人生にゲームをプラスするメディア

【TGS2017】大規模戦闘などを再現し、新要素も追加! 新たな時代を描く『ファンタジーアース ジェネシス』ステージイベントでその魅力に迫る

PC向けオンライン対戦アクションRPG『ファンタジーアース シリーズ』のスマートフォン向け最新オリジナル作品となる『ファンタジーアース ジェネシス』が、9月21日に発表されました。

モバイル・スマートフォン iPhone
【TGS2017】大規模戦闘などを再現し、新要素も追加! 新たな時代を描く『ファンタジーアース ジェネシス』ステージイベントでその魅力に迫る
  • 【TGS2017】大規模戦闘などを再現し、新要素も追加! 新たな時代を描く『ファンタジーアース ジェネシス』ステージイベントでその魅力に迫る
  • 【TGS2017】大規模戦闘などを再現し、新要素も追加! 新たな時代を描く『ファンタジーアース ジェネシス』ステージイベントでその魅力に迫る
  • 【TGS2017】大規模戦闘などを再現し、新要素も追加! 新たな時代を描く『ファンタジーアース ジェネシス』ステージイベントでその魅力に迫る
  • 【TGS2017】大規模戦闘などを再現し、新要素も追加! 新たな時代を描く『ファンタジーアース ジェネシス』ステージイベントでその魅力に迫る
  • 【TGS2017】大規模戦闘などを再現し、新要素も追加! 新たな時代を描く『ファンタジーアース ジェネシス』ステージイベントでその魅力に迫る
  • 【TGS2017】大規模戦闘などを再現し、新要素も追加! 新たな時代を描く『ファンタジーアース ジェネシス』ステージイベントでその魅力に迫る
  • 【TGS2017】大規模戦闘などを再現し、新要素も追加! 新たな時代を描く『ファンタジーアース ジェネシス』ステージイベントでその魅力に迫る
  • 【TGS2017】大規模戦闘などを再現し、新要素も追加! 新たな時代を描く『ファンタジーアース ジェネシス』ステージイベントでその魅力に迫る

PC向けオンライン対戦アクションRPG『ファンタジーアース シリーズ』のスマートフォン向け最新オリジナル作品となる『ファンタジーアース ジェネシス』が、9月21日に発表されました。

本作の開発・配信・運営をアソビモが行い、スクウェア・エニックスが監修を担当。両社のタッグにより生み出される『ファンタジーアース ジェネシス』は、早くも多くのユーザーから反響を集めています。


『ファンタジーアース ジェネシス』の発表が行われたのは、「東京ゲームショウ2017」でのステージイベントにて。アソビモの開発ディレクター・木下直樹氏と、スクウェア・エニックスの監修ディレクター・内山スグル氏が登壇し、本作の発表および特徴を明かすステージイベントを実施しました。

『ファンタジーアース』の楽しさをスマートデバイスに落とし込む『ファンタジーアース ジェネシス』は、最大50vs50の大規模対戦オンラインアクションや、召喚・建築といった要素などを全て再現。新たな創世を目指すという想いをこめて、タイトルに「ジェネシス」を冠したと明かします。

ちなみにこのタイトルについて、他にも候補があったとのことですが、正式に名称が決定する前から『ファンタジーアース ジェネシス』と開発者同士で呼んでおり、自然な流れで定着したそうです。なお略称は、『ファンタジーアース ゼロ』の『FEZ』に習い、『FEG』となります。


『ファンタジーアース ジェネシス』の開発を進める上で大きな壁のひとつは、やはり50vs50の大規模戦闘だったとコメント。開発中には、「画面見下ろし型でいいんじゃないか」「50vs50じゃなくても」といった声も出て、内山氏曰く「大きな山が三回くらいあった」と、その苦労を伺わせる言葉をこぼします。


しかし苦労の甲斐があり、50vs50の大規模戦闘や召喚・建築などの要素を再現。また操作方法をカスタマイズし、スマホ向けの最適化も行っています。また本作は、『ファンタジーアース』のスマホ版とも呼べる一作ですが、物語の舞台は『ゼロ』よりも数百年前の世界。そこには、思想や文化の違いで分かれている3つの同盟が存在しており、プレイヤーたちはいずれかの同盟に所属して激戦に立ち向かう形となります。





「エイルザン」は、世界の平和を願い、心優しき姫に集う同盟。「アデルヴァル」は、腐敗の無い帝国の再興を願う同盟。そして「ケムダーヴ」は、魔女の下クリスタルに頼らない技術を追う同盟です。また各同盟には3人ずつ盟主がいるので、共感する同盟を選ぶもよし、気に入った盟主がいる同盟に加わるもまたよしです。

YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=sztHYBK4HB0

PC版ほどではないもののと前置きをした上ですが、「町を歩けるようにしました」といった一言もあり、『ファンタジーアース』の楽しさをスマホ上で再現すべく鋭意制作中の本作。気になる正式サービスは、今冬を予定しているとのことです。「今年の冬ではなく、今冬」と内山氏が念を押しつつも、お正月の前に出るか後になるかは、木下氏や開発陣にかかっているとコメントします。


スマートデバイス向けに最適化し、魅力や要素の数々を再現する『ファンタジーアース ジェネシス』。この冬には、手のひらで大規模戦闘が楽しめることでしょう。また、「装備に付加価値を付ける」「みんなで目標に向かって力を合わせて戦う」などの要素を、サービスイン後にアップデートすると宣言。「出来るだけ早い段階で」との嬉しい一言で締めくくられた、『ファンタジーアース ジェネシス』発表イベントでした。

(C) ASOBIMO,Inc. (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. スマホ向け『スーパーロボット大戦DD』2019年配信決定!「鉄血のオルフェンズ」「ヴァルヴレイヴ」「デビルマン」参戦決定

    スマホ向け『スーパーロボット大戦DD』2019年配信決定!「鉄血のオルフェンズ」「ヴァルヴレイヴ」「デビルマン」参戦決定

  2. 『龍が如く』シリーズ最新作『龍が如く ONLINE』先行プレイレポート!勝利のカギは“キャバクラ遊び”にアリ!?

    『龍が如く』シリーズ最新作『龍が如く ONLINE』先行プレイレポート!勝利のカギは“キャバクラ遊び”にアリ!?

  3. 『スーパーロボット大戦X-Ω』に『マブラヴ オルタネイティヴ』や『Cutie Honey Universe』の期間限定参戦が決定!

    『スーパーロボット大戦X-Ω』に『マブラヴ オルタネイティヴ』や『Cutie Honey Universe』の期間限定参戦が決定!

  4. 【特集】『夢色キャスト』性格別オススメカレ診断…あなたにピッタリのキャストはだれ?

  5. キャラクターをプレイヤーが描いたイラストに差し替えられる"イラチェン"がユニーク!スマホアプリ『ホップステップジャンパーズ』の挑戦

  6. 「『FGO』1500万DL突破キャンペーンで貰う★4サーヴァントは?」結果発表―強力な周回力の3騎が争う接戦に!決め手はその特異性

  7. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  8. 『革命フロントライン』新サーバーオープン!ランキングに応じた報酬を獲得できる限定イベント開催中

  9. 『スパロボX-Ω』に「アイカツ!」大空あかり&オオゾラッコーンが期間限定参戦!

  10. 『ピカ・ブイ』やるなら『ポケGO』もやろうぜ!今から始める人が知っておきたい5つの事【ポケモンGO 秋田局】

アクセスランキングをもっと見る