人生にゲームをプラスするメディア

【特集】『FGO』英霊剣豪七番勝負、情報をおさらい!登場するサーヴァントを推察

モバイル・スマートフォン iPhone

【特集】『FGO』英霊剣豪七番勝負、情報をおさらい!登場するサーヴァントを推察
  • 【特集】『FGO』英霊剣豪七番勝負、情報をおさらい!登場するサーヴァントを推察
  • 【特集】『FGO』英霊剣豪七番勝負、情報をおさらい!登場するサーヴァントを推察

iOS/Androidアプリ『Fate/Grand Order』では、10月中旬より1.5部「Fate/Grand Order Epic of Remnant」の新章がスタートする事が発表されています。3つ目となる今回のタイトルは「屍山血河舞台 下総国 英霊剣豪七番勝負」。ストーリーはもちろんですが、注目はどんなサーヴァントが出るのか?ということでしょう。

そこで現在まで出ている情報を、過去の1.5部を思い返しながらまとめてみました。このサーヴァントが出るのでは?という予想もありますので、ぜひ皆さんも一緒に考えてみてください。

※本編のネタバレにご注意ください。
※本記事はあくまで当編集部による推察に過ぎません。『Fate/Grand Order』の正式な情報についてはこちらの公式サイトをご覧ください。

1.5部の新章「屍山血河舞台 下総国 英霊剣豪七番勝負」。公式サイトには「悪鬼羅刹の七騎が嘲笑う――見よ、血染めの月が太陽を食い尽くす」という言葉が合わせて書かれています。
そしてPVには「一切鏖殺」「インフェルノ」「美しき獣は嗤う」「埋め込まれた宿業」「英霊剣豪七騎」「エンピレオ」「狂瀾怒濤」「剣禅一如」「五芒星」「天眼の剣士」「プルガトリオ」「夢想からの復讐」「無と、無限」という13のワード。一体どういった意味なのでしょうか?

今までの1.5部は、新宿が“悪属性”、アガルタが“女性”サーヴァントの絆の獲得量アップでした。今回は剣豪ということで、もしかしてセイバー…?ここも気になるところです。

◆タイトルやPVの気になる言葉たち


早速タイトルから紐解いていきましょう。まず「屍山血河」というのは、山のような屍と河のように血が流れる激しい戦場という意味です。他のワードも見るに、なかなかバイオレンスなストーリーになりそうな予感。続く文章は「下総国」。現在の千葉県の上の方です。今回の舞台となる場所は、冬木、新宿に続き三回目の日本ステージではないかと予測しています。

そして「悪鬼羅刹の七騎が嘲笑う――見よ、血染めの月が太陽を食い尽くす」という言葉と、タイトルの「英霊剣豪七番勝負」から、七騎の剣豪サーヴァントと戦う可能性が高そうです。しかし剣豪がセイバーとは限らないのが『Fate』。“悪鬼羅刹”は恐ろしい化物、魔物を指すので、バーサーカーやアヴェンジャーてんこもりかもしれません。

続いてPVに記載された13のワードについて。過去、新宿編のワードは新規サーヴァントを指す言葉が全て出ていましたが、アガルタはほぼゼロでした。なので、登場サーヴァントを全て完璧に予測するのは難しそうですが、「天眼の剣士」などはヒントになりそうです。気になるのは「インフェルノ」「エンピレオ」「プルガトリオ」の3つ。一見剣豪ということで日本がメインに見えますが、海外の英霊の登場を予感させます。

ちなみに「インフェルノ」は地獄、「プルガトリオ」は煉獄を指します。「エンピレオ」は13世紀にダンテ・アリギエーリによって書かれた『神曲』に登場する天国「第十天 至高天」の名称。どの言葉も『神曲』に出ている事から、ストーリーに深く関わってきそうです。


YouTube:https://youtu.be/GnDPsr3AN7Y

◆今までの1.5部を振り返って予想しよう


まずはサーヴァントについて。新宿は新規が4騎、当時未実装が1騎、既存が5騎、既存だけど別クラスが1騎の計11騎。アガルタは新規4騎、既存3騎、既存だけど別クラスが3騎の計10騎が登場しています。新規は4騎ぐらいと考えて良さそうです。ここに武蔵が加わるならば、3騎が新たに登場しそうです。

個人的に注目したいのは、今までの二章に必ず既存サーヴァントの別クラスが出ているところ。特に『Fate/stay night』からエミヤ、アルトリア、ヘラクレスが出ているのも気になります。今回はタイトルの「剣豪」と武蔵がいることから、ライバルである佐々木小次郎が出るのでは、という声が多く、彼もまた『Fate/stay night』初出サーヴァント。いよいよセイバークラス?と、期待も高まります。

そして次に[オルタ]です。新宿ではエミヤとアルトリア、そしてアガルタではダユーという、肉体がドレイク[オルタ]らしきサーヴァントが登場しました。既存サーヴァントの新たなオルタも出るかもしれません。アガルタのフェルグス・マック・ロイのような、ストーリー参加のみの別クラスサーヴァントも出てくるかもしれませんね。

新宿とアガルタに共通しているのが“創作の物語”が核であるところ。新宿ではクライマックスで様々な推理小説の探偵が登場、アガルタではラスボスである不夜城のキャスターがまさに自身の創作した物語を語る語り手という内容でした。今回のストーリーも、何らかの“物語”が深く関わるかもしれません。

次ページ:サーヴァントは誰が出る?

《タカロク》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『きららファンタジア』ゲーム進行不可などの複数の不具合が発生中

    『きららファンタジア』ゲーム進行不可などの複数の不具合が発生中

  2. “キボウ”と“ウラミ”が対決する『共闘ことば RPG コトダマン』、気になる世界観や登場キャラを徹底チェック!

    “キボウ”と“ウラミ”が対決する『共闘ことば RPG コトダマン』、気になる世界観や登場キャラを徹底チェック!

  3. 『オーディナル ストラータ』事前登録者数100万人を突破を記念して、スペシャルオリジナルツアーの提供が決定!

    『オーディナル ストラータ』事前登録者数100万人を突破を記念して、スペシャルオリジナルツアーの提供が決定!

  4. 『FGO』意外にもアビゲイルより筋力が低いサーヴァント5選【特集】

  5. 【特集】ヌルヌルうごくしフトモモニーソ祭りだって開催できる『デスティニーチャイルド』の魅力を5人のライターが語り尽くす!

  6. 『ダービーオーナーズクラブ‐ネクストハロン‐』に「覚醒」が実装―全盛期の強さを誇る名馬「殿堂現役競走馬」を乗りこなせ!

  7. 『きららファンタジア』メンテ終了か、11時頃よりプレイ可能に

  8. 【特集】種族の数だけ物語がある-ライター三人が熱く語る『CARAVAN STORIES』の魅力って?

  9. 『FGO』イチオシのマシュが描かれた概念礼装は?他を寄せつかない人気で“あのマシュ”が栄冠に!【読者アンケート】

  10. 『戦艦帝国』東京メディア会見レポート-軍事を通して平和を知る意味とは

アクセスランキングをもっと見る