人生にゲームをプラスするメディア

体感型筐体「VR センス」がいち早くプレイできる店舗が登場、『超 真・三國無双』など対応タイトルも発表

ゲームビジネス VR

体感型筐体「VR センス」がいち早くプレイできる店舗が登場、『超 真・三國無双』など対応タイトルも発表
  • 体感型筐体「VR センス」がいち早くプレイできる店舗が登場、『超 真・三國無双』など対応タイトルも発表
  • 体感型筐体「VR センス」がいち早くプレイできる店舗が登場、『超 真・三國無双』など対応タイトルも発表
コーエーテクモウェーブは、体感型VR筐体「VR センス」の最新情報を公開しました。

「VR センス」は、世界初となる、五感を刺激するギミックを搭載したVR筐体です。対応のタイトルにはコーエーテクモグループの人気作をはじめ、コラボによるビッグタイトルなど人気ソフトが続々登場予定となっています。

以下、リリースより引用

■『VR センス』設置店舗

設置店舗および店舗ごとの設置筐体は、「VR センス公式サイト」(http://www.gamecity.ne.jp/vrsense/)にて、随時公開してまいります。
※設置筐体によって搭載タイトルが異なります。下記タイトル一覧をご参照ください。

■以下に該当する方はご利用をご遠慮ください。
・12歳未満の方 ・体重110kg 以上の方 ・体調の優れない方
・酒気を帯びた方 ・妊娠中の方
※メガネを使用されている方は、かけたままでも遊べますが、メガネの大きさやデザインによってはご利用いただけない可能性がございます。

■タイトル一覧
設置筐体によって搭載タイトルが異なりますのでご注意ください。
●スパークリングシルバー
・超 真・三國無双
・GI JOCKEY SENSE
・DEAD OR ALIVE Xtreme SENSE
●スパークリングブルー
・3 Majesty × X.I.P. DREAM☆LIVE
・ホラーSENSE ~だるまさんがころんだ~
・超 戦国コースター

■『VR センス』概要
○機種名: VR センス
○種別: 体感型VR筐体
○発売予定日: 2017年12月中旬

(C)コーエーテクモゲームス コーエーテクモウェーブ All rightsreserved.
《ひびき》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  2. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  3. 【GDC2012】一番難しいステージは最終面の一つ前・・・ロープを斬るシンプルアクション『Cut the Rope』作者が語るデザイン

    【GDC2012】一番難しいステージは最終面の一つ前・・・ロープを斬るシンプルアクション『Cut the Rope』作者が語るデザイン

  4. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

  5. 米大手ゲーム小売店、上位4メーカーで売上の65パーセント

  6. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  7. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  8. ロシアのゲーム市場はPCゲーム優位の700億円規模

  9. 迫力のドット絵でサイバーパンクを表現した『The Last Night』がクール!家庭用版も開発中

  10. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

アクセスランキングをもっと見る