人生にゲームをプラスするメディア

【TGS2017】大規模戦闘などを再現し、新要素も追加! 新たな時代を描く『ファンタジーアース ジェネシス』ステージイベントでその魅力に迫る

PC向けオンライン対戦アクションRPG『ファンタジーアース シリーズ』のスマートフォン向け最新オリジナル作品となる『ファンタジーアース ジェネシス』が、9月21日に発表されました。

モバイル・スマートフォン iPhone
【TGS2017】大規模戦闘などを再現し、新要素も追加! 新たな時代を描く『ファンタジーアース ジェネシス』ステージイベントでその魅力に迫る
  • 【TGS2017】大規模戦闘などを再現し、新要素も追加! 新たな時代を描く『ファンタジーアース ジェネシス』ステージイベントでその魅力に迫る
  • 【TGS2017】大規模戦闘などを再現し、新要素も追加! 新たな時代を描く『ファンタジーアース ジェネシス』ステージイベントでその魅力に迫る
  • 【TGS2017】大規模戦闘などを再現し、新要素も追加! 新たな時代を描く『ファンタジーアース ジェネシス』ステージイベントでその魅力に迫る
  • 【TGS2017】大規模戦闘などを再現し、新要素も追加! 新たな時代を描く『ファンタジーアース ジェネシス』ステージイベントでその魅力に迫る
  • 【TGS2017】大規模戦闘などを再現し、新要素も追加! 新たな時代を描く『ファンタジーアース ジェネシス』ステージイベントでその魅力に迫る
  • 【TGS2017】大規模戦闘などを再現し、新要素も追加! 新たな時代を描く『ファンタジーアース ジェネシス』ステージイベントでその魅力に迫る
  • 【TGS2017】大規模戦闘などを再現し、新要素も追加! 新たな時代を描く『ファンタジーアース ジェネシス』ステージイベントでその魅力に迫る
  • 【TGS2017】大規模戦闘などを再現し、新要素も追加! 新たな時代を描く『ファンタジーアース ジェネシス』ステージイベントでその魅力に迫る

PC向けオンライン対戦アクションRPG『ファンタジーアース シリーズ』のスマートフォン向け最新オリジナル作品となる『ファンタジーアース ジェネシス』が、9月21日に発表されました。

本作の開発・配信・運営をアソビモが行い、スクウェア・エニックスが監修を担当。両社のタッグにより生み出される『ファンタジーアース ジェネシス』は、早くも多くのユーザーから反響を集めています。


『ファンタジーアース ジェネシス』の発表が行われたのは、「東京ゲームショウ2017」でのステージイベントにて。アソビモの開発ディレクター・木下直樹氏と、スクウェア・エニックスの監修ディレクター・内山スグル氏が登壇し、本作の発表および特徴を明かすステージイベントを実施しました。

『ファンタジーアース』の楽しさをスマートデバイスに落とし込む『ファンタジーアース ジェネシス』は、最大50vs50の大規模対戦オンラインアクションや、召喚・建築といった要素などを全て再現。新たな創世を目指すという想いをこめて、タイトルに「ジェネシス」を冠したと明かします。

ちなみにこのタイトルについて、他にも候補があったとのことですが、正式に名称が決定する前から『ファンタジーアース ジェネシス』と開発者同士で呼んでおり、自然な流れで定着したそうです。なお略称は、『ファンタジーアース ゼロ』の『FEZ』に習い、『FEG』となります。


『ファンタジーアース ジェネシス』の開発を進める上で大きな壁のひとつは、やはり50vs50の大規模戦闘だったとコメント。開発中には、「画面見下ろし型でいいんじゃないか」「50vs50じゃなくても」といった声も出て、内山氏曰く「大きな山が三回くらいあった」と、その苦労を伺わせる言葉をこぼします。


しかし苦労の甲斐があり、50vs50の大規模戦闘や召喚・建築などの要素を再現。また操作方法をカスタマイズし、スマホ向けの最適化も行っています。また本作は、『ファンタジーアース』のスマホ版とも呼べる一作ですが、物語の舞台は『ゼロ』よりも数百年前の世界。そこには、思想や文化の違いで分かれている3つの同盟が存在しており、プレイヤーたちはいずれかの同盟に所属して激戦に立ち向かう形となります。





「エイルザン」は、世界の平和を願い、心優しき姫に集う同盟。「アデルヴァル」は、腐敗の無い帝国の再興を願う同盟。そして「ケムダーヴ」は、魔女の下クリスタルに頼らない技術を追う同盟です。また各同盟には3人ずつ盟主がいるので、共感する同盟を選ぶもよし、気に入った盟主がいる同盟に加わるもまたよしです。

YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=sztHYBK4HB0

PC版ほどではないもののと前置きをした上ですが、「町を歩けるようにしました」といった一言もあり、『ファンタジーアース』の楽しさをスマホ上で再現すべく鋭意制作中の本作。気になる正式サービスは、今冬を予定しているとのことです。「今年の冬ではなく、今冬」と内山氏が念を押しつつも、お正月の前に出るか後になるかは、木下氏や開発陣にかかっているとコメントします。


スマートデバイス向けに最適化し、魅力や要素の数々を再現する『ファンタジーアース ジェネシス』。この冬には、手のひらで大規模戦闘が楽しめることでしょう。また、「装備に付加価値を付ける」「みんなで目標に向かって力を合わせて戦う」などの要素を、サービスイン後にアップデートすると宣言。「出来るだけ早い段階で」との嬉しい一言で締めくくられた、『ファンタジーアース ジェネシス』発表イベントでした。

(C) ASOBIMO,Inc. (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『FGO』「バトル・イン・ニューヨーク 2018」詳細発表! ピックアップ召喚には「ギルガメッシュ(アーチャー)」が

    『FGO』「バトル・イン・ニューヨーク 2018」詳細発表! ピックアップ召喚には「ギルガメッシュ(アーチャー)」が

  2. 【無駄な本気】アヒルボードでしか行けない湖のド真ん中に、ポケモンは出現するのか【ポケモンGO 秋田局】

    【無駄な本気】アヒルボードでしか行けない湖のド真ん中に、ポケモンは出現するのか【ポケモンGO 秋田局】

  3. 『アークザラッド R』の世界を救った勇者アークと聖女ククル!伝説ではなく年齢相応の素顔と出会いを紐解く

    『アークザラッド R』の世界を救った勇者アークと聖女ククル!伝説ではなく年齢相応の素顔と出会いを紐解く

  4. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  5. 童話を舞台とした新作RPGプロジェクト『Project Echoes』の正式タイトル名が『グリムエコーズ』に決定!

  6. 【UPDATE】『FGO』まだ引けてない恒常サーヴァントは?【アンケート】

  7. 『オルサガ』「ソラニン」原作者「浅野いにお」氏デザイン15UR「ミチル」を実装―30連で必ず選べる!

  8. 「FGO 京まふゲストトーク」にて次回イベントで実装の新概念礼装が公開!ギルガメッシュとネロが新たな装いで登場

  9. 『アズールレーン』謎に満ちた新キャラクターや4隻のケッコン衣装が公開―PS4でのコンシューマー化も決定!【1周年直前生放送まとめ】

  10. 『FGO』期間限定イベント「バトル・イン・ニューヨーク 2018」9月19日開幕! あの「ネロ祭」を一新

アクセスランキングをもっと見る