人生にゲームをプラスするメディア

高知県、「平成の海援隊」結成ーゲームや玩具など多事業で地域活性を目指す

3月22日、高知県は歴史を中心とした観光博覧会「志国高知 幕末維新博」の第二幕として、地域活性プロジェクト「平成の海援隊」を記者会見にて発表。ゲーム、玩具など多様なジャンルの企業・団体と連携し、新たな地域活性につなげていくというもの。

ゲームビジネス その他
高知県、「平成の海援隊」結成ーゲームや玩具など多事業で地域活性を目指す
  • 高知県、「平成の海援隊」結成ーゲームや玩具など多事業で地域活性を目指す
  • 高知県、「平成の海援隊」結成ーゲームや玩具など多事業で地域活性を目指す
  • 高知県、「平成の海援隊」結成ーゲームや玩具など多事業で地域活性を目指す
  • 高知県、「平成の海援隊」結成ーゲームや玩具など多事業で地域活性を目指す
  • 高知県、「平成の海援隊」結成ーゲームや玩具など多事業で地域活性を目指す
  • 高知県、「平成の海援隊」結成ーゲームや玩具など多事業で地域活性を目指す
  • 高知県、「平成の海援隊」結成ーゲームや玩具など多事業で地域活性を目指す
  • 高知県、「平成の海援隊」結成ーゲームや玩具など多事業で地域活性を目指す

3月22日、高知県は歴史を中心とした観光博覧会「志国高知 幕末維新博」の第二幕として、地域活性プロジェクト「平成の海援隊」を記者会見にて発表しました。

本プロジェクトは、ゲーム、玩具、ファッション、飲食など多様なジャンルの企業・団体と連携し、新たな地域活性につなげていくというもの。本稿ではこの記者会見の模様をレポートします。

そもそも「志国高知 幕末維新博」とは、土佐が生んだ偉人ゆかりの地など、高知県内24の歴史文化施設などで貴重な歴史資料を展示するというもの。第二幕では龍馬の殿堂「坂本龍馬記念館」のグランドオープン、県内各地の会場もリニューアルされます。

高知県知事 尾崎正直氏

最初に登壇した高知県知事 尾崎正直氏より概要の説明が行われました。「第一幕はおかげさまで160万人近く来場頂き大盛況。新たなプロジェクト「平成の海援隊」では特色ある企業に集まってもらえた。坂本龍馬の叶えられなかった「世界の海援隊」を結成し、地方にあってその魅力を世界に発信し、強い地方を作っていきたい」と意気込みを語りました。
※尾崎氏の「崎」は本来は旧字です。

続いては、「平成の海援隊」に参加する各企業よりプロジェクトの発表が行われました。

DeNA Games Tokyo代表取締役社長 井口徹也氏

スマーフォトンアプリのゲーム運営をてがけるDeNA Games Tokyo代表取締役社長である井口氏は「高知県の新たな地域活性プロジェクトの志に共鳴し、タイアップに至った。錚々たる面々とプロジェクトを共にできて光栄に思う。「平成の海援隊」プロジェクトを盛り上げ、ゲーム運営業界も盛り上げていきたい。」とコメント。

具体的な取り組みについては、同社が運営する『怪盗ロワイヤル』、『農園ホッコリーナ』、『アクアスクエア』、『スペースデブリーズ』、『戦国ロワイヤル』、この5つのゲームの中にタイトルの特徴にあわせ、坂本龍馬などの幕末志士、高知県の農作物や海産物をアイテムとして登場させるとのこと。詳細については今後発表予定となり、夏頃には連携が開始されるということです。

幕末維新が大好きと語る井口氏。「池田屋事件跡地の居酒屋でアルバイトをしていた」と愛を語った。

国内だけでなく海外へもスニーカー販売をてがけるテクストトレーディングカンパニー代表取締役 本明秀文氏
「高知県との企画で出来たスニーカーを世界の方々に知ってもらい、高知県に来てもらえるような取り組みができれば。」

原宿のヴィンテージショップ BerBerJin 藤原裕氏
「高知県とゆかりのあるジョン万次郎のデニムをデザインさせてもらった。ジョン万デニムを世界に広げていきたい。」

飲食事業などをてがけるDDホールディングス代表取締役CEO 松村厚久氏
「故郷である高知県に食を通して恩返しをしたい。高知県LOVEです。」

トランスフォーマープロジェクト 石田四郎氏(右)
「現在、企画を詰めている段階。6月22日に正式発表がありますのでお楽しみください。」

田野町にて『庭修復プロジェクト』のリーダーを務めたタレント ユージさん
「これからも高知県に多くの形で携わっていきたい。」

最後に、尾崎知事より「平成の海援隊は今日がスタート。更に多くの同志を募り、地方から世界に情報を発信して大きな流れを作っていきたい。」と語り記者会見を締めくくりました。


平成の海援隊の航海はまだ始まったばかり。詳細は今後随時発表されるとのことですが、「地方創生」という言葉が政府だけでなく民間企業からも叫ばれて久しい中、この地域活性策がどのような実を結ぶのか注目が集まります。

《山崎浩司》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『スーパーマリオ64』が約1億6500万円で落札―海外オークションにて、ゲームソフト史上最高額

    『スーパーマリオ64』が約1億6500万円で落札―海外オークションにて、ゲームソフト史上最高額

  2. 史上初のオリンピック公式ライセンスe-Sportsイベント「オリンピックバーチャルシリーズ」開催―『パワプロ』『グランツーリスモ』などが競技に選出

    史上初のオリンピック公式ライセンスe-Sportsイベント「オリンピックバーチャルシリーズ」開催―『パワプロ』『グランツーリスモ』などが競技に選出

  3. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

    【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

  4. イケメンはこうして作られる!「「その口…塞いでやろうか…?」250人のイケメンをLive2D化してわかった、成人男性キャラの魅力的な見せ方」セッションレポート【alive2019】

  5. Scaleformの活用でゲーム制作が変わった、『エルシャダイ』の開発にフォーカス

  6. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  7. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  8. 【オールゲームニッポン】日本は世界でも稀有な母系社会(第12回)

  9. カプコン、『バイオハザード4』などで写真を無断使用したとして提訴される―損害賠償請求は1,200万ドル以上に

  10. 汎用2Dアニメーション作成ツール「SpriteStudio」最新バージョンの新機能とは【CEDEC 2018】

アクセスランキングをもっと見る