人生にゲームをプラスするメディア

【TGS2017】『GUNGRAVE VR』PS2時代の名作「GUNGRAVE」がスタイリッシュに生まれ変わる!

ソニー PS4

【TGS2017】『GUNGRAVE VR』PS2時代の名作「GUNGRAVE」がスタイリッシュに生まれ変わる!
  • 【TGS2017】『GUNGRAVE VR』PS2時代の名作「GUNGRAVE」がスタイリッシュに生まれ変わる!
  • 【TGS2017】『GUNGRAVE VR』PS2時代の名作「GUNGRAVE」がスタイリッシュに生まれ変わる!
  • 【TGS2017】『GUNGRAVE VR』PS2時代の名作「GUNGRAVE」がスタイリッシュに生まれ変わる!
  • 【TGS2017】『GUNGRAVE VR』PS2時代の名作「GUNGRAVE」がスタイリッシュに生まれ変わる!
  • 【TGS2017】『GUNGRAVE VR』PS2時代の名作「GUNGRAVE」がスタイリッシュに生まれ変わる!
  • 【TGS2017】『GUNGRAVE VR』PS2時代の名作「GUNGRAVE」がスタイリッシュに生まれ変わる!
  • 【TGS2017】『GUNGRAVE VR』PS2時代の名作「GUNGRAVE」がスタイリッシュに生まれ変わる!
  • 【TGS2017】『GUNGRAVE VR』PS2時代の名作「GUNGRAVE」がスタイリッシュに生まれ変わる!

「東京ゲームショウ2017 プレイステーション メディアセッション」にて、『GUNGRAVE VR』に関するカンファレンスが開催されました。2002年に発売されたPS2『GUNGRAVE』が、PSVRソフトとしてまさかの復活!秘められた開発秘話をお届けします。



『GUNGRAVEVR』はもともとモバイル用のゲームとして開発されていましたが、パブリッシャーのBLUESIDE側より「VRコンテンツとも相性が良いのではないか」という提案があり、方針を転換。開発を行うIGGYMOMBは、そこから僅か半年で、PSVR版のプレイアブルを作成しました。このスピード開発の裏には、SIEの手厚いサポートがあったそうです。



本作で大きな課題となったのは、激しいアクションがウリである「GUNGRAVE」の動きをそのままVRで再現してしまうと、非常に酔いやすくなってしまうということ。その問題を解決するため本作は、VRコンテンツでありながらも三人称視点(TPS)の画面と、1人称視点(FPS)の画面が切り替えられるようになっています。



アクションを視覚的に楽しみたい時はTPSを、VRならではの臨場感を味わいたい時はFPSを選択することで、画面酔いを避けつつスタイリッシュなアクションが楽しめるようになったと、BLUESIDEは語ります。

ゲームの操作方法はコントローラーでキャラクターの移動と攻撃を行い、PSVRの視点操作で照準を動かす形を採用しています。開発当初は「GUNGRAVE」の主人公が持つ二丁拳銃のように、PSmoveを使う操作も検討したものの、実際に遊ぶと想像以上に疲れたので中止したというユニークなエピソードも飛び出しました。「ユーザーがストレス無く遊べること」、「TPSとFPSという2つの視点で自然にプレイできること」という2つの要素を考慮した結果、コントローラーが1番自然であるとの結論に至ったそうです。



会場では本作の体験版も公開。試遊した方々の多くが、「全然酔わない」「TPSとFPSの切り替えが想像以上に快適」と口にしていたのが印象的でした。




PSVR『GUNGRAVE VR』は2017年内、発売予定です。
《ねんね太郎》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 本物の車を同梱した驚愕『グランツーリスモSPORT』バンドルが台湾で発表―4KテレビやPS VRも

    本物の車を同梱した驚愕『グランツーリスモSPORT』バンドルが台湾で発表―4KテレビやPS VRも

  2. 『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』では「PVフォト」機能がさらに強化!PS4 Proにも対応決定

    『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』では「PVフォト」機能がさらに強化!PS4 Proにも対応決定

  3. 『バイオハザード7』クリスDLCの配信日が決定!―本編後日談を描く新DLC「エンド オブ ゾイ」も

    『バイオハザード7』クリスDLCの配信日が決定!―本編後日談を描く新DLC「エンド オブ ゾイ」も

  4. 『PUBG』に続け!PS4やスマホでプレイできるサバイバルゲーム4選

  5. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  6. ソニー・ミュージックエンタテインメントが新レーベル立ち上げ─第1弾はPS4/PC/Switchに展開、『DEEMO』完全新作も

  7. 『ドラゴンズクラウン・プロ』発売日を2018年2月8日に変更ー先着購入特典として限定デジタルゲームブックの配布が決定

  8. 『バイオ7』ゴールドエディション国内向け最新PV―恐怖を締めくくる2つの物語

  9. 『巨影都市』3大ウルトラヒーローが「ベリアル」と激突する、最新スクリーションショットを公開!

  10. 【TGS2017】『サマーレッスン:新城ちさと』の体験は“心理のコミュニケーション”! この1年の歩みやVRの今後についてプロデューサー・玉置絢に直撃

アクセスランキングをもっと見る