月度版】この夏に強化すべきポケモンはこの6体!【ポケモンGO 秋田局】

アクセスランキングをもっと見る