人生にゲームをプラスするメディア

13歳未満も楽しめる! 「ヘッドセットレスVR」で遊ぶアトラクション『オバケハンター』稼働開始

カプコンは、アミューズメント施設「ゲームランド岡崎店」内の「チャレンジパーク」にて、VR・ARなどのテクノロジーをフル活用したハイパーVR・ARアトラクション『オバケハンター』を、2017年12月22日より稼働します。

ゲームビジネス VR
13歳未満も楽しめる! 「ヘッドセットレスVR」で遊ぶアトラクション『オバケハンター』稼働開始
  • 13歳未満も楽しめる! 「ヘッドセットレスVR」で遊ぶアトラクション『オバケハンター』稼働開始
  • 13歳未満も楽しめる! 「ヘッドセットレスVR」で遊ぶアトラクション『オバケハンター』稼働開始
  • 13歳未満も楽しめる! 「ヘッドセットレスVR」で遊ぶアトラクション『オバケハンター』稼働開始
  • 13歳未満も楽しめる! 「ヘッドセットレスVR」で遊ぶアトラクション『オバケハンター』稼働開始
  • 13歳未満も楽しめる! 「ヘッドセットレスVR」で遊ぶアトラクション『オバケハンター』稼働開始

カプコンは、アミューズメント施設「ゲームランド岡崎店」内の「チャレンジパーク」にて、VR・ARなどのテクノロジーをフル活用したハイパーVR・ARアトラクション『オバケハンター』を、2017年12月22日より稼働します。

従来のヘッドセット(ヘッドマウントディスプレイ)を装着するVR機器は、現状子どもの利用が推奨されておらず、13歳未満は体験することができませんでした。しかし、ワン・トゥー・テン・ドライブが全国のアミューズメントおよび商業施設向けに開発したオリジナルの体験型IPコンテンツ『オバケハンター』は、ヘッドセットに映す映像を壁や床といった空間に投影する「ヘッドセットレスVR」なので、13歳未満を含めた多くの方々が楽しめるアトラクションとなっています。

“学校で誰かが作った魔法陣から現れたオバケを退治する”というストーリーをベースに、 「360°プロジェクションシューティング」 と 「超AR体験!探索シューティング」 という2つのコンテンツが用意されている『オバケハンター』。異次元の空間の中に入り込んだかのような体験を味わいたい方は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

■<体験コンテンツZONE:01>「360°プロジェクションシューティング」


オバケの親玉が舞台となる教室の壁いっぱいに出現するので、専用の銃を持ち、VR空間拡張システムで現れる巨大なオバケに立ち向かうゲームです。オバケハンターのみんなで力を合わせてやっつけるシューティングアトラクションが楽しめます。

■<体験コンテンツZONE:02>「超AR体験!探索シューティング」


オバケを見つけることができる専用銃を持って、廊下や教室に隠れているオバケたちを探し回りながら、退治していくシューティングアトラクション。

■『オバケハンター』 公式サイト
URL:http://www.capcom.co.jp/amusement/game/title/vrar.html

YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=Cx4vIj-VVsw

■稼働店舗
・店舗名:ゲームランド 岡崎店内「チャレンジパーク」
・営業時間:10:00~22:00
・住所:〒444-0840 愛知県岡崎市戸崎町字外山38-5 イオンモール岡崎 シネマ館 2F
・電話番号:0564-72-6233
・公式サイト:
http://www.capcom.co.jp/amusement/game/shop/gl_okazaki/index.html


(C) 2017 1-10drive Inc. All Rights Reserved.
(C) CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

    【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  2. 今週発売の新作ゲーム『Fallout 76』『ヒットマン2』『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ/イーブイ』他

    今週発売の新作ゲーム『Fallout 76』『ヒットマン2』『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ/イーブイ』他

  3. カプコン、平成28年3月期第2四半期決算を発表 ― 家庭用ゲーム機タイトルが振るわず純利益は前年比減

    カプコン、平成28年3月期第2四半期決算を発表 ― 家庭用ゲーム機タイトルが振るわず純利益は前年比減

  4. 【CEDEC 2013】「日本のゲームは海外で通用しない」なんてウソ!? フランスにおける日本コンテンツの人気の実態

  5. 「DXライブラリ」がPS Vita/PS4に対応!既存ゲームの移植や新規開発をスムーズに

  6. スマホ版「ログレス」はこうして作られた。PCゲームしか開発経験のないチームが取り組んだゲームデザインの挑戦

  7. 「CRIWARE」が分かりやすい、学びやすい!CRI・ミドルウェアがゲーム開発に特化した新サイトを立ち上げ─マニュアルやチュートリアルも公開に

  8. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  9. 2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

  10. スクエニ、平成29年3月期は『FF15』など好調―売上高/利益も過去最高に

アクセスランキングをもっと見る